獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 愛犬の破壊行動に困っていませんか?【しつけ・行動・マナー 】

しつけ・行動・マナー

愛犬の破壊行動に困っていませんか?【しつけ・行動・マナー 】

人間社会においてワンちゃんの「かじる」行動は問題となります。高い家具やコンセント、育てていた観葉植物をかじることもワンちゃんにとっては遊びの一種です。飼い主さんにとっては悩みの種ですね。破壊行動の原因として考えられる事とは?


どうして破壊するの?  
ワンちゃんにとって「かじる」という行為はごく当たり前な行動です。口を使いおもちゃで遊ぶ、周りの環境を探るということは本能のままだといえます。
仔犬は生後3ヶ月から7ヶ月の間に、乳歯から永久歯へ生え変わります。この時期に色々なものに興味を持ち、何でも噛んでしまいます。
しかし、人間社会においてワンちゃんの「かじる」行動は問題となります。高い家具やコンセント、育てていた観葉植物をかじることもワンちゃんにとっては遊びの一種です。飼い主さんにとっては悩みの種ですね。また、「かじる」行動が大事故につながることも考えられます。


破壊する行動で考えられることは? 
・十分な運動量が必要な犬種なのに、満足な運動が出来ていない場合。
・もともと神経質なワンちゃんなのに飼い主さんが気付かず、ストレスが溜まっている場合。
・仔犬の時に正しいしつけを行わず、吠えるたびに要求を聞き入れ甘やかし、飼い主さんがリーダーシップをとっていなかったために、ワンちゃんが飼い主さんを「リーダー」と認めず飼い主さんより上位であると勘違いする。


このように様々な原因が考えられます。


破壊癖を防ぐためには? 
ワンちゃんにとっては噛んで良いもの、悪いものの区別はつきません。壊されたくない物は近くに置かず、仔犬の時から噛んでいいものを与えましょう。しつけグッズはたくさん市販されるようになりました。ここで一つご紹介します。
「噛んでもいいもの」を教えるために、コングや長い時間遊べるおやつなどを与えるのも良いでしょう。コングは中におやつが入れられるようになっているので、中のおやつを取ろうと一生懸命噛むので、遊びながらしつけをし、さらに退屈しのぎにもなります。また、噛むことでストレス解消になります。
このようにして、噛んでも良いもの悪いものを教えていくのです。


仔犬の甘噛みと同じ?
仔犬の時期の甘噛み行動も、破壊癖につながる行動だと考えられます。甘噛みをそのままにしておくと、仔犬は噛むことを「良し」と思い込みます。甘噛みをやめさせるには、噛んだ時に手で口が開かないように握ります(マズルコントロール)。握る時は力を入れずにつかみますが、手のひらでワンちゃんの鼻をふさがないように注意しましょう。
また、噛まれた場合はすぐに手を引かずに奥に手を入れます。仔犬が嫌がって自分から指を出そうとするでしょう。ただし、奥へ突っ込み過ぎないように注意しましょう。嫌がって出そうとしたら、出してあげます。これで噛むと嫌なことがあると覚えていきます。


おわりに
叱るときは、ワンちゃんの目を見て大げさに「だめっ!」「いけない!」と低音で言います。叱る時はしっかり怒り、誉める時は大げさに誉めます。中途半端に怒ると逆効果になるのでこのメリハリをきちんとつけましょう。
また、叩くことはやめましょう。それがトラウマとなってしまうため、飼い主さんが撫でようとするときも「叩かれる」記憶が戻り、飼い主さんから怖がって逃げ、せっかく築いてきた信頼関係が壊れてしまう事もあります。叱る時は、イタズラの直後にします。時間が経つとワンちゃんは何故怒られたか理解できません。
このように、仔犬のときからしつけをし、ワンちゃん共々快適に暮らせるようにしたいですね。

キーワード

犬 破壊癖 かじる しつけ 甘がみ