獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » マルチーズ 【動物まめ知識】

動物まめ知識

マルチーズ 【動物まめ知識】

白い毛のワンちゃん好きがなぜか多い日本人にとって、マルチーズは1970年代のお座敷犬ブームの火付け役でした。純白の絹糸のような細く流れる毛に自分たちと同じ真っ黒な瞳、抱っこしてどこへでも連れて行ける大きさと、あまり広くない室内でも飼うことのできる性格はまさに日本人のために作られた犬種のようです。しかし、このマルチーズ、原産が実は地中海のイタリア近くであることをご存知でしょうか?


★マルチーズの歴史★

マルチーズの歴史はさまざまな犬種のなかでもとりわけ古く、3000年以上前までさかのぼることが出来ます。もともとは地中海で貿易を営んでいたフェニキア人の船員達が船の上でペットとして飼っていた小型犬がマルタ島に持ち込まれ、改良された品種とされています。多くの犬の品種が何らかの仕事をさせる目的で改良されていったのに対して、マルチーズは最初から愛玩用の犬として扱われてきたため「犬の貴族」と称されてきました。現に紀元前から絵に描かれ、人に愛されてきた記録が数多く残っています。
1813年にマルタ島がイギリス領になると、マルチーズはイギリスに持ち込まれ、上流階級の貴婦人達の抱き犬として大人気となりました。特にビクトリア女王は「白い宝石」と呼んで寵愛したと言われています。
アメリカには1877年にたてがみのようにトリミングをしたマルチーズが「マルチーズ・ライオンドッグ」として紹介され、その後1888年にケンネルクラブ(AKC)に認定されました。


★マルチーズの特徴★

マルチーズの特徴は何と言ってもその美しい毛並みでしょう。下毛のない純白のシングルコートはなめらかで、どこまでも伸びつづけます。生え替わりがないため、抜け毛がほとんどなく、体臭もほとんどありません。以前は有色のマルチーズもいたようですが、現在は純白が基本で時折耳に少し薄茶色が入る程度です。背中にくるりと乗ったしっぽにも純白で豊かな飾り毛が伸びています。
毛の白に対してアイライン、鼻、唇、パッドは真っ黒であるのが理想ですが、最近はやや色素不足のマルチーズもいるようです。
体重は3kg弱、足はやや短く少し胴長な外観を与えます。


★ヘアアレンジで可愛らしさ自由自在!★

細く長い毛はもつれやすく、ブラッシングは欠かせないため、毎日のお手入れには少し時間が必要かもしれません。しかしそれだけにマルチーズにはヘアアレンジで外観を変化させる楽しみもあります。同じマルチーズでも体の毛が長ければ優美に、短ければスポーティに見せることが出来ますし、耳の毛を長く残せば落ち着きのあるワンちゃんに、耳の形に短くトリミングを行えば子犬っぽくというように雰囲気をがらりと変えることも出来るのです。さらに、長い頭の毛にリボンをつけることも嫌がらず、白い毛には何色を合わせても似合うため、まさに自分好みにアレンジすることが可能なのです。


★意外に活発!★

貴族の抱き犬というとおっとりとした性格だと思われがちですが、マルチーズは意外にアクティブな犬種です。その気性からマルチーズ・テリアと呼ばれる時代があったほどです。活発に走り回ったり飼い主さんと遊ぶことが大好きですし、好奇心もとても旺盛です。勇気もありますが、飼い主さんと知らない人を区別することが多く、場合によっては吠えたり噛もうとしたりすることもあるため、子犬の頃に基本的なしつけはきちんとおこなっておいたほうがいいでしょう。


★涙やけに注意★

涙やけとは目頭から鼻にかけて白い毛が赤茶色に変色してしまうことですが、これは涙に含まれている成分のせいで毛が着色してしまう現象で、マルチーズにはよく見られます。本来余分な涙は鼻涙管という目から鼻に抜ける管を通って鼻腔内に排出されるのですが、この管が詰まっていたり、涙の出る量が多いときに涙やけになります。マルチーズは毛が白いので特に目立ち、またこの部分の毛が常に涙で濡れていると皮膚炎の原因にもなるため、目の周りは毎日コットンなどで拭き取るお手入れが必要です。


★気をつけたい病気★

そのほかにマルチーズによく見られる病気としては、
膝蓋骨脱臼:後ろ足の膝のお皿の骨が脱臼しやすい。慢性化すると足の骨自体が変形してきてしまうことがある。
気管虚脱:気管の内腔が狭くなるために、呼吸が苦しくなる。特に運動後や興奮後に呼吸困難になりやすい。
外耳炎:垂れ耳なので耳道が蒸れやすく、細菌や真菌の感染をおこしやすい。
免疫介在性血液疾患:自らの抗体が自分の血液成分を攻撃してしまう病気のことで、赤血球を攻撃して貧血になってしまう免疫介在性溶血性貧血や、血小板を攻撃して出血が止まりにくくなってしまう免疫介在性血小板減少症が知られている。
などがあります。


約30年前に大ブームになったマルチーズも現在では人気犬種の10位から20位の間を行ったり来たりしています。他にもさまざまな犬種が日本に紹介されてきたことがランクダウンの主な原因だと思われますが、それでもまだ多くの人によく知られているということは、それだけ日本人に合っているという証拠かもしれませんね。

キーワード

マルチーズ 犬種 マル