獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » ワンちゃんのボディランゲージ【しつけ・行動・マナー 】

しつけ・行動・マナー

ワンちゃんのボディランゲージ【しつけ・行動・マナー 】

ワンちゃんは嬉しい時にしっぽを振る、というのは誰でも知っていますね。でも、実際にはワンちゃんがどう見ても嬉しそうじゃない「ウー、ワンワンッ! 」という唸り声をあげながらしっぽを振っているのを見たことはありませんか? 実はワンちゃんは嬉しくない時でもしっぽを振ることがあるのです。
今回はワンちゃんのボディランゲージについて調べてみましょう。



☆全身を見て気持ちを読もう!☆
ボディランゲージとはまさに体全体で感情や意思を表現しています。体の一部だけ、たとえばしっぽだけを見て「しっぽを振っているから喜んでいるんだろう」と判断するのは間違いのもとです。ワンちゃんは緊張や警戒の気持ちがあるときでもしっぽを水平にしてすばやく振ることがあります。また、攻撃をしようとするときもしっぽを立ててゆっくりと振る場合があります。あくまで全身の状態や動き、顔の表情をよく見てワンちゃんの気持ちを汲み取ってあげましょう。
ではワンちゃんの気持ちを具体例を挙げて説明しましょう。


☆会えて嬉しいです!☆
しっぽは高く上がりお尻ごと振っています。耳はやや伏せ気味で目も細めています。片時もじっとしていられず、身をかがめて、もっと近づいたらお腹を見せて寝っころがってしまうかもしれません。なかにはニヤッと少しだけ唇を持ち上げて歯を見せる子もいるようですが、これは人の笑顔を真似ていると言われています。


☆一緒に遊ぼう!☆
腰はあげたまま上半身を勢いよくかがめて、お辞儀のような姿勢をとります。この状態から相手の下にもぐりこんだり、お腹を見せるようにひっくり返って「飛びかかってこいよ」と誘うこともあります。前足で地面を叩くようなしぐさをしたり、おもちゃを持ってきて目の前に置くこともあります。さらには気を引くために一声「ウワン! 」と鳴くこともあります。


☆誰だ!☆
何かに警戒しているとき、ワンちゃんの耳はそちらのほうに向けています。頭を高くもたげて視界を広く取り、足はしっかりと踏ん張っています。しっぽはピンと立てていて、小刻みに振っていることもあります。


☆噛むぞ!☆
本気で攻撃をしようとするとき、鼻にしわが寄るほど上唇を持ち上げて武器となる牙を見せびらかします。目を見開いてにらみつけ、上半身をややかがめていつでも飛びかかれる体勢をとっています。背中の毛を逆立てて出来るだけ全身を大きく見せようとします。しっぽは斜め下向きになってゆっくりと振られていることが多いようです。


☆近寄るなよ!☆
怒ってはいるものの「相手のほうがちょっと強そうだな」と、やや弱気になっているとき、口は「にー」と言っているような端を後ろに引いたような形になります。耳も後ろに倒し、腰も低くなっています。しっぽは股の間にしまわれてしまいます。


☆ごめんなさい☆
叱られた時にワンちゃんは「わかったからもう興奮しないで」と伝える手段として目をそらし大きなあくびをします。決して不真面目なのではありません。そして、服従の気持ちを示すために体を低くして伏せの形をとります。そしてその気持ちがもっと強くなるとお腹を見せて仰向けになり、お腹を露出します。時にはちょっとおもらしをしてしまうこともあるでしょう。


☆緊張するなぁ☆
知らない場所に連れて行かれたり、初めてのワンちゃんと対面して緊張や興奮を鎮めたい時、口をパクパクしたり、舌をぺろっと出したりします。また地面の匂いをかいだり、前足を片方だけ持ち上げたりして自分が緊張していることを相手に伝えようとします。


☆感情が入り混じっている?☆
ワンちゃんの気持ちは私たちが思うほど単純ではありません。「知らない人がおやつをくれようとしている。怖いけどちょっとだけ嬉しい」とか「何かが近づいてきた。敵なのかな? 大好きなおうちの人かも」というように、いくつかの感情が入り混じっているときがあります。そんなときボディランゲージもいくつかのサインが組み合わさっていることがあります。相反するボディランゲージが見られる場合にはその複雑な心境を察してあげましょう。


ワンちゃんがこれだけ人のパートナーとして広まった理由の一つに、感情がとても豊かであることが挙げられます。鳴き声と数多くのボディランゲージを使ってワンちゃんは常にたくさんのことを人に伝えようとしているのです。私たちがそれを正確に読み取ることができれば、もっともっと親しい関係になれるかもしれませんね。

キーワード

犬 行動 感情