獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » ペットの便利グッズ【動物まめ知識】

動物まめ知識

ペットの便利グッズ【動物まめ知識】

ペットを飼うには生活環境にいろいろなものが揃っていなければなりません。ペットショップをのぞいて見ると、いろいろなグッズが並んでいます。「これどうやって使うの? どんな効果があるの?」きっとそんなグッズも目に入ってくることと思います。
必要最低限のものは揃えられても、その他にさらに便利なものやお悩みの改善グッズが見つけられたら嬉しいですよね。
今回はさまざまな便利グッズを紹介していきましょう。もしかしたらあなたの今までの悩みを解消することのできるものがあるかもしれません!



★【しつけ便利グッズ】★

<デンタルコング>
ワンちゃんの大好きなおやつやフードを中に入れたデンタルコングを与えることで、「どうやったらこの中に入っているおやつやフードをもらえるんだろう?」ときっと夢中になることでしょう。どんどん遊んでくれることでお留守番の退屈な時間や、無駄吠え防止、噛みぐせ防止につながります。
<無駄吠え防止グッズ>
お客さんが来たときやなにか物音がしたときにワンちゃんの吠える声は飼い主さんの悩みの種の一つですよね。その吠え声を防止するしつけグッズとして、最近は吠え声に反応してワンちゃんの嫌な匂いが出る首輪などが販売されています。ワンちゃんが無駄吠えをした際に、その都度飼い主さんが叱ることも、ワンちゃんが「どうして怒られちゃうんだろう?」と思わなくてもすみ、お互いに快適な生活をすることができます。
<しつけ用リード>
お散歩中の引っ張りを防止するためのしつけ用リードを装着することで、犬本来の習性を利用し臆病なワンちゃんや興奮しやすいワンちゃんも、心理的に落ち着かせ、人と一緒にゆったりと歩いてお散歩させることができるようになります。
<クリッカー>
しつけを手助けするグッズのひとつです。よいことをしたらクリッカーを鳴らすのと同時にご褒美を与え、「音が鳴ればうれしいことがある!」と認識させ、しつけしやすくします。
<イタズラ防止グッズ>
ワンちゃんやネコちゃんの嫌いな味になっているローションやスプレーを家具や飼い主さんの靴など噛んでほしくないものに塗ることで、「コレを噛んだらイヤな味がする!」としつけ、イタズラを防止します。




★【お散歩便利グッズ】★

<ウンチ取り袋>
お散歩の時、ウンチの処理は欠かせないマナーですよね。ウンチを処理する袋は消臭効果があったりそのままトイレに捨てられるようになっていたりと今やウンチの袋も便利なものがたくさん発売されています。
<ウンチ取り器>
人間の手に代わってウンチをとってくれるものや、ウンチをするポーズをしたときにお尻の下にサッと置いて空中でキャッチするものなど、手を汚さずにウンチが処理できる様々な便利グッズがあります。
<光るグッズ>
夜にお散歩をすると人間は見えてもワンちゃんは見えないことがあります。それが事故につながり危ないことも多いはず。そんな時、畜光タイプの迷子札やシールをワンちゃんの首輪やリード、服などにつけておくことで危険の遭遇を防止できます。
<肉球ヒビ割れ防止ワックス>
ワンちゃんの足の裏は歩きすぎると硬くなりヒビ割れをしてしまうことがあります。そんな時、肉球を保護しヒビ割れを防ぐワックスを塗ることで痛みのない快適なお散歩をすることができます。
<犬用ゴーグル>
シーズーやパグなど眼の出ている犬種は、お散歩中に草むらや雑木林などに侵入すると眼にキズをつけてしまうことが多いものです。そこでゴーグルを装着することにより眼にキズがつかないよう防止することができます。




★【お出かけ便利グッズ】★

<ウォーターボトル>
飼い主さんとのお出かけは、ペットは普段に比べより興奮します。そんな時、常にお水を飲めるようにしてあげることでお出かけもより快適になるでしょう。携帯のお水入れには器がついているものやそのまま飲めるものなどペットに合わせてたくさんの工夫がされています。
<スリング>
子育て中のお母さんがよく使用している抱っこ布をペット用に使用したもので、外出時以外にも立てなくなった子のお世話や長時間の抱っこにも応用できます。腕や肩も疲れず両手が自由になり、またコンパクトにたためることにより気軽にお出かけができます。
<カーシートカバー>
ワンちゃんやネコちゃんと一緒にお出かけすると、抜けた毛や汚れはどうしても車のシートに付いてしまうもの。車の中にシートカバーを敷いておくことでそのような悩みを解消できます。
<ペット用乗車ベルト>
車の中でキャリーに入るのが大嫌い。かといって自由にさせておくと運転が危ない…そこで人間同様ペットにもシートベルトの着用をすることで、車内を自由に動き回ることを防ぎます。
<お出かけ用トイレ>
長時間の外出ではワンちゃんはお散歩することでトイレができるけれどネコちゃんは大変。でもネコちゃんだってトイレをしたい…そんな時、持ち運びでき、たためるトイレにいつも使っている猫砂を入れればポータブルトイレが完成! ネコちゃんのストレスを少しでも減らします。



★【お留守番便利グッズ】★

<ゲート>
お留守番の間、入ってほしくない場所との境にゲートを使用することで通せんぼ。イタズラや事故を防ぎます。
<お留守番カメラ>
お留守番をさせている時どんなことをしているの? イタズラしていない? ちゃんとお利口さんにしている? 見ていないからこそ気になるペットの行動を、部屋に設置したカメラを通して遠くからでも見ることができます。
<自動給餌器>
「19時にご飯をあげなくちゃ! でもその時間にはどうしても帰れない…」そんな時、自動給餌器があればセットした時間にフタが開き自由にご飯を食べることができます。お腹を空かせて待っているペットにご飯だけでもあげられれば少しは安心ですね。
<ドア開け防止グッズ>
レバー式のドアを開けてしまうワンちゃんやネコちゃんは意外に多く、一度コツをつかむと簡単に開けられるようになってしまいます。ドアレバーに取り付けロックすることでお留守番中の脱走を防ぎます。





★【快適空間便利グッズ】★

<消臭マット>
粗相をしてしまった時のニオイは人間にも不快を与えるもの。消臭マットを使用することで常に快適な空間を保てます。最近では何枚かで組み合わせて自由にサイズの変更ができたり汚れてしまった場所だけを部分的に洗うことができる優れた消臭マットが繁用されています。
<空気清浄機>
散歩をした後につく花粉やチリ、ホコリ、ペットの毛などを取り除き、お部屋の空気をいつも清潔・さわやかに保ちます。
<滑り止め付きソックス>
フローリングの部屋は案外滑りやすく、その中で生活することで捻挫や脱臼などの病気につながってしまうこともあります。足裏に滑り止めが付いているソックスを4本足に履かせて病気の予防につなげることができます。
<ネコちゃん用爪カバー>
ネコちゃんの習性行動である爪研ぎは、時に家を傷つけてしまう武器になることもあります。そんな時、爪カバーを爪に装着することで鋭い爪によるキズ防止、ケガ防止につながります。
<マナーベルト>
マーキングや、ペット同伴で友達の家にお呼ばれされたときの粗相は飼い主さんにとって大きな悩みの一つ。男の子用のマナーベルトを着用することでオシッコの付着を防止します。
<クールマット、ウォームマット>
夏の熱い時期や冬の寒い時期に部屋の中に置くマットで、ペットがその上で涼しくまたは温かく、快適に過ごせるよう工夫されたグッズです。
<オシッコのシミ発見器>
じゅうたんなどにしてしまったオシッコは時間が経つほど匂いも跡も残ってしまいます。人間の目で見ることのできないオシッコのシミを紫外線によって発見し、暗いところで青白く照らし出します。
<毛取りグッズ>
一緒に住んでいる以上、ペットの毛は必ず出るもの。床にある毛は掃除機で吸い取れますが、ベッドや衣類についた毛はなかなか取れないものですよね。そんな悩みを解消しササッとこするだけで簡単に落とすことのできる毛取りグッズもよく使用されています。




★【介護便利グッズ】★

<おむつ>
高齢になるとどうしても排泄がうまくいかなくなってきます。高齢のペットはもちろん、身体が不自由であったりしつけのうまくできない子にオムツを履かせることで部屋の汚れを防止し、飼い主さんのお世話を少しでも楽にします。
<ハーネス>
足腰が弱かったりけがで歩行が不自由になった子の肩や腰を支える介助グッズです。自力で歩行ができなくなると飼い主さんの補助が必要になりますが、毎日のこととなるとそれも大変です。ハーネスはお互いが快適に過ごせる手助けをします。
<スロープ>
歩行が難しくなってくると少しの段差でも転んでしまったり事故につながる危険があります。スロープを使用し段差を無くすことで上り下りをスムーズにし、足腰への負担を少なくします。
<ドライシャンプー>
寝たきりになるとペットを洗ってあげることがむずかしくなってくる上、排泄物などで身体が汚れることも多々あります。そんな時、水を用いず汚れを落とし、においも消せるドライシャンプーなどのグッズは必須となります。
<運搬補助マット>
大型犬は寝たきりになると持ち運びが大変になります。補助マットをペットの下に敷き担架のように持ち上げることで楽に持ち運びができます。
<ハンドフードボウル>
姿勢の維持が大変な子や寝たきりの老犬などの食事の補助に、口元までご飯を運ぶ持ち手付きの食器です。しっかり手で持つことができるため、フードがこぼれる心配がありません。
<床ずれ予防グッズ>
動くことができなくなると地面に直接ついている肘や肩などに床ずれができてしまうことがあります。床ずれは一度起こると治りにくく痛みを伴うことが多いので早めの改善が必要です。硬い場所と接触する体との間にパットや枕を使用することで床ずれを防止することができます。



★【グルーミング便利グッズ】★

<ペット用バスタブ>
お風呂場で使用してもよし、屋外で使用してもよしのペット用お風呂です。水しぶきが飛びにくく動き回っても範囲が限られているため洗っていても周りに大きな被害がありません。
<吸水タオル>
シャンプー後に吸水タオルで水分をしっかり取ることで、ドライヤーの時間も大幅に短縮し、ワンちゃんやネコちゃんの負担も少なくします。
<スタンドドライヤー>
シャンプー後に乾かすことを怠ると皮膚病になることがあります。ドライヤーを固定して両手を自由に使うことができればペットを確実に抑えられたり細かい部分や嫌がるところもしっかり乾かすことができます。
<グルーミングネット>
水嫌いなことが多いネコちゃんのシャンプーはワンちゃんに比べていっそう大変。パニックになり逃げ出したり大暴れするなんてことも。そんな時、入浴ネットを用いることでもしネコちゃんが暴れても慌てることなくコントロールできます。病院に連れて行くときなどにも使えます。
<吸毛バリカン>
バリカンと接続したホースを掃除機にセットして使用します。バリカンによってカットされた毛を吸引しながらトリミングでき、自宅の部屋の中でも毛が飛び散らず掃除も楽な便利グッズです。



★【健康便利グッズ】★

<サプリメント>
ペットブームの今、病気の予防や治療の補助、健康維持のための多種多様なサプリメントが発売されています。サプリメントは長く続けることが重要で、それぞれの目的に合わせてより快適な生活が送れる手助けをします。
<デンタルケアグッズ>
人間は毎日歯磨きをしますが、ワンちゃんやネコちゃんは自分から歯磨きをすることはできません。しかし、人間同様、歯には歯垢や歯石がたまり始めるとやがて歯周病や歯槽膿漏などの病気に進行してしまいます。そうならないようにデンタルコットンや歯磨きガム、歯ブラシなどを用いたデンタルケアも毎日の日課として取り入れたいですね。
<体温計>
健康のバロメーターでもある体温を日常測定することで病気の早期発見につなげることができます。しかしペットは人間のように脇や口の中で測ることはできず通常直腸温を測定しますが、じっとしていることができない場合は耳で瞬時に測れる体温計で測定することができます。
<投薬便利グッズ>
病院でお薬をもらったけれどうまく飲ませられない。そんな悩みはありませんか? お薬を粉にしたり、液体を直接口の中に入れる注射器型のシリンジを用いたり、練り状のおいしいおやつなどに薬を包んだりする投薬お助けグッズにより確実にお薬を飲ませ、ペットの病気を早く治しましょう。




ペットを飼っている以上、飼い主さんにとって使いやすいグッズ、便利なグッズはありがたいものです。しかしそれを独自で見つけるとなるとむずかしいものです。
もしご自宅のペットのことで悩んでいることがあったらペットショップに足を運び、たくさんのグッズをゆっくり見てみてはいかがでしょうか?

キーワード

便利 犬 猫 グッズ