獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » もし、うちの子がガンになってしまったら・・・【腫瘍】

腫瘍

もし、うちの子がガンになってしまったら・・・【腫瘍】

症例数だけで見ると以前よりもペットのガンは増えています。その原因はペットの暮らす環境が悪くなったせいではありません。むしろ逆です。ガンは高齢になるほど発生しやすく、ペットがガンになるほど長生きになったということでもあります。
また、もうひとつの理由として、飼い主さんがペットの健康に気を配り、定期検診などをきちんと行うようになって早期に発見できるようになったためともいわれています。そのため、以前は不治の病と言われていたペットのガンも早期発見し早期に治療を行うことによって宣告を受けた後も何年も長生きすることができたり、完全に治すことができる例もあります。
でもある日突然、あなたのペットはガンですと言われたら誰でもビックリしてしまいますよね。ただ悲観にくれておろおろするばかりかもしれません。ペットのガンを宣告されたとき、わたしたちにできることは何なのでしょうか。



☆ガンとは☆

まずガンとはどのようなものか、正しく知っておきましょう。
ペットを含めた私たちの体は何億という細胞で作られています。細胞は常に新しく作られ、古いものと入れ替わって一定の秩序を保っていますが、何かの拍子で細胞の一部が変化をおこし無秩序に異常増殖をはじめたものがガンで、医学的には悪性腫瘍とも呼ばれます。ガン細胞は周りの正常な細胞を死滅させながら広がったり(浸潤(しんじゅん))、血液やリンパの流れに乗って体の他の場所で増殖したり(転移)するのが特徴です。ガンとよく似ているものに良性腫瘍というものがありますが、これは一ヶ所で増殖するだけで浸潤や転移はしません。イボなどを想像してもらうとわかりやすいかもしれません。


☆ガンはなぜ怖いのか☆

正常な細胞が一旦ガン細胞になってしまうとひたすら増殖を続け、周囲の組織を破壊していきます。またガン細胞には寿命がなく、普通の細胞よりも増殖速度が速いため、あっという間に大きくなり、種を蒔くように細胞があちこちに分散して全身に広がってしまうからです。


ガンの治療法を選択する

まずガンと診断されたら飼い主として治療をどうするかを決めなくてはいけません。ガンの治療にはその進行状況によって、完治をめざす治療と、完治させることは無理でもガンの進行を少しでも遅らせるための治療があります。
現在、個人開業の動物病院で行われるガンの治療法は主に2種類です。一つは手術をして外科的にガンを切除する方法です。もし発見が早くてガンが転移をしておらず、すっかり取り除くことができれば一番確実な方法です。もう一つは化学療法といって抗がん剤を使ってガン細胞を飲み薬や注射薬で叩く方法です。切除できない場所のガンや切除してもガン細胞が完全に取りきれていない可能性がある場合に行います。抗がん剤は何種類もあって組み合わせて使うこともあり、ガンの種類や病状の進行具合によって適切なものを獣医師が選択していきます。
その他特殊な治療法としてはガンを凍らせて破壊する凍結療法、逆に熱を加えて細胞を死滅させる温熱療法、体内の免疫力を高めてガン細胞を攻撃する免疫療法、ガン細胞だけに放射線を当てて死滅させる放射線療法などがありますが、特に放射線療法などの特殊な施設が必要な治療法は行っている動物病院が少なく、それを行っている場所を紹介してもらう必要があります。
どの方法にもメリット、デメリットがあるので納得がいくまで獣医師から説明を受け、ペットや家族にとって最もよい方法は何なのかをよく話し合いましょう。よく話し合った結果、治療を行わない、という選択をすることもあるでしょうが、どの方法を選択したとしてもあとで後悔のないようにとことん考えてから決定しましょう。
もし自分達だけでは判断がつかない場合にはセカンドオピニオンといって、別の動物病院の獣医師の意見を聞くことも決して悪いことではありません。


ペットのQOL(クオリティーオブライフ)を考える

QOLとはすなわち闘病中のペットの生活の質のことで、ガンの治療中だからこそ、なるべくペットに不自由な思いや不快感を与えないように気をつけてあげなくてはなりません。ガンはストレスによっても悪化すると言われています。なるべく安静にできる、普段となるべく変わらない生活を送れるように心がけてあげましょう。家族の誰かが常に一緒にいて体調が悪い時に感じる不安感を取り除くようにし、気温や湿度などは常に一定になるように気をつけましょう。特に抗がん剤を使用しているときには副作用から食欲が落ちていることが多いのですが、栄養は健康な時以上に必要であるため、フードを少し温めたり、好物を少し振りかけるなどして食欲が落ちないようにしてあげましょう。



愛するペットがガンになってしまった、もしかしたら治らないかもしれない、そう思うだけで胸が張り裂けそうですよね。でも、だからといって毎日泣き顔でペットと接していたら、ペットもあなたの気持ちを感じ取ってとても沈んだ気持ちになってしまうかもしれません。ガンの治療は獣医師と飼い主さん、ペットが協力し合って長い道のりを歩いていくものです。私たち飼い主はペットにとって一番いいことは何か、ペットが少しでも痛みや苦しみを感じることなく家族の一員としていられるためにはどうしたらいいのか、希望をもって前向きに家族みんなで話し合い、ペットには笑顔で接してあげましょう。

キーワード

犬 猫 がん 腫瘍