獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » うちの子、ヤセすぎ?! 〜ダイエットのしすぎにご用心〜【その他】

その他

うちの子、ヤセすぎ?! 〜ダイエットのしすぎにご用心〜【その他】

体重管理は美容上の問題だけでなく、健康面からも非常に重要であることは人もペットも同じです。ただし、体重管理というとどうしても肥満予防のことだけに考えがいってしまいがちですが、時折、やせすぎで体重コントロール(体重増加)が必要となる例も見られます。必要以上にやせていることが不健康であることもまた、人もペットも同じです。


★適正体重を確認しましょう★
 
まずは、自分のペットの適正体重を確認しましょう。各品種における理想的な体重はよくペットの本やインターネット上で見られますが、それはあくまでも参考に過ぎません。同じ品種でも体格が異なる場合があり、無理にその体重に合わせてもあまり意味がありません。必ず、ペットの体を触って個々に合った体重を把握しておきましょう。
適正体重とは、ペットが最も健康的でいられる体重のことです。具体的には触っても肋骨の1本1本が分からないほど太っておらず、逆に目で見ただけで肋骨と分かるほど痩せていない状態です。上から背中を見たときに、ごくわずかにウエストのくびれが確認でき、おしりや肩の筋肉がしっかりとついている状態です。



★正しい食事を心がけましょう★

その結果ペットが痩せていると思ったら、まずは毎日の食事についてよく見直してみましょう。
そのフードはペットの種類や年齢に合った物ですか? 成長期の子にアダルト用のフードを与えたり、ネコちゃんにドッグフードを与えたりしていれば、足りない栄養が出てきて太ることはできません。また、人の食べるものやおやつばかり与えていると、それでおなかがいっぱいになってしまって、正しいフードを食べられなくなって痩せてしまうこともあります。
次に、一日の食べる量を確認してみましょう。体重にあわせたおよそのフード量の目安はフードが入っている袋に記載されていますが、それはあくまで目安に過ぎません。とても活動的なペットや、寒冷地など厳しい環境で生活しているペットは表示以上のカロリーが必要になる場合があります。もし毎日食べ終わった後にまだ物足りなそうな顔をして、しかもなかなか太れないのであれば、フードを高カロリーのものに変えるか、少し量を増やしてみましょう。量を増やす時には一回の量を増やすよりも、食事の回数を増やしてみたほうが体重増加には効果的です。



★ダイエットしていないのに痩せてきたら★

もし食べても食べても太れない、逆に痩せてきてしまうようであれば、もしかしたら何か病気が潜んでいるのかもしれません。例えば、甲状腺機能亢進症のようなホルモンの病気になると体内で無駄にエネルギーを使うようになり、食べても食べても太ることができなくなります。また糖尿病になると、食事によって吸収した糖分を体内に取り込むことができなくなって痩せてきます。腫瘍や心臓病など全身を消耗させる病気があったり、消化管の中に寄生虫がいても同様に食べても痩せてきてしまうでしょう。
本当に食べても食べても痩せてしまうようであれば、一度動物病院できちんと検査をしてもらいましょう。


★正しいダイエットをしていますか?★
 
痩せすぎのペットで増えてきているのが、ペットの肥満が見つかり動物病院からダイエットを勧告された飼い主さんが、突然厳しいダイエットを始めて、肥満から今度は痩せ過ぎへ一気に向かってしまう例です。
ダイエットを始める時には必ず、スケジュールを立てましょう。ペットの場合、一週間に体重の1%程度ずつ痩せるのが理想ですから、たとえば10kgの子を8kgまで減量するには約半年かけて行うようにしましょう。また「うちの子は太りやすいから」と、減量用の処方食を何年も続けていると、不足してくる栄養素もありますので、減量は必ず獣医師と相談しながら、計画的に行うようにしてください。



★ダイエットをしても骨格は変わらない★

また最近、ティーカップ・プードルやカニンヘン・ダックスフンドなど、一品種の中でも特に体格の小さなワンちゃんが日本国内で人気になっていて、これらを作ろうと成長期にごはんを控えて痩せさせてしまう人も見られます。そもそも、これらの品種は特に小さな親同士をかけ合わせてより小さな体格のものを作っていった結果ですが、まだ品種としては完全に確立されていないため、成長してみたら普通のワンちゃんと変わらない大きさになってしまった、ということもまだまだあります。成長期にごはんを食べさせすぎたせいでは決してありません。
成長期に必要な栄養を控えても、ただ貧弱な体つきになるだけで小さなペットにはなりません。成長後に大きくなってしまっても、それはその子の個性と受け止めてあげましょう。




何でも「過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し」です。太っても痩せてもいない健康で元気なペットが一番ですし、それを維持していくのは飼い主さんであることを常に覚えていましょう。体重は健康のバロメーターなので、できれば週に1度は体重を計るようにして、急激に減少するようなことがあれば、なるべく早く動物病院で見てもらうようにしましょう。

キーワード

ダイエット 体重 肥満