獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » スペイン、ガリシア地方における犬のアトピー性皮膚炎のハウスダストと貯蔵ダニの重要性

はぐれ獣医の皮膚病研究所

スペイン、ガリシア地方における犬のアトピー性皮膚炎のハウスダストと貯蔵ダニの重要性

はぐれ獣医の皮膚病研究所TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/skin-labo/


ダニに対する感作はアトピー性皮膚炎の犬で頻繁である。犬のアトピー性皮膚炎における主要なダニ属はDermatophagoidesである。犬における貯蔵ダニ抗原の重要性は議論の余地がある。
この研究の目的は、スペインでも高温多湿のガリシア地方のアトピー性皮膚炎の犬において、FcイプシロンRIアルファに基づいた免疫グロブリンE(IgE)インビトロ試験を使って、貯蔵ダニ(Lepidoglyphus destructor と Tyrophagus putrescentiae)とイエダニ(Dermatophagoides farinae と D. pteronyssinus)に対する感作率を評価することだった。
アトピー性皮膚炎に罹患し、検出可能な特異血清IgE濃度を示す95頭の犬を使って実験を行った:イエダニに対する感作は87.4%検出され、一方91.6%の犬が貯蔵ダニに対して陽性だった。これらの結果からこの特異的な地域における貯蔵ダニの重要性が示される。


Importance of house dust and storage mites in canine atopic dermatitis in the geographic region of Galicia, Spain.
Acta Vet Hung. 2008 Jun;56(2):163-71.
Goicoa A, Espino L, Rodriguez I, Puigdemont A, Brazis P, Rejas J.



はぐれ獣医の皮膚病研究所TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/skin-labo/