獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 犬の皮膚へのグルクロン酸クロルヘキシジンの効果-治療調査と臨床試験

はぐれ獣医の皮膚病研究所

犬の皮膚へのグルクロン酸クロルヘキシジンの効果-治療調査と臨床試験

はぐれ獣医の皮膚病研究所TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/skin-labo/


目的:
犬の術前の皮膚洗浄に対してグルコン酸クロルヘキシジンの異なる濃度での臨床での使用および効果について決定すること。

方法:
不妊手術をする際にどの消毒剤や手技が使われているかを確立するためにアンケートを実施した。臨床研究において、5つのグルコン酸クロルヘキシジン濃度-0%(コントロールとした上水道),1,2,3,4%-を使い卵巣子宮摘出術と精巣摘除術を行う50頭の犬において試験した。

結果:
様々な術前消毒が実施されていた。しかし、調査した獣医看護師のたった21%しか消毒剤の濃度と動物への接触時間を知らなかった。臨床研究で、異なる濃度で使うと有意な違いが出ることが明らかにされた(P<0.001)。全てのクロルヘキシジン濃度は上水道より明らかに効果的であった。濃度が1から4%に増加すると、効果が増加する傾向があったが、統計的には有意ではなかった。

臨床重要性:
グルコン酸クロルヘキシジンの異なる濃度で明らかな効果の違いがないということは、現在の臨床では適切かもしれないということを意味するが、もし使用しているグルコン酸クロルヘキシジン濃度と接触時間がわからず、特に接触時間が短かったらそれらはここで検査されたものより効果がより低く、もしかすると効果がないかもしれない。


The efficacy of chlorhexidine gluconate in canine skin preparation - practice survey and clinical trials.
J Small Anim Pract. 2009 Sep;50(9):458-65.
Evans LK, Knowles TG, Werrett G, Holt PE.



はぐれ獣医の皮膚病研究所TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/skin-labo/