獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 猫カフェってどんなところ? 【動物まめ知識】

動物まめ知識

猫カフェってどんなところ? 【動物まめ知識】

「猫カフェ」なるお店を皆さんはご存知でしょうか? 最近、テラスなどで自分のワンちゃんと一緒に食事をとることの出来るカフェのことを「ドッグカフェ」というようですが、ということは、ネコちゃんを連れてくることのできるカフェのことでしょうか? いやいや、どうやら猫と一緒にお茶が飲める場所ではあるようですが、猫は犬のように一緒に町をお散歩したりはしないので、自分の猫ではなさそうです。今回は知っている人しか知らない秘密の猫マニアのためのお店、猫カフェについて調査してみましょう。


★猫カフェってこんなところ★

猫カフェとは、一言で言ってしまうと「店内に猫がたくさんいる喫茶店」です。お店で複数の猫を飼っていて、それが喫茶スペースで自由気ままにしていて、その姿を眺めたり猫と触れ合うことでお茶を飲みにきたお客さんが癒される、というお店です。これまでも、お店で飼われている猫を見ることのできる喫茶店はあちこちにあったかもしれませんが、それはあくまでお店にたまたま猫がいたということだったと思います。猫カフェはあくまでも猫と触れ合うことが主目的で、それに加えてお茶も一緒に飲むこともできる、というコンセプトで作られているところが新しいお店なのです。


★猫カフェのしくみ★

いまでは各地に多くの猫カフェがあり、その仕組みは店舗によって少しずつ異なりますが、基本はまず入り口で入場料を支払い、靴を脱いでリビングのような店内に入り、飲み物を飲みながら、食事をしながら猫と楽しい時間を過ごします。そして帰るときに飲食代と滞在時間に応じたチャージ料金を支払うというようになっています。お店の中では寝ている猫を撫でたり、可愛らしい姿の写真を撮ったり、お気に入りの子のあとをついて歩いたり、皆思い思いの方法で猫に癒されています。


★猫カフェの始まり★

猫カフェは1998年に台湾で開店したお店がそのルーツであるとされます。特色のある喫茶店を作りたいと思っていたオーナーが自分の飼っていた子猫5頭をお店に連れてきたところ、大評判になったのです。そしてそのお店に訪れて同じようなお店を日本でも作りたいと思った日本人が2004年に大阪で始めたのが日本での猫カフェの始まりといわれています。


★猫カフェの楽しみ方★

猫カフェでの楽しみはなんといってもたくさんの猫の自然な姿を間近で見ることができることでしょう。猫を飼っていない人でも丸くなって眠っていたり、おもちゃで遊んだり、ごはんを食べたりする猫の姿をほんの数十センチの距離でみることができるのです。もし、猫が許してくれれば撫でるだけでなく、抱っこをしたり、膝の上に座ってくれたりもするかもしれません。
また、猫カフェにはさまざまな毛色や品種、年齢の猫たちがいます。自宅で猫を飼っている人も図鑑だけでしか見たことのないような珍しい品種の猫やキャットショーに出場するような美しい猫に出会うために猫カフェを訪れるほどです。


★猫カフェで猫にモテるためには★

せっかく猫カフェに行ったのなら、猫と仲良くなりたいですよね? 初対面の猫があなたのことを好きになるにはいくつかポイントがあります。

その1:猫に嫌われない立ち振る舞いをしましょう。猫は大きな声を出したり、激しい動きをする人が苦手です。猫カフェ内では動作はあくまでゆっくり、お友達と話をするときもあまり大きな声やオーバーゼスチャーで話をしないようにしましょう。

その2:自分からのアプローチは慎重に。せっかく猫カフェに来たのだから出来るだけたくさんの猫に触ってみたい、お気に入りの猫を思いっきり抱っこしたい、という気持ちは分かります。しかし、あなたがそう思って追いかけるほど猫は逃げ腰になるはずです。猫とのふれあいを楽しむ猫カフェであっても、基本的にふれあいの主導権は猫の側にあります。お茶を飲みながら猫から挨拶をしてくるのをじっと待っていたほうが、結局は猫にモテる人になります。


★猫カフェでの注意点★

その1:衛生面に注意しましょう。人の食器で猫に食べ物を与えない、猫にキスをするなどの濃厚な接触はしないなど基本的な衛生管理にはくれぐれも気をつけましょう。

その2:お店ごとのルールを守りましょう。猫にごはんやおやつを持ってきてもよいお店とお断りをしているお店があります。あげたいときには、必ずお店の人に聞いてからあげるようにしましょう。ちなみに、またたびは興奮作用もあるため、基本的にはNGです。ねこじゃらしのようなおもちゃもお店の中のものだけを使うように決められているお店と、新しいおもちゃなら持込可の場合があるので、お気に入りの子に貢いであげたいときには必ずお店の人に確認をとってからにしましょう。

その3:子供は猫カフェに入れない場合があります。猫との相性の問題、安全上の問題から小さな子供はお断りをしている猫カフェが多くあります。もし、子供と一緒に行きたい場合には、あらかじめ入店可能かどうか確認をしておきましょう。


猫カフェはひそかなブームといえるほど、その数が各地で増えています。そして、そのお客さんには仕事に疲れた男性がよく見えるそうです。忙しい現代社会、多くの人が自由気ままでマイペースな猫に癒しを求めているのかもしれませんね。

キーワード

猫 カフェ