獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » ついてを教えよう【しつけ・行動・マナー 】

しつけ・行動・マナー

ついてを教えよう【しつけ・行動・マナー 】

飼い主さんの横にぴったりとついて歩幅を合わせてスッスッとお散歩するワンちゃんはとても素敵ですよね。飼い主さんの左側の横にくっついてあるくことは、ついて・ヒール・ヒーリングなどという言葉で言い表されますが、これは単にお行儀の問題ではなくて、全てのワンちゃんにとって大切なしつけの一つです。


☆ついてが必要なワケ☆

お散歩のときにもしワンちゃんがリードを引っ張って飼い主さんの前をぐいぐいと歩いたり、飼い主さんのことを知らん顔をして好き勝手なことをしていたら、そのワンちゃんは飼い主の言うことを聞かないワンちゃんと思われるだけでなく、他のお散歩犬や通行する人とトラブルを招くこともあります。さらに、ついてをしながらお散歩をすることはだらだら歩きを防止することから、お散歩中のマーキング防止や拾い食い防止としても有効なしつけです。


☆おうちの中でのついての教え方☆

まずはおうちの中でワンちゃんが自由にしている状態からついてを教えていきましょう。まず、ワンちゃんが大好きなおやつ、もしくはおもちゃを手に持った状態で鬼ごっこをしてみましょう。ワンちゃんが人のことに興味を持って左側の横にくっついて歩いてきたらすかさず、おやつもしくはおもちゃをあげてよく褒めます。人の左側について歩くといいことがある、そう教えていくのです。そして、だんだん左側についておいかけてくるようになったら、そのときに言葉でついてと言って、人の左側にくっついてあるくことがついてという意味であるということをおしえます。さらについてと言いながら方向転換をしたり後退をしてみて、それでもついてくることができるか確認を行います。


☆お散歩中でのついての教え方☆

ある程度ついてができるようになったら、今度はお散歩中についてと言ってみましょう。あらかじめリードは短めに持ち、飼い主さんが行く先を決めて歩くようにします。はじめのうちは壁のあるところで、人と壁の間にワンちゃんを挟んだ状態で行ったほうが簡単にできるかもしれません。ワンちゃんが飼い主さんのことに集中しながら、リードを緩めて横を歩くようになったら、歩きながらいい子ね! とほめます。


☆ついてからお座りへ☆

ついてとヒールは同じように捉える場合もありますが、ついてが人の横について歩くのに対して、ヒールは人の横にぴったりとついて座ることと解釈する場合もあります。ヒールの理想は飼い主さんの足先とワンちゃんの前足が横並びにぴったりとそろうことですが、そこまでできなくてもついてができるようになったら、続けてお座りをさせる練習もしてみましょう。はじめはリードを使って誘導しながら、なるべく人の近くにおすわりができるようにがんばってみましょう。


☆ついてを補助するお散歩グッズ☆

うちの子はついてどころか、お散歩中は全然人の言うことを聞いてくれないの。大型犬だから人のほうが引きずられちゃってリードを短く持ってなんかいられないわ、という飼い主さんのために、今ではさまざまな引っ張り防止用のお散歩グッズが売られています。
チョークチェーンもしくはハーフチョークカラーは、ワンちゃんが引っ張ると首が絞まるようになっている首輪です。自分で苦しくなるために引っ張らないようになるというものですが、使い方を間違えると首の筋肉や気管を痛めることもあります。
マズルコントロールは首輪の他に鼻の上にもリードを通すようになっているもので、ワンちゃんが引っ張ろうとすると、鼻の上を押えられて前に進めなくなる道具です。
そのほかにもワンちゃんが引っ張るとわきの下に通したリードが締まって前に進めなくなるハーネスや、リードがピンと張った状態になるとワンちゃんが嫌がる音が出る仕組みになっているリードなどがあり、これらを上手に使ってまずは引っ張らずに、飼い主さんのことに関心を向けながらお散歩ができるようにすることがついての第一歩になります。


☆ついてを教えるとこんなこともできるように☆

もし、ついてができるようになれば、お行儀の良いお散歩ができるようになるばかりではなく、さまざまなシーンで応用ができるようになります。例えば、狭い歩道で他のワンちゃんとすれ違う時でもついてができれば、トラブルになるようなことはおこりません。またドッグランで自由に遊ばせている時でもついてを教えておけば、簡単に呼び戻しをすることができるでしょう。
さらに、K9フリースタイルやトリックといったちょっと高度なワンちゃんと楽しめるゲームを行うことができるようにもなります。



ついてはワンちゃんに必要なしつけのなかでも、集中力を必要とするちょっと難しいしつけです。ついてをお散歩中ずっと続けさせるのはワンちゃんにとっては非常に困難なことです。お散歩中はワンちゃんだっていろいろなものを見たり嗅いだり飼い主さんと楽しい時間を過ごしたいと思っています。すべてのしつけは飼い主さんの言うことを聞いていると楽しい! というワンちゃんの気持ちから始まるのですから、車道や狭い歩道など必要な時に短時間でもついてという言葉を理解したら、おもいっきりよく褒めて、あとはリードを引っ張らなければよしとして、お散歩を一緒に楽しむ余裕を大切にしましょう。

キーワード

しつけ 散歩 つけ