獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 食餌性アレルギー【皮膚】

皮膚

食餌性アレルギー【皮膚】

人の花粉症が広まるのに伴って、アレルギーという言葉が一般的となり、ペットにもさまざまなアレルギーがあることがわかってきました。アレルギーにはアレルゲンを触ることによっておこる接触性アレルギー、鼻から吸い込むことによっておこる吸引アレルギーに加えて、食べ物に含まれているアレルゲンを摂取することによっておこる食餌性アレルギーがあります。


☆食餌性アレルギーとは☆

ペットの体にはそもそも病原体などの異物(抗原)が入り込もうとすると、抗体と呼ばれる物を作ってそれを排除しようとする反応があります。これを抗原抗体反応といい、生体を維持するために欠かせません。しかし、この反応が時として過剰となり、あまり害を与えない異物であっても強い抗原抗体反応をおこし、その結果自分自身が被害を受けることがあります。これをアレルギーといい、アレルギーの原因となる外部からの物質をアレルゲンといいます。そしてアレルゲンがフードの中に存在する場合に食餌性アレルギーというのです。


☆症状☆

アレルゲンとなる物質を食べると、主に皮膚と消化器に症状があらわれます。皮膚の症状としては目や耳や口の周り、手足、わきの下やお腹や胸、肛門の周りなど皮膚が比較的柔らかい場所に表れやすく、痒み、赤み、湿疹、抜け毛、フケなどが見られます。消化器の症状としては下痢や嘔吐があり、特にネコちゃんでフードを変えたら毎回吐くようになった、というような場合には食餌性アレルギーが疑われます。


☆アレルゲンとなるもの☆

アレルゲンとなるものは、主にたん白質です。ワンちゃんやネコちゃんはもともと肉食ですから、フードのほとんどには何らかの動物性たん白質が含まれています。多くのフードに含まれているのはチキンやビーフ、乳製品などです。また、ワンちゃんは私たちが思うよりも雑食に近く、フードの成分表をみると穀類が多く使われていることがわかります。そしてフードの中の大豆や小麦、トウモロコシといった穀類の植物性たん白質もアレルゲンとなることがあります。その他にもニンジンやトマトといった野菜や、フードに生えるカビなどもアレルゲンとなる可能性があります。


☆検査方法☆

皮膚に炎症ができたとき、その原因が食餌性アレルギーかどうか、アレルゲンが何かを調べるには通常血液中の抗体の量を計測します。例えば鶏肉に対する抗体の量が多ければ、鶏肉がアレルゲンということになります。しかし、現在のところ、この検査はあまり精度が高くないと言われています。しかも食餌性アレルギーは通常複数のたん白質がアレルゲンとなっていることが多く、シンプルな答えが出ることがあまりありません。では、どうするかというと実際にアレルゲンをあまり含んでいないであろうと思われるフードを直接与えてアレルギーが出るかどうか様子を見る除去食試験が行われることがほとんどです。


☆除去食試験の方法☆

まずフードを完全に手作り食に変更します。アレルゲンとなる物質は日頃から食べているものが多いため、なるべく今まで食べたことのないたん白質と炭水化物でフードを作り、アレルギーをおこさない食餌を探します。たとえば、今まで鶏肉とトウモロコシを原料にしたフードを食べていた子にはラム肉と米を与えるようにします。それでアレルギーが出ない状態をしばらく続けます。安定してきたら、次に試しに鶏肉を混ぜて与えてみます。もし、これでアレルギーが出現すれば鶏肉がアレルゲンということになります。このようにしてアレルゲンを特定していくのです。


☆食餌アレルギーとアトピー☆

一旦アレルゲンとなった食材はもう二度と与えてはいけません。もし市販のフードで幸いにもアレルゲンを全く含まないものが見つかれば、それでもいいのですが、動物病院用の処方食にはカンガルーやナマズといったペットが食べたことのない食材で作られたアレルギー用処方食があります。また、アレルゲンのほとんどはたん白質ですが、たん白質を加水分解するとアレルゲンとして認められにくいことから、このような処置をあらかじめ行った処方食も病院食として扱われています。


☆食餌アレルギーとアトピー☆

実は食餌アレルギーで皮膚に痒みや炎症が出ている場合、アトピーが絡んでいる場合があり、ハウスダストや花粉などといった吸引性のアレルゲンも同時に作用している事があります。その場合は食餌を変えたからといって症状がすぐに改善するわけでもありません。免疫を調節するような薬や抗ヒスタミン薬などを併用して使わなければいけないこともあります。


アレルギーは一度なってしまうと完全に治すことができません。しかし、症状を回避したり軽減することは可能です。アレルゲンが確定したら生涯食事療法は続けなくてはなりませんが、今はよい処方食もあります。焦らず病気と付き合っていくようにしましょう。

キーワード

皮膚 アレルギー 炎症 アトピー