獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 犬の毛質についてのお話【動物まめ知識】

動物まめ知識

犬の毛質についてのお話【動物まめ知識】

アンダーコートと言うのは下毛の事で柔らかい毛です。オーバーコートは反対に上毛の事を言います。カーリーヘア、スムースヘア、ロングヘア、ワイヤーヘアなど、犬のいろいろな毛質をみてみましょう。


毛の種類とお手入れについて知ろう 
愛犬がどの毛の種類に当てはまるかチェックしてみましょう。

【ロングコート】
 ミニチュアダックス(ロング)のような毛の長さからアフガンハウンドのようにとても長い毛をロングコートと呼びます。同じ意味の言葉でロングヘアードとも言います。
 ロングコートのワンちゃんは日々のお手入れが大切になってきます。定期的にスリッカーやピンブラシ、コームなどでブラッシングを行わないと毛がもつれてダンゴ状態になってしまいます。こうなるとプロの方にお願いしないと、逆にスリッカーなどでワンちゃんの皮膚を傷つけてしまいます。
 また、中にはラッピングと言って、ラップ用紙で毛を包むことによってワンちゃんの毛を保護する方法があります。もし行う場合はゴムでラップ用紙をとめる際、皮膚を一緒にとめないことが大事です。

【スムースコート】
 ミニチュアピンシャーやミニチュアダックス(スムース)のようにツルツルに近い子からジャックラッセルテリアのようにある程度の長さがある毛を言います。同じ意味の言葉でスムースヘアとも言います。
 短くまっすぐな被毛が生えています。この毛はロングコートに比べお手入れがかなり楽です。ただ、毛が短いので関節部分の毛が傷みやすかったりします。ロングコートに比べ毛が抜けやすいので対策として洋服など着せるのもいいでしょう。

【ワイヤーコート】
 ワイヤーフォックステリアなどのテリア種やシュナウザーなどに見られます。同意語でワイヤーヘアードとも言います。バリバリとした硬い毛質の上毛を持っています。
 テリア種でこのように硬い毛質にするにはプラッキングと言い、トリミングナイフで毛を抜く必要があります。

【カーリーコート】
 代表的な犬種にプードルがいます。他にもベドリントンテリアがいます。くるくると巻いた毛が特徴です。
 この犬種も手入れを怠るともつれに繋がるのでブラッシングが必要になってきます。シャンプーし、綺麗に乾かすとカットがしやすいので、様々なカットで楽しむことが出来ます。


ほかにどんな毛の種類があるの?
他によく聞く「コート」と言う毛の種類は、アンダーコートやオーバーコートと呼びます。

アンダーコートと言うのは下毛の事で柔らかい毛です。柴やハスキーなど毛が密集しているワンちゃんに見られ、ほわほわした毛が抜けかけているのを見たことはありませんか? この下毛をブラッシングで取っておかないと毛玉になりやすくなってしまいます。

オーバーコートは反対に上毛の事を言います。同じ意味でトップコートとも言います。こちらはアンダーコートと違い硬い毛質です。

この2種類のコートを持つワンちゃんをダブルコートと言います。換毛期に毛が大量に抜けるワンちゃんです。コーギーや柴、ポメラニアン、レトリーバー種、ハスキーがこれにあたります。

一方、トップコートしか持たないワンちゃんのことはシングルコートと言います。シングルコートのワンちゃんは換毛期がありません。ヨーキー、マルチーズ、シーズーやプードル、アフガンがこれにあたります。ヨーキーやマルチーズなど毛の柔らかい犬種はスリッカーでブラッシングをしてしまうと毛が切れてしまうので、毛を伸ばしたいと考えている飼い主さんはピンブラシや獣毛ブラシでブラッシングするといいでしょう。

また、中にはヘアレスと言って最初から毛の生えていないワンちゃんがいます。チャイニーズクレステッドなどがいます。毛のないワンちゃんなのでブラッシングの必要はさほどありません。頻繁にお風呂に入れて清潔にしますが、肌が敏感なので刺激の少ないシャンプーを選んでください。


おわりに
このようにワンちゃんには様々な毛質があり、それぞれお手入れの方法も異なってきます。これからワンちゃんを家族に迎えようとしている方もただ可愛いからと言うだけでなく、お手入れの方法も知っておくとより一層ワンちゃんとコミュニケーションが取れるようになりますよ。

キーワード

犬 毛質 スムースコート ワイヤーコート カーリーコート ロングコート