獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル【動物まめ知識 】

動物まめ知識

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル【動物まめ知識 】

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、イギリス王チャールズ1世、2世がこよなく愛したことから、犬名に国王の名を冠したとされる由緒正しき犬種です。名前が長いことより通称「キャバリア」や「キャバ」など親しみのある呼び方で略されることが多いのですが、英国のみならず我が国でも近年、着実に人気が高まってきており注目されている犬種の一つであることをご存知でしょうか?


★歴史★

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのルーツと言われるスパニエル系の愛玩犬は長らくイギリス王室の愛玩犬として愛されてきましたが、18世紀になると鼻の短い短吻種の犬が大流行した影響を受け、その愛玩犬にパグや狆などを交配して現在の「キング・チャールズ・スパニエル」が作られました。しかし19世紀のはじめ、チャールズ2世時代の絵画に一緒に描かれていた、以前王室に愛されていた鼻が長めの犬を見たアメリカ人が、その復活を求めて当時としては莫大な懸賞金をかけました。その結果、ブリーダーたちは競ってキング・チャールズ・スパニエルから時折産まれる先祖返りしたタイプの個体を元に、ついにチャールズ2世時代の絵に近い個体を固定化させ、その犬を「キャバリア・キングチャールズ・スパニエル」と命名しました。「キャバリア」とは『中世の騎士(ナイト)』を指し、このことからもこの運動がいかに「中世」にこだわったものであったのかを物語っています。
当時のヨーロッパ王族や貴族の肖像画にはスパニエル系の小型犬が描き込まれている例が多く、王室と犬のかかわりについては歴史上にも数々のエピソードを残しています。



★特徴★

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、スパニエル系の中でも小型に属し、目は離れていて大きく耳が垂れていて頭頂は平坦の、愛らしい顔立ちをしています。
また、身のこなしが優雅でのびのびとした軽やかな歩様をしており、飼い主に忠実な小型犬です。絹糸のような被毛はそれほど長くはなく、少々ウェーブがかかっている場合もあります。また、足元に羽毛のような長い毛が生えているのもこの犬種の特徴です。




★キャバリアは根っからの社交家!★

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは性格が良く誰からも愛される、理想的な家庭犬です。明朗活発で子供や他の犬とも仲良くでき、また愛情深く従順で初対面の人に対しても人見知りすることなく愛想をふりまく天真爛漫さが魅力となっています。しかし、その性格からほとんど吠えたり噛んだりしないことより番犬には向かず、散歩中に他人についていってしまうこともあるので十分注意しないといけません。
また、遊び好きで頭がよくしつけがしやすいため、犬を初めて飼う人にも向いている犬種の一つです。いつも一緒にいる人の話や態度はすぐに理解できるので褒めながらいろいろなことを教えることもでき、飼い主をとことん信じようとする姿は実に健気でさらにいとおしさを感じさせてくれることでしょう。




★被毛の色も、イギリスを物語る呼び名★

この犬種の毛の色は、「ブラック・タン」「ブレンハイム」「トライカラー」「ルビー」の4つに分かれます。国王の犬の多くがブラック・タンであった事からキング・チャールズ・スパニエルとはブラック・タンのみを指しました。白地に栗色の斑があるものをブレンハイムと呼ぶのは、この色の犬の持ち主であったイギリスの名将、マールボロ公の居城の名「ブレンハイム」に由来します。黒白茶のトライカラーのものはプリンス・チャールズと呼び、赤い色はルビーと呼びました。原産国はイギリスで、この犬種が特別に愛されているのがこのことからもよくわかりますね。


★なりやすい病気★

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは他の犬種よりも僧帽弁閉鎖不全症という心臓疾患の発症率が特に高い事で知られています。これは心臓にある4つの部屋を仕切っている弁の一つである僧帽弁がうまく閉まらないことが原因で心臓のポンプが正常に機能しなくなり、循環障害を起こす病気です。ある報告では、キャバリアにおいては1歳ですでに33%がこの病気を持ち、4歳以上では60%もの多くの個体に発症すると言われているほど好発する病気のため、非常に重要視しなければなりません。
また、もう一つキャバリアに多い病気として、血液を固まらせる機能である血小板が少ない血小板減少症があります。すべてのキャバリアが血小板減少症とは限りませんが、血小板が少ないキャバリアが多いことは確かで、血小板の大きさが他の血統に比べて大きいことが関係しているようです。
僧帽弁閉鎖不全症も血小板減少症も遺伝性疾患のため、この犬種の選定にあたっては何世代かに渡って病歴をチェックする事が望まれます。なお、できるかぎり発症を防ぐためにも一般家庭同士の交配は避けましょう。
その他、目が大きいことより目に関するトラブルやアレルギー性皮膚炎、外耳炎にも注意が必要です。






華麗な容姿、愛想のいい性格、長毛種にしては手入れが簡単なことなど、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの飼いやすさは犬を良く知る人たちが太鼓判を押すところです。まだ「超人気種」ではありませんが、「人気種」であることは間違いありません。

キーワード

キャバリア 犬 スパニエル