獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » フェレットにしつけはできるの?【動物まめ知識】

動物まめ知識

フェレットにしつけはできるの?【動物まめ知識】

犬、猫に次ぐ第三のペットとして今フェレットの人気が急上昇しています。しかし、何の知識もないままフェレットを飼って、何のしつけもしなければ人とうまく共存することはできず、可愛いペットどころか手のつけられない暴れん坊になってしまうでしょう。フェレットを楽しく飼うには、どのようなしつけをしていけばいいのでしょうか。


★フェレットのしつけで大切なのは2つ★

フェレットを飼う時に最も大切なしつけが2つあります。一つはトイレのしつけ。もう一つは噛み癖のしつけです。フェレットは肉食なので排泄物はそれなりの臭いがあります。また、トイレの間隔が短く一日に何度もトイレに行きます。ですから、ペットとして飼う場合にはまずトイレを決められた場所でさせるしつけが不可欠です。また、肉食のフェレットの歯はとても尖っていて、もし力をいれて噛まれたら皮膚が裂けてとても痛い思いをします。どちらのしつけも、成長してからではなかなか覚えてくれないため、小さいうちからしっかりと教えておくことが大切です。



★トイレのしつけ★

フェレットはもともと決まった場所でトイレをする習性があるため、トイレを教えるのは比較的簡単です。ケージの中であれば基本的に隅でする習性を利用して、ケージの隅の一つにあらかじめ小さな糞を入れておいたトイレを用意するだけで、そこでしてくれるようになります。
このときに注意しなければいけないのは、フェレットは寝床や食事をする場所ではトイレをしないということです。ですから、ケージの中にハンモックや食器が置いてある場合には、これらをなるべく一ヶ所に固めて設置するようにして、その反対側にトイレを設置するようにします。これで成功率はかなり高まります。


★ケージの外でのトイレのしつけ★

ある程度大きくなって、ケージから部屋に出して遊ばせるようになってもトイレを使うことを忘れさせないようにしましょう。確実なのは、ケージ内のトイレで用を済ませたら外に出すようにする方法です。そうすれば粗相をする確立がうんと低くなります。それでも不安なようならケージの外側にもう一回り大きめのサークルを設置して、まずはその中で遊ばせて、もしトイレをしたくなっても自発的に自分でケージ内のいつものトイレに戻れるようにするところから始めましょう。外側のサークルを徐々に広げていけばいつでもケージの中に戻ってトイレをするようになります。部屋の中にもう一ヶ所トイレを作ってあげる場合には、ケージの時と同様に、寝床やごはんを食べる場所から離れた部屋の隅に、できればケージ内と同じ形のトイレを用意してあげます。もし、粗相してしまった場合はできるだけ早く、黙って片付けましょう。怒ってはいけません。匂いが残るとまた同じ場所にしてしまうので、消臭剤もしっかりと使ってきれいにしましょう。

★噛み癖のしつけ★

フェレットは基本的に噛む動物です。離乳して歯が生え始めれば何でも噛もうとしますし、遊びとして噛んだり、恐怖心や威嚇などの意思表示として噛むこともあります。
怖くて噛んでいる時に強く叱れば、それは逆効果になってしまいますが、特に人の体などは絶対に噛んではいけないということを子供の頃からきちんとしつけておかないと、人の言うことをきかないわがままな手のつけられないフェレットになってしまいます。

★しつけの基本はまずコミュニケーション★

フェレットは賢く、基本的には人と遊ぶのが大好きな明るい性格の動物です。ですから人の言うことを聞いてもらうためには、まず名前を呼んで寄ってきたらご褒美をあげる、ということから始めましょう。それをくり返して「この人と一緒にいると楽しい」「この人の言うことを聞くといいことがある」という信頼関係を築くことからしつけははじまります。。

★もし人を噛んでしまったら★

もし人を噛んでしまったら、すかさず、首をつかんでぶら下げるか、地面に押し付けます。そして大きな声で「だめ!」と言いましょう。この「だめ!」という言葉は家族で統一させておくことが大切です。悪いことをしたら、すかさず「だめ!」ということを根気強く何回も繰り返すことで噛むと人に怒られる、噛んではいけないということを覚えていきます。体罰として頭を叩いたり、鼻を弾いたりする人もいるようですが、痛い思いをしたことで余計に興奮してしまう場合や、人の手を怖がるようになって近づいてこなくなってしまう場合もあるので、しないほうがいいでしょう。

★ケージや家具を噛ませないしつけ★

部屋の中にはフェレットが噛むと危険なものがたくさんあります。電気が流れているコードを噛めば感電してしまいますし、プラスチックや布を噛み切って飲み込んでしまえば腸閉塞をおこしてしまうこともあります。
噛んではいけないものを噛んでいる現場を見つけたら、その場で首を掴んで大きな声で「だめ!」と言いましょう。しかし、叱るのはあくまでも現行犯の時だけです。あとで噛み跡をみつけて叱っても、フェレットは何で怒られるのかを理解することができません。基本的に噛んで欲しくないものはフェレットの届かないところに隠すようにしましょう。また、ケージなど片付けることのできないものは市販の噛み癖防止スプレー(とても苦い味がして、噛むことを防止する)などを利用して、噛んでも楽しくないということを教えていきましょう。

フェレットにもいろいろな性格の子がいて、噛み癖が強い子とそうでない子、しつけしやすい子としつけに時間のかかる子がいます。それぞれの子に合わせてしつけを行い、人に愛されるフェレットに育ててあげてくださいね。

キーワード

フェレット しつけ トイレ