獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » あなたのネコちゃんは何タイプ?【動物まめ知識】

動物まめ知識

あなたのネコちゃんは何タイプ?【動物まめ知識】

ワンちゃんはチワワからセントバーナードまで大きさや性格、体型など見た目が異なる品種がたくさんいるのに、ネコちゃんはどれも見た目はあまり変わらないように見えます。しかし、これらのネコちゃんもいくつかのタイプに分けることができます。


ワンちゃんの品種が300種を超えるのに対して、ネコちゃんの品種は50種ほどしかいません。それはワンちゃんが長い年月をかけてさまざまな用途に応じて品種改良を加えた結果、狩猟に向いた犬、番犬に向いた犬、抱っこに向いた犬などの多くの品種が生まれたのに対して、ネコちゃんの場合はネズミ捕り以外の仕事を任されなかったためあまり品種改良が行われなかったからだといわれています。これらの品種に対してワンちゃんは作られた用途によっていくつかのグループ分けがされていますが、ネコちゃんは一般に体型によって6タイプに分けています。

☆タイプ1 コビータイプ☆

胴が短く、肩幅もしっかりとしたずんぐりむっくりタイプ。頭も丸い形をしており、足も短めで足先は丸くふわっとしています。

【主な猫種】
ペルシャやバーミーズ、エキゾチックショートヘア など


☆タイプ2 セミコビータイプ☆

コビータイプよりも太くはありませんが、やはり全体的に丸みを帯びたタイプです。コビーよりも胴体や足、しっぽがやや長めです。

【主な猫種】
アメリカンショートヘア、スコティッシュフォールド など


☆タイプ3 オリエンタルタイプ☆

コビータイプとは正反対で、全体的にほっそりとしたタイプです。頭も逆三角形で顎が小さく、長い足としっぽを持っています。

【主な猫種】
シャム、オリエンタルショートヘア、バリネーズ など


☆タイプ4 フォーリンタイプ☆

オリエンタルタイプほど細くはありませんが、同じようにすらっとした体型をしています。中でもアビシニアンは古代エジプトの遺跡に残されていた姿にそっくりで、猫の品種の中でも最も古いルーツを持っているといわれています。

【主な猫種】
アビシニアン、ロシアンブルー など


☆タイプ5 セミフォーリンタイプ☆

フォーリンタイプよりもさらにコビータイプに近い体型をしています。顔はやや丸みがあり、胴体にも重みがあります。

【主な猫種】
デボンレックス、オシキャット など

☆タイプ6 ロング&サブスタンシャルタイプ☆

上記5タイプのどれにもあてはまらないタイプです。長く、がっしりとした大型品種がこれに含まれます。体自体が大きいので、成猫になると太っているわけでもないのに体重が10キロ近くになる子もいます。

【主な猫種】
ノルウェイジアンフォレストキャット、メインクーン、ラグドール など


☆タイプと被毛☆

ご紹介した分け方は、体型によるタイプ分けなので、同じタイプの中で長毛の子と短毛の子がいます。中にはアメリカンカールのように同じ品種の中に長毛と短毛の子がいることもあります。被毛の種類によるタイプ分けでは長毛種、短毛種、無毛種に分けることができ、短毛種の中ではさらにダブルコート、シングルコートに分けることができます。デボンレックスやコーニッシュレックスはワンちゃんでは存在しないアンダーコートのみのシングルコートで、ものすごく柔らかいふわふわの巻き毛が特徴です。無毛種には産毛がごく少量生えているだけのスフィンクスという品種がいます。


☆タイプによって性格も変わる?☆

例外もあるようですが、体格と同時に性格も遺伝することが多く、品種による性格の特徴というものがあります。一般にコビータイプのようなコロコロとした子はおっとりとしてマイペース、オリエンタルタイプのようなスリムな子は愛嬌があってちょっと神経質と言われています。


☆日本猫はどのタイプ?☆

現在日本に住んでいるネコちゃんはもともと大切な文書をネズミから守るために中国大陸からお経などと共にやってきたといわれています。江戸時代にしっぽの長いネコちゃんは化け猫になるという迷信からしっぽの短い子が好まれ、今ではジャパニーズボブテイルという品種名で公認をされています。タイプはフォーリンタイプに分類されます。



さて、皆さんのおうちにいるネコちゃんは何タイプでしたか? 雑種のネコちゃんでも、うちの子はちょっとがっちりしていて、アメリカンショートヘアに似ているからセミコビータイプだわ! などとみんなで検討してみるのも楽しいかもしれませんね。

キーワード

猫 品種