獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 子供とペットの間によい関係を築くために【飼い方】

飼い方

子供とペットの間によい関係を築くために【飼い方】

子供は誰でも一度は「ペットを飼いたいよ! 」とおうちの人にねだるのではないでしょうか。そして親の立場としても子供が一人で遊べるくらい大きくなったらお友達や兄弟としてペットを飼ってあげてもいいかな、という気持ちになることもあるでしょう。しかし、実際は「絶対に最後まで面倒をみる! 」と言っていた子供が途中でペットに飽きてしまったり、お友達と思って飼ったペットと子供が次第に敵対関係になってしまう例も多く聞かれます。
では、子供がいる家庭でペットを飼うにはどのようなことに注意をすればいいのでしょうか。



☆ペットと子供の問題点☆
里親会でペットを譲渡してもらおうとしても小さな子供がいるという理由で断られることがあります。それは、特に初めてペットを飼う人はペットと子供をよい関係に導くことが難しいからです。ペットと子供はお互いのことがよく分からないため、飼い主である大人の家族がそれぞれに付き合い方を教えていかなければいけないのですが、それにはペットのことも子供のこともよく知っていなければいけないのです。
たとえば子供はペットとおもちゃの区別がつきません。子供は気持ちを察する能力がまだ発達していないため、ペットを必要以上にビックリさせたり怯えさせたりする行為をしてしまうこともあります。手加減無しにペットに力を加えて怪我をさせてしまうこともあります。ペットが命や感情のある生き物であるということをしっかりと教えなければいけません。
またペット側から見ても、今まで接したことがなければ子供は想定外の動きでびっくりさせるモンスターか、自分と大人の愛情を奪い合うただのライバルに過ぎません。家庭内の順位が自分より上であることを許さずに攻撃を仕掛けてくることもあるでしょう。本気になればペットのほうが牙や爪という武器があるのですから子供に相当なダメージを与えることも可能です。
では子供とペットが仲良く暮らすためにはどうしたらいいのでしょうか?


☆よい関係を築くためには:子供に教えること☆
・ ペットはおもちゃではない、ということを教えましょう
ペットは動物です。動物としての生活があり、感情があります。ですからペットがご飯を食べている時、トイレをしている時、寝ているときには邪魔をしてはいけない、突然大声を出したり大きな物音を立てたりしない、といったルールをあらかじめ決めて必ず守らせるようにしておきましょう。
・ ペットの良いお兄ちゃん・お姉ちゃんになることを教えましょう
ペットにとって良いお兄ちゃん・お姉ちゃんになるために、力任せに抱きついたり、しつこく体をいじくりまわしたりといったペットが嫌がることはしない、ペットの食器を洗ったり、一緒にお散歩に行ったりといった世話も進んで行う、ということを約束させましょう。
・ 子供だけでペットのしつけや世話をしないようにする、ということを教えましょう。
ペットとお散歩に行く時には必ず大人の人も一緒に行くようにする、大人の見よう見まねでペットを叱ったり、しつけをしたりしない、勝手におやつをあげたりしない、ということをあらかじめ約束しておきましょう。


☆よい関係を築くためには:ペットの立場から考える☆
・ 子供のほうがペットよりも立場は上であることを教えましょう
子 供のいる前でペットを抱き上げてペットのほうが子供より目線が上にならないようにしましょう。また、子供が床に寝転がって目線を下にしてもいけません。ごはんを食べたり、お散歩に出かける場合には、その順番は必ずペットよりも子供のほうが先になるようにしましょう。
・ 子供といるといいことがある、ということを教えましょう
おやつは必ず子供と一緒の時にあげる、子供と仲良く出来たらすかさずほめる、といったことを繰り返し行いましょう。
・ 家の中に一箇所は子供が来られない場所を作りましょう
どんなに子供に分別があってペットが辛抱強くても、やはり時にはペットも一人になって落ち着きたい時があります。たとえば「ケージの中に入ったら、そこから連れ出したり呼びかけたりしてはいけない」というルールを作っておきましょう。ペットが余裕を持って子供と対するには健全な肉体と精神力が必要なのです。


☆親として、飼い主として気をつけること☆
ほんの一回の喧嘩だったとしても、もし子供がペットに噛まれたりしたら、もう子供は動物に対して恐怖心を抱き、ペットも「人を傷つけた動物」として扱われてしまうかもしれません。ペットと子供が一緒にいるときには事故がないように大人の人が常に気を配るようにし、大人、子供、ペットという順序が崩れないように注意しましょう。


動物のいる家庭は子供の精神を安定させるとも言われています。イギリスの格言で「子供が生まれたら犬を飼いなさい」という言葉があるほどです。もしペットと子供がパートナーシップを築くことができればペットは子供の遊び相手になるばかりか、精神的な支えになったり、いざというときに子供を護ったりもしてくれるでしょう。そして子供は動物を飼うことから、感情豊かな優しい人に育ちます。良い関係を築くことはとても大変ですが、ペットが子供に与える影響力は計り知れないものがあるのです。

キーワード

犬 猫 子供 飼育方法