獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » ネコちゃんにしつけはできないの?!【しつけ・行動・マナー 】

しつけ・行動・マナー

ネコちゃんにしつけはできないの?!【しつけ・行動・マナー 】

ワンちゃんに比べてネコちゃんは「自由気まま」というイメージがありますよね。確かに好きな時に好きなことをして、人の指示に従おうという気はあまりなさそうに見えます。しかし、ペットである以上、家の中で人と一緒に生活するためには最低限守ってほしいルールというものがあります。しつけをすることができないといわれているネコちゃんに、人と生活するためのルールを守ってもらうためにはいったいどうしたら良いのでしょうか?


☆ネコちゃんは本当にしつけができないのでしょうか?☆

確かにネコちゃんが「待て」や「ふせ」という人の言葉に対してきびきびと動く姿はあまり見たことはありません。ネコちゃんは人に何かを指示されても喜んでそれに従おうという気は毛頭ありません。どうやら、もともと単独生活をするネコちゃんは群れで生きるワンちゃんのように「リーダーの(おうちのひとの)言うことを聞かなきゃ」という気持ちは持ち合わせていないようです。ですからワンちゃんと同じ方法でしつけをすることはできません。しかし、ペットである以上ネコちゃんにも最低限教えておきたいしつけがいくつかあります。


☆ネコちゃんに教えたいしつけ、最低限のルールとは次の4つです。☆
・ 決められた場所でトイレをしてほしい
・ 決められた場所だけで爪とぎをしてほしい
・ 人の食べ物を盗み食いしてはいけない
・ 人を攻撃してはいけない
では、これらをどのように教えていけば良いのでしょうか。ネコちゃんのしつけは習性を利用して「間違ったことをしないように導く」ことがポイントです。


☆トイレのしつけ☆

まず人や同居ネコがあまり通らない落ち着いてトイレのできる静かな場所、部屋の隅などにネコ砂を入れたトイレを設置します。そしてネコちゃんが床の匂いをかいだり、地面を掘るようなしぐさが見られたらすかさず、トイレに連れて行き排泄をさせます。ネコちゃんはもともと、決められた場所だけでトイレをしようとする習性があるため、一度ネコ砂の中にその子の排泄物のにおいが付着したら、ほとんどの場合2回目からは自らすすんでトイレに行くようになります。失敗しても決して怒らない、トイレをしている時に邪魔をしない、排泄物はなるべくすぐに片付ける、この3点を守ればトイレは比較的簡単にしつけることができます。


☆爪とぎのしつけ☆

ネコちゃんは常に古い爪をはがして新しいとがった爪にするためと、爪跡と肉球の匂いをつけて自分のなわばりを示すために、爪とぎをする必要があります。ですから家の中には必ず爪とぎができる場所を作ってあげる必要があり、決められた場所ですることを教えることによって、家具や壁などしてほしくない場所でさせないようにすることができます。
爪とぎ器は爪が適度に引っかかり、ネコちゃん自身がとぎ心地がいいと思えるものを、本人がとぎたいと思う場所に設置してあげましょう。ネコちゃんによって床でとぎたいと思う子もいれば、柱でとぎたいと思う子もいるので、それは本人の意思を尊重してあげましょう。気持ちよく爪とぎが出来る場所を作ることによって、他のものに爪を立てないようにするというしつけをすることができるのです。



☆盗み食いをさせないしつけ☆

よく、ネコちゃんがちゃぶ台から人のごはんのおかずを盗み食いしてしまう、という悪癖を聞きます。どんな動物でも、悪いことをしたらすかさず暴力で脅して「こんなことをすると痛い目に合うぞ」と繰り返せば、好ましくない行動を抑制することができるようになるかもしれません。しかし、それはあくまで人がいるときの話で、人が見ていないときにこっそり食べ物を取ることを止めさせることはできないでしょう。
ネコちゃんが盗み食いをしないようにするには、最初から人の食卓から食べ物を分け与えたり、人の食べるものを食べさせなければいいのです。どんな味か知らなければ人の食べ物を盗んだりするようなことはしません。人の食べるものに最初から興味を持たせなければいいのです。


☆人を噛んだり引っ掻いたりしないようにするしつけ☆

そもそもネコちゃんが人を攻撃するのには2つの理由があります。1つは人に対して恐怖心を抱いている時で、自らすすんで手を出すのではなく、人が必要以上に近づいてしまった場合に本気で噛んだり引っ掻いたりしてきます。この場合はネコちゃんに恐怖心を抱かせるようなことは極力せず、少しずつ心を通わせていくしかありません。
もう1つは人に対して「遊ぼう! 」と誘っている時です。本気ではありませんが、人の手を兄弟ネコや獲物に見立てて軽く噛んだり後ろ足でネコキックをしてくるので手は傷だらけになってしまいます。これを止めさせるには、ねこじゃらしやぬいぐるみなど人の手以外のもので遊ばせて体力を発散させるしかありません。十分遊んだあとに、ぷいっとその場から立ち去るようにすれば、それ以上人を噛んだり引っ掻いたりはしないはずです。


確かにネコちゃんはワンちゃんのように人の言うことをすすんで聞く動物ではありません。しかし、人のほうが気持ちをくんで、好ましい方向に自然に誘導してあげれば、ネコちゃんだって人のルールの元で一緒に気持ちよく暮らすことができるようになるのです。

キーワード

ネコ しつけ