獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » ハーディングドッグについて【動物まめ知識】

動物まめ知識

ハーディングドッグについて【動物まめ知識】

ワンちゃんの品種はその姿や作られた目的によっていくつかのグループに分類することができますが、そのグループの一つに、ハーディングドッググループというものがあります。これは羊や牛といった家畜の番犬として作られたワンちゃんたちをまとめたグループのことで、日本語では牧畜犬や牧羊犬と訳されています。
今回は人と共に家畜の世話をしてきたハーディングドッグについてのお話をしていきましょう。



☆ハーディングドッグの仕事☆

人が牛や山羊、羊などの家畜を飼うようになってほぼ同時にワンちゃんもその手伝いをするようになったと言われています。具体的には家畜をオオカミなどの外敵や家畜を盗みに来た強奪者から守ったり、家畜を畜舎から放牧地へ連れて行き、放牧地に散らばっている家畜を集めてまた畜舎へ誘導する仕事を手伝っていました。家畜はワンちゃんなどの肉食獣に脅されると一箇所に集まる性質があり、それを利用して人がワンちゃんに指示を出して家畜をまとめて望む場所に連れて行くのです。ベテランのワンちゃんであれば一頭で50頭あまりの家畜をコントロールすることができるといわれています。


☆ハーディングドッグの特徴☆

このような仕事をさせるために、人はより優れたワンちゃん同士をかけ合せてさまざまな品種を作ってきました。ハーディングドッグに適したワンちゃんとは、まず山野を駆け回るための運動能力と、体の大きな家畜や敵と対抗するための体格が必要です。また人の指示に従って正しく行動することのできる知力に加えて、番犬としてテリトリーと家族を守る意識の強い性格も求められました。
比較的白っぽい毛色のワンちゃんが多いのは、夜間でも見やすいためと、遠くからでもオオカミと区別するためと言われています。


☆いろいろなハーディングドッグ☆

牧畜を行っている世界各地でハーディングドッグは作られてきました。ハーディングドッグの歴史は古く、中には起源がはっきりしないものもありますが、ある国で作られた品種がほかの国へ渡ってさらに違う品種に作り変えられることもありました。次に代表的な品種をいくつか見ていきましょう。

・コリー
コリーはもともとイギリスのシェットランド地方にいる古くからの牧羊犬です。日本ではラフ・コリーといって長毛種が一般的ですが、スムース・コリーといって短毛種の種類も存在します。大型犬に属し、細長い鼻と半分垂れた耳が特徴です。日本ではかつて名犬ラッシーというテレビドラマで賢く飼い主に忠実なワンちゃんとして一躍有名となりました。コリーの近縁としてはシェットランドシープドッグやボーダーコリーなどがいます。

・ウェルシュ・コーギー
ウェルシュ・コーギーはイギリスのウェールズ地方で3000年以上の歴史を持つ古いワンちゃんです。牛を追うために作られ、牛に蹴られないように体高が低く作られたといわれています。体は比較的小さいのですが、牛の踵を噛みついて方向転換をさせるという特技があり、限られた牧草地で自分の家以外の牛が入り込もうとしたときには、そのようにして追い払っていたそうです。ウェルシュ・コーギーにはしっぽのないペンブロークと、それよりも一回り大きく活動的なカーディガンの2種類が存在します。

・ジャーマン・シェパード・ドッグ
警察犬や盲導犬などでおなじみのジャーマン・シェパード・ドッグも、もともとはドイツに古くからいる牧畜犬でした。その知能と運動能力の高さ、忠誠心からドイツ陸軍が軍用犬として使うようになり、今ではさまざまな作業を行うようになったのです。やや長い胴体と低い腰、太い尾、ピンと立った大きな耳を持っています。ベルジアン・タービュレンやベルジアン・マリノアなどベルギーのシェパードなどもよく似た形態をしている牧畜犬ですが、体格はやや小さめです。

・オーストラリアン・キャトル・ドッグ
オーストラリアという広大な大地で牛の群れを統制するために、ヨーロッパの牧畜犬とオーストラリアの野生犬ディンゴをかけ合せて作られました。暑い気候の中、長期間牛を制御しながら移動を続けることのできる体力と忍耐力を持ち、吠えることなく牛の群れを操ることができる知力を持っています。



ハーディングドッグに分類されるワンちゃんたちはもともと、家畜相手に一日中屋外でハードな仕事をするように作られました。ですから飼い主は常に知的活動を与え、かなりの量の運動量をさせることが必要となります。飼い主に危険を知らせる仕事も行うため、家族以外の人に対して警戒心が強く、吠え声も大きい子が多いようですので、日頃のしつけはきちんとしなければいけません。賢いワンちゃんですから、人の言うことはすぐに理解しますが、精神的な刺激や運動量が足りないとストレスが溜まりやすい性格も持ち合わせています。ワンちゃんのために多くの時間を割いてあげることのできる人のみが飼う資格を持っていると言えるでしょう。

キーワード

犬 牧畜犬 牧羊犬 シープドック