獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » おいで を教えよう!【しつけ・行動・マナー 】

しつけ・行動・マナー

おいで を教えよう!【しつけ・行動・マナー 】

ワンちゃんのしつけで是非教えてほしいもののひとつに、おいでがあります。人によってこいやカムなどと言うこともありますが、すなわち飼い主が呼んだら戻ってくるという行動を教えたものです。おいでは外出した時だけでなく、おうちにいるときでも使うとても大切なしつけです。


☆どんな時に使えるの?☆

たとえば、ノーリードで家や車から飛び出してしまったときやお散歩中に首輪がするりと抜けてしまった時に、おいでを知っていたらすぐに呼び戻すことができ、慌てずに済みます。また、家の中でもごはんのときやお散歩に行く時にすぐに呼び寄せることができます。ドッグランで自由に遊んでいても帰るときには素直に従ってくれるようになります。さらに待ての言葉と組み合わせて使えば、いたずらやお客様に飛びつこうとする行為、他の犬と喧嘩になりそうなときにも、怒ったり力ずくで抑えることなく回避することができるようになります。


☆おうちの中でのおいでの教え方☆

まずおうちの中で教えてみましょう。おいでと言われて近づいたらいいことがある、ということをワンちゃんに教えます。大好きなおもちゃで遊ぶ時にはおもちゃを手にとっておいで、一緒に遊ぼうと言います。お散歩に行く時にはリードを持っておいで、お散歩に行こう、ご飯をあげるときには食器を手に持っておいで、ごはんにしようと言います。必ず楽しいことを誘う前においでという言葉をつけるようにすると、おいで=何か楽しいことがある合図と知ることができます。手の中に小さなおやつを持って、少し離れた場所からおいでと言い、近くに来たらおやつをあげてよく褒めてもいいでしょう。このときに大切なことは、必ず言葉を統一させることです。状況や人によっていらっしゃいとかこっちにこいなど違う言葉を使ってしまってはおいでという言葉の意味がよく分からなくなってしまいます。


☆外でのおいでの教え方☆

おうちの中でおいでの言葉を理解してきたら、今度は外で試してみましょう。首輪にリードをつけた状態で静かな場所で立ち止まり、おいでと言ってみます。来たらよく褒めますが、お外のほうが気持ちが散漫になってうまくできないかもしれません。もしできなかったらリードをすばやく引き寄せます。そして手元に来たらよく褒めます。できなくても決して大声でどなったり威圧的な声になってはいけません。おいでと言ってリードを引き寄せて褒める、をくりかえしましょう。リードを引き寄せなくても近くに来るようになったら、今度はリードをだんだん伸ばしてみましょう。もし待てができるのならば、待てをさせたまま離れて、そこからおいでと言ってみましょう。元気いっぱいの子の場合、待ちきれずに全速力で走ってきて飛びつこうとするかもしれません。そういう子は短距離から待て→おいで→お座りという一連の動作をしてみましょう。始めは難しいかもしれませんが、根気強く少しずつ進歩させていきましょう。


☆しつけで大切なのは楽しいと思わせること☆

ちょっとしたことでも、できたときにはよく褒めてあげるのを忘れないようにしましょう。しつけの悩みでよく聞くのが、おやつがなければ言うことを聞いてくれないということです。おいでを教える時には、最初はごほうびとしておやつをあげますが、徐々におやつがないときを増やしていきましょう。そして、おやつの代わりによくほめることを絶対に忘れないようにしましょう。おいでといわれて近くに行くといいことがあるぞ、と教えることが大切であり、いいことは別におやつでなくてもいいのです。たとえば、おいでと呼んで来たら大好きなお散歩に連れて行ってあげる、少しの間おもちゃでひっぱりっこをしてあげる、でもいいのです。


☆おいでの応用:ドッグランでのおいで☆

おいでという言葉が一番役に立つのは、自由に遊んでいるワンちゃんを呼び戻す時でしょう。特にドッグランではおいでができていないと時間どおりに帰ることができません。しかし、ドッグランで楽しく遊んだあとにいつもおいでと言って、リードにつないで帰ることだけを繰り返していたら、おいで=つかまる=つまらないという公式ができてしまい、せっかく覚えたおいでという言葉をわざと無視するようになってしまいます。
それを避けるためには、ドッグランに行ったときワンちゃんの様子をよく観察して、ちょっと飽きた頃にすかさずおいでと言います。そしてちゃんと戻ってきたら少しオーバーなくらいに褒めます。そしてまた遊んでおいで、と放してやります。ワンちゃんは気持ちをリセットさせてまた楽しく遊びに行くことでしょう。これを何度か繰り返すとおいで=褒められる=うれしいということになります。



自分の動きを止めて飼い主さんの言うことを聞くという行為は、飼い主さんのことをリーダーとして認めていないとできないことです。私たちがワンちゃんのリーダーになるためには、常にワンちゃんから信頼されていなければなりません。普段からこの人の言うことを聞いていれば安心だ、楽しいことがある、と思ってもらえるようになれば、今回のおいでだけでなく、すべてのしつけはそんなに難しいことではありません。

キーワード

犬 しつけ