獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » ペットも風邪を引くの?【動物まめ知識】

動物まめ知識

ペットも風邪を引くの?【動物まめ知識】

動物病院にクシャミをしているワンちゃんやネコちゃんを連れて行ったら獣医師さんに、風邪ですね、と言われた事はありませんか? しかし、ペットも人と同じように風邪をひくのか疑問に思われている飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか?
今回はペットと風邪についてのお話をしたいと思います。



風邪ってどんな病気?
そもそも人でも風邪という病気はありません。風邪とは主にウイルスが原因となる急性の呼吸器疾患の総称です。具体的に風邪の症状としては、

・鼻水が止まらない
・頻繁にくしゃみをする
・熱がある
・咳をする
・呼吸が苦しそう

などがあります。

しかし、ここで重要な事はこのような症状でお医者さんが、風邪と診断するのは人間だけだということです。ペットでも同じような症状が出る事がありますが、そのような症状の場合、獣医師さんは、呼吸器感染症と診断します。獣医学において、風邪という言葉は実は存在しないのです。ペットが風邪をひくという言い回しは、ペットの症状としてある日突然、鼻炎、気管炎や気管支炎が見られたときに、獣医師さんがわかりやすく説明するために、風邪(のような病気)です。と言っているに過ぎません。
 

ペットにおける風邪のような症状 
呼吸器感染症になって鼻や気管、肺などが炎症をおこすと、いわゆる呼吸器症状と呼ばれる症状がペットにも見られてきます。
初期の場合には水っぽい鼻水をたらしたり、くしゃみをする程度ですが、ひどくなるともっとねばっこい黄色い分泌物が鼻の穴をふさいでしまったり、痰が絡んだような咳をしたり、ハアハアと息苦しそうになったりといった症状になってきます。
鼻は細い管で目とつながっているため、鼻に入った病原体が目まで広がり、結膜炎から目やにがたくさん出ることもあります。ペットはにおいを嗅ぐことで食べ物なのかそうでないかを判断しているため、鼻炎になってにおいがわからなくなってしまうと通常食欲がなくなってきてしまいます。
また熱があればぐったりと元気がなくなってしまい一日中寝ているようになります。


冬に出やすい風邪の症状
人でも冬になると風邪が流行しますが、それは寒さに原因があります。寒くなると体力や免疫力が低下し、ウイルスに感染しやすくなるからです。
さらに空気が乾燥しているために粘膜が弱くなり呼吸器疾患をおこしやすくなるのです。また、呼吸器感染症を引き起こすウイルスは寒さや乾燥に強いため、寒さが続くと病原体の生存期間が延びてしまうことも原因のひとつです。
これらのことはすべてペットにもあてはまります。


ワンちゃんの風邪
ワンちゃんの場合、ウイルス感染が原因で発症する呼吸器感染症のひとつに、ケンネルコフがあります。
ケンネルコフは別名、犬伝染性気管支炎といい、症状としては微熱や咳など人の風邪と同じような症状をひきおこします。
しかし、免疫力が低い子犬や高齢犬が発症してしまうと肺炎を引き起こし、死に至る事もあるので注意が必要です。
主な感染経路は、ケネルコフに感染したワンちゃんが咳やくしゃみと一緒にウイルスや細菌をまきちらし、ワンちゃんからワンちゃんへと感染します。同じように咳をする症状でもフィラリア症や気管虚脱などの病気の場合がありますので、安易に呼吸器感染症と素人判断するのは大変危険です。咳やクシャミが見られたらなるべく早く動物病院で診断してもらう事が大切です。


ネコちゃんの風邪
ネコちゃんの場合は、目やにと鼻水がひどく、くしゃみを連発するなどの症状を起こす、猫ウイルス性鼻気管炎があります。
これは猫のインフルエンザと呼ばれるほど、人の風邪と症状が似ています。猫ウイルス性鼻気管炎はヘルペスウイルスもしくはカリシウイルスを病原体とする伝染病の総称です。非常に強い感染性があり、一回クシャミをするだけで同居する猫にうつってしまいます。 
さらにカリシウイルスが感染した場合には口内炎も発症し、よだれで口の周りが濡れていることもあります。ワクチンがありますが、予防効果は100%ではなく、野良猫に広く感染しているため、子猫を拾った時点ですでに感染している場合も少なくありません(ワクチンはすでに発症してしまっている子には打てません)。
特に子猫や体の弱っている猫などが発症すると、症状がひどくなったり、長引いたりし、進行すると肺炎を引き起こして死亡したり、妊娠中なら流産する恐れもあります。


人のインフルエンザはペットにうつるの?
インフルエンザはウイルスを原因とする伝染病なので、毎日一緒に生活していると、どうしてもペットにも感染してしまうと心配される飼い主さんもいらっしゃると思います。 
しかしワンちゃんの場合はウイルスの受容体が人と違いますので、人とワンちゃんの間でインフルエンザが感染する心配はありません。また、ワンちゃんはインフルエンザウイルスに感染しにくいといわれています。
ネコちゃんの場合は、インフルエンザウイルスに感染する可能性があり、特に鳥インフルエンザに感染した鳥をネコちゃんが食べてしまうとインフルエンザになることがあります。理論上ではネコちゃんから人への感染は起こり得ますが、その危険性は極めて低いと考えられています。人が鳥インフルエンザに感染するためには、十分なウイルスが必要となり、それはまさに感染したネコちゃん一匹を人が食べる程に相当するからです。

飼い主さんの中にはペットと同じタイミングで体調を壊された経験をお持ちの方もいると思いますが、前述のように人とペットのウイルス受容体は違いますので、飼い主さんからペット、ペットから飼い主さんに伝染する可能性はまずありません。同じタイミングで体調を崩した場合は、飼い主さんとペットが同じ環境で生活しているため、お互いがウイルスに感染しやすい状態になっていたからと考えたほうがよいかもしれません。


風邪のような症状になってしまったらどうしたらいいの?
人の場合も風邪をひいたらあたたかくして消化の良いものを食べて寝ていなさい、と言いますね。これはウイルスの病気は治療する薬がないから、自分の体力でウイルスの抵抗力をつけるしかないからです。同じことはペットにも言えますが、ペットは人よりも体が小さく、特に幼い子は急激に衰弱してしまうため、二次感染を防ぐ抗生物質や消炎剤などを使ってなるべく早く症状を取り除く治療をしてあげる事が大切になります。症状によっては点滴を行って水分や栄養を補給したり、インターフェロンを用いた治療を行う事もあります。


風邪の予防
ワクチン接種
上記でご紹介した、ワンちゃんのケンネルコフやネコちゃんのウイルス性鼻気管炎は、あらかじめ混合ワクチンを接種することで予防できる病気です。どちらも混合ワクチンの中には通常含まれていますので、感染をする前に動物病院に相談をしてみましょう。

清潔な環境
病原体はお互いに舐めあったり、同じ食器で食餌をしたり、他の子の排泄物を触ってしまったりすることでペットからペットへ感染していきますが、風邪の症状をおこす病原体は特に飛沫感染といって、くしゃみなどで空中にばらまかれた病原体を吸い込むことによって広がっていきます。
寒いとどうしても暖房をつけたまま換気を怠ってしまいがちです。換気を行わずに暖房を使用していると、室内にいるウイルスが循環するばかりですので、空気の入れ替えをこまめに行いましょう。
また、ペットが利用する生活スペースもこまめに掃除して、普段から清潔な環境作りを心がけましょう。

気管への負担を和らげる
もし呼吸器がもともと弱っていたら、病原体は感染しやすくなります。たとえば、引つ張り癖がある子はお散歩の度に首輪が気管を圧迫して負担をかけているため、炎症がおきやすくなっています。引張り癖を治すのも重要ですが、散歩のときは胴輪を使用するなどして気管に負担をかけないようにしましょう。
また、無駄吠えも気管に負担がかかる動作ひとつですので、ひどくなる前にしつけをしておきましょう。

適切な温度
最近では、暖房機器が充実しているので、室内で過ごしているペットはあたたかく過ごしていることが多いと思います。しかし、散歩で暖かい部屋からいきなり寒い外に移動すると、急激な温度変化に体が対応できず、ストレスで免疫力が低下してしまいます。
ですので、普段から部屋を暖かくしすぎないように注意し、散歩の時間もなるべく気温の高い時間を選ぶようにしましょう。また、犬だからといってみんな寒さに強いわけではありません。チワワやスムースダックスフント、ワイマラナーなど短毛のシングルコートの子は寒さに弱いようです。外出する場合は洋服など、寒さ対策をしっかりしてからでかけましょう。

適度な湿度
冬はどうしても空気が乾燥してしまい、ウイルスに感染しやすくなります。特にエアコンの効いた部屋では空気が乾燥しがちです。室内で過ごす場合は、加湿器などを利用して適度な湿度が保てる環境を作りましょう。

人は自分で体調を管理する事ができますが、ペットは自分でエアコンを調整する事ができません。飼主さんが大切なペットの変わりに体調管理をしてあげましょう。


おわりに
風邪というとつい軽視しがちですが、人とペットの風邪は異なるものです。早く治療を開始しないとみるみる衰弱して悪化してしまうこともあります。
感染するウイルスの種類は異なりますが、部屋の空気の入れ替え、湿度や温度を管理するなどの生活環境を見直す事で、飼い主さんとペットともに感染を防ぐ事が出来ます。また、日頃から健康管理もしっかり行ってウイルスの抵抗力をつけておき、風邪をひかないように心がけてください。

キーワード

犬 猫 風邪 インフルエンザ 鼻水 咳 くしゃみ