獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » ウェルシュ・コーギー・ペンブローク【動物まめ知識 】

動物まめ知識

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク【動物まめ知識 】

「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」は日本での歴史が浅い割には、その名前を聞くと、だれもがあの胴長・短足で大きな耳の、ポテポテとしたかわいい歩き方をする犬を思い浮かべることができるほど、もはやポピュラーなワンちゃんです。そんなユニークな体型を持つ通称「コーギー」ですが、実は牧畜犬でもあり、非常に活動的な一面も持っています。今回は体型と相反する行動力を持つコーギーについてお話ししましょう。



★ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの歴史★

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク(以下コーギー)の歴史は900年ほど前にさかのぼります。当初イギリス国王であったヘンリー1世によってヨーロッパから招かれた織物職人と共に、イギリス海峡を渡りペンブロークシャー地方へ連れてこられた犬がそのルーツといわれています。そして、この織物職人達は農業や牧畜も行い、その際にコーギーは優れた“牧畜犬”として活躍するようになりました。
その後、家畜を追うのに優れた素質に加えて「背が低く、ずんぐりとした体型をつくりだしたい」というブリーダーの熱意によってコーギーの改良はさらに行われてきました。その歴史が、コーギーの特徴ともいえるあの体型を今も維持しているのでしょう。
現代ではエリザベス女王に愛されていることから“ロイヤルドッグ”として注目され、イギリス人をはじめ多くの人々に愛されています。




★コーギーの特徴は、頭の良さと足の短さ!★

「この短足・胴長の体型で牧畜犬?!」と誰もが疑うような、特徴あるコーギーの体型ですが、それにはちゃんとした理由があります。実はコーギーは牛など大型の家畜の番をするだけではなく、それとは全く逆の作業、いわゆる追い払う目的でも使われました。当時の広大な牧草地には境界がなく、他人の牛が自分の土地の牧草を食べてしまうこともしばしばあり、それを嫌った牧場主がコーギーを「牛を追い払う犬」としても訓練し、ある時は自家の牛を守り、またある時は他家の牛を追い払うという、人間でも混乱しそうな複雑な作業を見事にこなしていたのです。
コーギーはその牛を追い払う時に、牛の踵(かかと)に噛み付きます。牛はその反撃で蹴り返しますが、コーギーの短足で体高が低い体型はその蹴りを、頭を下げて上手に避けるために作られのです。また、その胴の長さがより遠くまでの跳躍を可能にするため、短足にもかかわらずそのスピードは目を見張るものがあります。この短足・胴長の体型と頭のよさがコーギーの誇りともいうべきの特徴なのです。







★ペンブロークとカーディガンを比べてみよう★

同じウェルシュ・コーギーという名前を持ち、ペンブロークと外観がそっくりな「ウェルシュ・コーギー・カーディガン」という犬種をご存知でしょうか。しかしその歴史は異なり、ペンブロークとカーディガンは明らかに別犬種です。かつては、この二つの犬種を交配したことより両犬はさらに多くの類似性を持ちましたが、両犬種の昔のタイプを同時に見ることができればその違いは明らかです。
ペンブロークは尾が短く、カーディガンより胴が短く四肢はまっすぐで、被毛の毛質はより繊細です。鼻の形もカーディガンはスッと細長いのに対し、ペンブロークは太く短い傾向にあります。また、性格はペンブロークの方がやや興奮しやすいといわれています。毛色もペンブロークがブラック&タン、レッド、フォーンの3種類に対し、カーディガンはブラック、ブラック&タン、セーブル、ブルーマール、ブリンドルと多くあります。
現在はペンブロークとカーディガンのそれぞれの特質を強調することで、再びこの2犬種の類似をできるだけ遠ざける方向で作出が続けられています。



★活発な性格が人気の理由★

コーギーはとても明るく陽気な性格の持ち主で、なんといっても非常に活動的です。そのため、かなりの運動量を必要とし、お散歩には十分時間をかけてあげる必要があります。また、人に接することも大好きなので、アジリティーで一緒に楽しんだり、ゲームなどの遊びを生活の一部として取り入れたりするととても喜ぶでしょう。時には走るものを追いかけたり、噛み付いたりする衝動が強くなってしまう場合もありますが、順応性が高く物覚えがよいため、さまざなイベントに参加することができると思います。
こうしてみると、コーギーが飼い主さんとよい関係を築きやすい犬種だということがよくわかりますね。



★なりやすい病気★

コーギーはその特徴でもある体型により、普段から背骨や腰に負担をかけています。そのため腰や関節など骨格系の病気が起こりやすく、コーギーがなりやすい代表的な病気として椎間板ヘルニアや股関節形成不全などが知られています。そして、どちらの病気も体重の増加はさらに病気を引き起こしやすくしますが、日本でペットとして生活しているコーギーの多くは運動不足で肥満の傾向にあることは否めません。
その他にも気をつけたい病気としては、てんかん、尿石症、網膜萎縮症などの病気があります。







ウェルシュ・コーギー・ペンブロークはその性格と愛らしい体型から徐々に注目されはじめ、日本では数年前にテレビCMや広告などに登場してから一躍人気犬種になりました。不意をつかれて踵をかまれないように注意しながらたくさん遊んであげて、陽気で活発なコーギーらしさをさらに引き出してあげてくださいね。

キーワード

コーギー ペンブローク カーディガン