獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » ペットのための防災対策【しつけ・行動・マナー】

しつけ・行動・マナー

ペットのための防災対策【しつけ・行動・マナー】

いざという時のための防災対策考えてますか?リュックの中身はこんな感じに。日頃からしておくべきマナーやしつけ。防災訓練に参加しておきましょう。


防災訓練をしておきましょう 
各自治体で行っている動物同伴の防災訓練に参加したり、時間に余裕のあるときは災害に遭ったことを想定して、どのような行動を取ればよいのか家族で事前に訓練しておけば最悪な状況を回避できるかもしれません。

また、災害に備えて飼育場所の安全性を確認しておくことも重要です。室内飼いのペットは、地震で窓ガラスなどが割れると破片でケガをしてしまいます。窓ガラスが割れてケガしない様に、飛散防止フィルムを貼っておくと安心です。

突然の地震に備えて、室内の落下物からペットを守る方法と退避場所も考えておくとよいでしょう。崩れにくい押入れや家具と壁の間などに、ハウスやクッションを置いて逃げ場所を確保したり、スムーズに避難ができるように、玄関・廊下を普段から片付けておくことが大切です。屋外飼育のペットについては、地震による落下物やブロック塀の倒壊を考慮して飼育場所を決めましょう。


災害時の持ち物を用意しておきましょう 
災害など非常時はペット用品が特に手に入りにくくなります。いざというときのために持ち物を用意しておきましょう。

【ジャンプ障害】
 ・ハードル
  指定の高さに設定された棒を飛び越える、人間の棒高跳びのようなものです。
 ・ロングジャンプ
  三角の長い板「エレメント」と呼ばれるものを組み合わせた物を飛び越える、幅跳びのようなもの
  です。
 ・タイヤ
  タイヤの輪の中をジャンプして飛び越えます。

【餌・飲用水】
 緊急時のためにフードと飲み水を最低1週間分は予備の器とともに用意しておきましょう。フードは食べ慣れている保存のきくものがよいでしょう。

【移送用具】
 ケージ、キャリングケース、バスケットなど、安全に移送するための用具を1匹につき1個は用意しておきましょう。

【マイクロチップ・鑑札・名札】
 万が一、行方不明になってしまった場合に備えて、マイクロチップ(体内に入れるワンちゃんやネコちゃんの身分証明で注入は動物病院で行っています)を埋め込んだり、迷子札をつけておきましょう。

【飼育メモ】
 生年月日、鑑札番号の控え、予防注射・ワクチンの接種歴、病歴、去勢避妊手術の有無、かかりつけの獣医さんの名前のほか、餌の好みや健康状態、日々の運動量の目安などを飼育メモとして記入しておけば、誰かにペットの世話を頼まなければならないときにとても役立ちます。
 また、飼い主さんと一緒に写っている写真があれば所有権の混乱が生じた際の証明になります。飼育メモと一緒に写真も保管しておきましょう。

【薬、その他】
 災害によるペットの怪我に備えて、消毒薬や化膿止め、ガーゼ、包帯を用意しておきましょう。慢性の病気で決まった薬を飲んでいるペットには予備の薬を最低1週間分は用意しておきましょう。緊急用品として、予備の首輪やリード(引き綱)、猫用ネット、トイレ砂(少量)、ペットシーツや古新聞、タオルなどをひとまとめにして備えておけるといいですね。


クレートトレーニングをしておきましょう
クレートトレーニングとは、クレート(屋内で使用することを目的とするハウス全般)を用いたトレーニングのことです。

ワンちゃんが病気になって入院を余儀なくされた時や、旅行する時(飛行機やフェリー)などには、クレートが必要になります。そういう場合に、ワンちゃんがクレートに慣れていないと、それでなくても異なった環境に置かれるわけなので、ますます不安になり、ストレスを与える事にもなりかねません。

また、子犬の時期に、室内のトレーニングが出来ていない場合には危険なものから(電気のコードや薬品等)守ってあげる方法としても使えます。

ワンちゃんは狼の習性を多く残しており、巣穴は彼らにとって安心できる快適な場所ですので、小さい頃からクレートに慣れておけば、ワンちゃんにとっても快適な場所となります。クレートトレーニングにおいて、最も注意する点は、決してクレートの中でしかったりしてはいけない事です。クレートはワンちゃんにとって快適な安心できる場所であって反省する部屋ではありません。


おわりに
大きな災害などに遭ってしまうと、動物よりも先にパニックになってしまう飼い主さんも多いと思います。災害が起こったときこそ飼い主さんが冷静に状況を把握し、適切な行動を取る事ができれば最悪な状況も回避する事が出来ます。
突然襲う災害に冷静に対応できるように防災訓練などには進んで参加しできるかぎりの準備をしておきましょう。

キーワード

犬 猫 防災訓練 クレートトレーニング ハウス 訓練 災害