獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » クレートトレーニングをしてみましょう!【しつけ・行動・マナー】

しつけ・行動・マナー

クレートトレーニングをしてみましょう!【しつけ・行動・マナー】

お留守番ができない、無駄吠えが多い、お客様が来ると興奮してしまう、ペットホテルなど狭いところに入れるとないてしまう、そんなワンちゃんにはクレートトレーニングをしてみましょう。ワンちゃんが家の中で家族として暮らすためにとても役に立つしつけです。


クレートトレーニングとは
クレートとは、もともと木や竹などでできた物を運ぶための“かご”を指します。クレートトレーニングとは、犬を運ぶ時用のしっかりとした作りの“ケージ”の中でおとなしくじっとしていられるようにすることです。
 

クレートトレーニングの重要性 
もし旅行や引越しなどでワンちゃんを乗り物に乗せて運ぶ時にはケージの中に入れなくてはいけません。また、ペットホテルで泊まったり動物病院に入院する時にも一定の大きさのケージの中にずっと入っていなければいけない場合があります。このような状況になったときに、何の練習もなく今まで好き勝手に動き回っていた子が突然狭い場所に入れられたら、知らない場所に対する不安と恐怖で、とてつもないストレスを感じてしまうかもしれません。
しかし実は、ワンちゃんにとって狭い場所は慣れてしまえばそんなに苦痛ではないのです。人に飼われる前、犬の祖先であるオオカミは土を掘ったくぼみや洞穴などの狭い空間で寝たり休憩をしたりしていました。ですから、ケージが、よく知っている安心できる場所なんだよ。ということを事前に教えてあげればクレートトレーニングはそんなに難しい事ではないのです。


クレートトレーニングの準備
まずはワンちゃんのサイズにあったケージを用意してあげましょう。三方が壁になって、入り口が格子になっているような輸送用ペットキャリーのようなものが視線を遮られるためにワンちゃんが安心できますが、もし四方が透けて見える檻のようなものしかない場合には、上から毛布などをかぶせて洞穴のような環境を作ってあげるといいでしょう。
あまり大きなものは落ち着かないため、ワンちゃんが立つことができて、ぎりぎり体を回転できるくらいのものがいいでしょう。
中には柔らかいタオルケットなどを敷き、居心地の良い場所を作ってあげましょう。
始めのうちはリビングの隅など家族の様子が観察できて、なおかつ静かで落ち着ける場所に設置するとよいでしょう。


トレーニング その1 ケージに入らせる
まず、おやつを少量持ってワンちゃんを誘います。もしワンちゃんが誘われたらケージの中にそのおやつを入れてワンちゃんが自らその中に入っていくようにします。始めは少し用心して入らないかもしれませんが、ワンちゃんが自分の意思でケージの中に入っていくまで根気強く待ちましょう。そのうちに“ケージに入るとおやつがもらえる”ということが分かってすすんでケージに入るようになります。


トレーニング その2 合図を教える
おやつを見せるとケージに入るようになったら、今度はワンちゃんがケージに入ろうとするタイミングで、ハウスと言うようにしましょう。次第にワンちゃんはおやつを見せなくても“ハウス”と言うだけでケージに入るようになります。


トレーニング その3 扉を閉める
ワンちゃんがハウスという言葉でケージに自ら入るようになったら、今度は扉を閉めておやつをあげるようにしましょう。始めはおやつを食べ終わったらすぐに開けるようにしますが、ケージに慣れてきて、中でリラックスするようになったら閉めている時間を少しずつ伸ばしていきます。始めのうちはなるべく頻繁に、おとなしくていい子ね! と声を掛けるようにして、出たがる前に扉を開けてあげましょう。
飼い主さんの中にはペットと同じタイミングで体調を壊された経験をお持ちの方もいると思いますが、前述のように人とペットのウイルス受容体は違いますので、飼い主さんからペット、ペットから飼い主さんに伝染する可能性はまずありません。同じタイミングで体調を崩した場合は、飼い主さんとペットが同じ環境で生活しているため、お互いがウイルスに感染しやすい状態になっていたからと考えたほうがよいかもしれません。


トレーニング その4 中でリラックスさせる
ワンちゃんがケージに慣れてきて、もし食後にワンちゃんがケージに入ったら、噛んで遊ぶようなおもちゃを入れて、中で暇つぶしをさせてみましょう。その中で寝るようになったらクレートトレーニングはほぼ成功です。


クレートトレーニングの応用
ケージに入るとワンちゃんがリラックスする、という条件を作り出せば、クレートトレーニングはさまざまな場面で応用する事ができます。たとえば、お客様が来ると嬉しくて飛びついたり、“うれション”をしてしまう(嬉しくておしっこが出てしまう)子はケージに入った状態でお客様を迎え、落ち着いたらケージから出すようにするといいでしょう。また、一人でお留守番をさせると物を壊したり、ゴミを漁あさってしまうような子もクレートトレーニングが非常に有効です。


おわりに
クレートトレーニングで最も注意しなければいけないことは、長時間入れたままにしないことと、罰としてケージの中にワンちゃんを閉じ込めたりしないことです。それではトレーニングではなく虐待になってしまいます。ケージはあくまでも居心地の良い場所で、普段でもワンちゃんがすすんでその中に入っていくようにすることが大切です。

キーワード

犬 しつけ トレーニング 無駄吠え お留守番