獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 正しい暖房器具の使い方 【飼い方】

飼い方

正しい暖房器具の使い方 【飼い方】

寒くなってきて朝晩はお部屋に暖房を入れるご家庭も増えてきたと思います。中には自分のためだけでなく寒がりなペットのために暖房を使い始める方もいらっしゃるかもしれません。しかし、さまざまな暖房器具も使いかたを誤るとやけどや体調不良などの原因になることがあります。ペットに対する正しい暖房器具の使い方について、今回は考えてみましょう。


★ペットには暖房が必要?★★

「雪やこんこん〜、犬は喜び庭駆け回り、猫はコタツで丸くなる」という歌にもあるように、猫はコタツを始めとする暖房器具が大好きです。もともと暑い地方出身の猫は気温が15度を下回ったあたりから、人の膝の上や日の当たる縁側など暖かな場所を探してじっとしています。ストーブをつけたら真っ先にあたりにきますよね。
では犬はどうでしょうか。どんな犬も歌のように寒さなんかへっちゃらなのでしょうか。確かにハスキーなどの北方系の犬や秋田犬などの日本在来犬はアンダーコートとよばれる綿のような下毛が発達するため比較的寒さには強く、雪の日に外で遊んでも元気いっぱいです。しかしマルチーズやヨーキーのようなシングルコートのわんちゃんや、チワワやフレンチブルドッグなどの短毛種のワンちゃんは毛に保温機能がないため、寒さが非常に苦手で人と同じような防寒を考えてあげなければいけません。暖房が必要な犬というのも存在するのです。


★エアコンによる暖房★

暖房用のエアコンがあれば、部屋全体の温度が高くなり、私たちも寒さに弱いペットたちも快適です。しかし、エアコンのような暖かい風を出して温める暖房器具の場合、私たちとペットの体感温度の差を考えなければなりません。暖かな空気は上から溜まってきます。私たちはあったかいと感じていてもペットがいる床に近い部分はまだひんやりとしているということもありますので、時々部屋全体の空気をよくかき回すようにしてあげましょう。
また、温風の吹き出し方向とペットのベッドの位置に注意し、ペットに風が直接当たりつづけないようにしましょう。


★ペットヒーターやホットカーペット★

最近はペット専用の小型でコードカバーのついたシート型のヒーターやホットカーペットがよく売れているようです。これらをペットの寝具の下に敷いて、寝ているペットが寒くないようにするのです。これらの暖房器具を使うときに注意しなければならないのは、必ずペットが直接肌に触れないようにすることと、ペットが温かすぎると感じたら避けることのできる場所を作っておくことです。サークルいっぱいにホットカーペットを敷いてはいけません。


★ストーブ★

電気ストーブや灯油ストーブは昔からの暖房器具ですが、これらに不慣れなペットはときとして近づきすぎてひげやしっぽの先の毛を焼いてしまったり体をやけどしてしまうことがあります。ストーブのような直接熱が出る暖房器具はチャイルドガードのような柵できちんと囲ってペットが必要以上に近づかないように注意してあげる必要があります。


★コタツ★

特に猫はコタツの中が大好きですが、高温のコタツの中にずっと入っていたり、ホットカーペットの上に毛布をかぶせた中に長時間寝ていると猫でも熱中症になることがあります。ペットが入り込んだコタツはできればコタツ布団の一ヶ所を持ち上げて、熱が必要以上にこもらないようにするか、温度設定に気をつけてあげましょう。


★低温やけどに注意★

低温やけどとは、ちょっと触っただけではやけどにならない低い温度に長時間接しつづけたために生じるやけどのことで、人の場合44度を6時間続けると発症するといわれています。始めは皮膚が内出血をしたように赤紫から青黒くなり、毛が抜け次第に厚いカサブタとなってさらにひどくなると壊死した皮膚が脱落してしまい、潰瘍をおこしたようになってしまいます。熱を受けた部分のみが病変部となるため、境界が比較的はっきりとしているのが特徴です。じっくりと皮膚の深部まで熱が入ってしまうため、非常に重症となり、場合によっては皮膚移植などが必要になることもあります。
ペットでも猫、特に高齢になって温度変化に鈍感になっていたり、熟睡してちょっとやそっとじゃ起きない子の場合は要注意で、ペットヒーターや湯たんぽ、電気あんか、使い捨てカイロなどの使用で見られることがあります。
ペットにこれらの暖房器具を使用するときには厳重にタオルなどでくるんで絶対に皮膚に直接触らないようにしてから使用するようにしましょう。


これからの季節、寒がりのペットは平気で暖かな場所にべったりと張り付いてしまいます。それが人の膝の上だったり、寝ている布団の中だったりする場合には迷惑半分、嬉しさ半分でもあるのですが、もし、火を使っている場所ややけどをする可能性がある場所にべったりしているようなら、くれぐれも気をつけてあげてくださいね。

キーワード

暖房 ヒーター ストーブ 低温やけど