獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » もし熱中症になってしまったら・・・ 【飼い方】

飼い方

もし熱中症になってしまったら・・・ 【飼い方】

汗をかくことのできないワンちゃんやネコちゃんにとって日本の夏はとても過酷な季節です。特にワンちゃんは暑さに弱く、たとえ室内にいたとしてもエアコンなどで温度管理をきちんとしていなければ熱中症になってしまうことがあります。熱中症は命に危険が及ぶ恐ろしい状態であるため、ペットを飼っている方はいざというときの対処法を普段からきちんと学んでおく必要があります。


★どんな時に熱中症になりやすいか★

・気温が高いときに締め切った部屋や車内で留守番をさせていたとき
・炎天下のキャンプや海など、夏のアウトドアに連れて行ったとき
・昼間アスファルトの照り返しがまだ厳しい時間にお散歩に行ったとき
・直射日光が当たっている場所にケージを置いたままにしたとき、若しくはリードにつなぎっぱなしにしたとき


などに熱中症が多く見られます。

特に大型のワンちゃんや肥満のワンちゃん、パグ・ブルドッグといった短頭種のワンちゃんは熱が体内にこもりやすいため、熱中症になりやすい傾向があります。


★熱中症の症状★

・ハアハアと激しい息づかい
・体温の上昇(触ると体が熱い)
・大量のよだれ
・意識がもうろうとしている


などが主な症状ですが、さらにひどくなると

・下痢や嘔吐
・けいれん
・チアノーゼ(舌や歯肉の色が白っぽくなる)
・意識喪失


などがみられ、非常に危ない状態になってしまいます。


★熱中症の応急手当★

熱中症がみつかったら、まずペットを風通しのよい涼しい場所に移します。そしてペットの全身が浸かることのできるくらいのたらいやバスタブにペットを入れて全身に水をかけて体温を下げていきます。もし外出先の屋外でそのようなことができないときには、濡れたバスタオルで全身をくるんで、その上から水をかけたり風を送ったりしましょう。氷を手に入れることができれば、てぬぐいなどに入れて頚動脈が走行している部位や腋の下に当てて血液の温度を下げるのも効果的です。
そのあいだ口のよだれはこまめにぬぐい、ペットが呼吸しやすいように気をつけてあげましょう。
もし、欲しがるのであれば水やスポーツドリンクのような水分を少しずつ飲ませてもいいでしょう。


★一刻も早く動物病院へ★

熱中症は体内の全身の臓器にダメージを与えます。もし応急処置で体温を下げることができても、神経症状がでたり、体内の臓器が正常に働かなくなったり、血管内に血栓ができてしまうこともあるため、処置を行いながらなるべく早く動物病院に連絡を取り、連れて行くようにしましょう。


熱中症は飼い主さんの注意によって予防をすることのできる病気です。普段からエアコンの温度を少し低く設定する、昼間のお散歩には行かない、お散歩に行く時には必ず地面の温度を触ってチェックする、無理に一緒に夏のバカンスに連れて行かない、など人よりも暑さに弱い動物として夏の間は十分に気をつけてあげましょう。

キーワード

熱中症 夏 炎天下 けいれん 嘔吐