獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » とげを踏んじゃった! 〜肉球をとげなどで傷つけてしまった時の対処法〜 【飼い方】

飼い方

とげを踏んじゃった! 〜肉球をとげなどで傷つけてしまった時の対処法〜 【飼い方】

通常、犬や猫ははだしで歩き、地面に接する部分は肉球と呼ばれる毛の生えていない柔らかい皮膚がむきだしになっています。もしも散歩中に尖ったものを踏んでしまったら、柔らかい肉球はすぐに傷ついてしまうでしょう。外には意外と尖ったものがたくさんあります。たとえば、折れ曲がったくぎや先の尖った石や木片などです。また室内でも画鋲やホチキスの針などを踏んでしまう危険があります。あと、一緒に釣りに行った際に釣り針を誤って刺してしまう例もよく聞かれます。


★肉球の傷を確認しましょう★

もし、お散歩中などで歩いていて突然足の裏を痛がったらまず肉球を注意して見てください。肉球は感覚が敏感な場所なので、ほんの小さなとげでもとても痛がります。そーっと肉球に触れながら、どの場所が痛いのかを見つけてあげましょう。


★とげを抜きましょう★

とげが見つかったら注意深く引き抜きましょう。ただし釣り針は「かえし」と呼ばれる逆とげがついているため、絶対にそのまま引き抜いてはいけません。ペンチでまず「かえし」の部分を切り取ってから釣り針の曲がりに沿ってくるりと引き抜くようにしましょう。
また、木片など崩れやすいとげの場合、破片の一部が皮膚の中に残ってしまうとそれが原因で長い間化膿し、最終的に手術で皮膚を大きく切開して破片を取り除かなくてはいけなくなることもあるため、なるべくとげ抜きなどしっかりととげを持つことの出来る器具を使って引き抜くようにしましょう。


★よく消毒をしましょう★

とげがもしとても大きくて、たくさん出血している場合には止血法
(関連記事:http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000481&CatgM=3)
を行いますが、そうでなければ、逆に血を絞り出すようにしながら傷口を流水でよく洗いましょう。なるべく深い場所の汚れも洗い流すように、時間をかけて十分に洗い流してください。
以前は傷口には消毒剤をつける、というのが一般的でしたが、最近の研究によると流水で汚れさえしっかりと落とすことが出来れば、消毒剤を使わないほうがかえって傷の治りが良いことが分かってきたため、無理に傷口にしみる消毒剤を使う必要はありません。
しかし、もし抗生物質の軟膏を持っていたらそれを塗ってもよいでしょう。                  


★必ず動物病院へ★

傷口をきれいにした後は、再び汚れないように清潔なガーゼで覆いましょう。そしてさらに伸縮包帯などで取れないようにカバーをします。その際、肉球だからと足先だけ包帯を巻くとすぐに抜けてしまうため、多少おおげさでも足首の上まで巻くようにしましょう。ある程度大きさのある犬ならば子供用の靴下を履かせてテープで止めても良いでしょう。そして抱っこするかケージに入れるなどして動物病院に連れて行きます。
もし大型犬で病院に行くまでにどうしても歩かせなければいけないときには、包帯の上にさらにビニール袋をかぶせるなどの工夫をしてあげましょう。


刺し傷は傷口が小さくても深くまでばい菌が入り込んで表面からは消毒しきれないこともあります。また、肉球はもともと皮膚が固くて治るのに時間がかかるため、たとえ小さな傷でも家で応急処置をした後は必ず動物病院に連れて行き、診てもらうようにしましょう。

キーワード

トゲ 肉球 傷口