獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 犬と猫ってどれくらい違う?【動物まめ知識 】

動物まめ知識

犬と猫ってどれくらい違う?【動物まめ知識 】

知っているようで知らない犬と猫の違いについてお話します。祖先は?性格は?歯の数は?繁殖は?食べ物は?調べてみると結構面白いです。


ワンちゃんについて 
まず、ワンちゃんについて詳しくお話したいと思います。

【ワンちゃんの祖先は?】
 犬の祖先はオオカミやコヨーテ、ジャッカル、ディンゴと言われていますが、東アジアで家畜化されてオオカミが犬の祖先であるという説が有力です。

【体の大きさ】
 犬の体の大きさは様々で、小さな子では1kgあたりのチワワから大きくなると80kgくらいのセントバーナードにもなります。

【寿命は?】
 長生きの子は15年以上生きるワンちゃんもいます。

【繁殖について】
 女の子は、年2回単発的に発情し、1回の長さは平均して約2週間です。(個体差により1週間で終了する子もいれば2週間以上になるワンちゃんもいます。)妊娠期間は約63日です。生まれてくる頭数は母犬の大きさによって様々ですが、大型犬は10頭近く生まれることもあります。

【嗅覚、視覚、聴覚について】
 まず嗅覚についてですが、嗅細胞の数が人間が約500万個に対し犬は2億個以上と言われてます。視覚は、夜行性で日中は視力と色覚は人間に劣ります。また、聴覚は高音域で訓練などでは犬笛と呼ばれる人間には聞こえない笛を使って行う方法もあります。

【老化について】
 大型犬と小型犬では老化の早さも違い、大型犬の方が老化が早いと言われています。


 また、犬には頭の形を大きく3種類に分ける事ができます。短頭種はシーズーやパグ、ブルドッグなどで中頭種はレトリーバー種やスパニエル種で長頭種はハスキーやコリーです。


ネコちゃんについて
次にネコちゃんについてお話したいと思います。

【ネコちゃんの祖先は?】
 猫の祖先は中近東のヤマネコと言われており、現在の品種は約40種です。

【体の大きさ】
 猫の体の大きさは、およそ体長50〜60cmで体重はオス猫で約2.5kg〜7.0kg、メス猫は約2.2kg〜3.0kgです。また、猫は短毛種と長毛種に分かれています。

【寿命は?】
 寿命は外猫はトラブルや事故があり短命の子もいますが、家で飼っている猫は15年以上生きる子もいます。


ワンちゃんとネコちゃんの違いを知ろう!
犬は群で生活する動物なので、単独で生きることを嫌う一方、家族の中で順位つけをします。犬は、上下関係をとても重視する生きものです。犬を飼ってまず最初に「自分が家族の中で一番下」だという事を教えておかないと、しつけをする時など苦労してしまいます。子犬の時にしっかりとしつけを行えば最高のパートナーとなるでしょう。

猫は反対に自立型で、一人でいても平気です。複数で飼っていても、特にリーダーというものは存在せず、人のこともリーダーだとは思ったりしません。

お手入れについてですが、犬は定期的に洗ってあげる飼い主さんが多いと思いますが、猫は自分で毛づくろいをするのでシャンプーの必要はさほどありません。犬より猫の方が水を嫌います。


他にも犬と猫の違いは色々とあります。
【ニオイ】
 犬には体臭が多少ありますが、猫には体臭がほとんどありません。これは、猫の方が「待ち伏せ」して獲物を捕らえるため、自らの存在を消すことが必要なためです。

【歯の形】
 犬の歯は奥歯が尖ってないのに対し、猫の歯は全てが鋭い。

【縄張りや食事】
 犬は雑食に近い肉食ですが、猫はかなり肉食です。必要な栄養素の量が異なるため、犬にキャットフード、猫にドッグフードをあげるのは良くありません。

【水を飲む量】
 犬のほうが多く、猫は少ないのが特徴です。これは猫が砂漠で暮らしていた名残と言われていますが、あまり水を飲まないため尿が濃くなり尿石症になってしまう猫もいます。


おわりに
生物学上では大きな違いがありますが、ペットとして飼うのはどちらも素敵なパートナーとなると思います。

これからワンちゃんやネコちゃんを飼う予定がある方は、自分にはワンちゃんとネコちゃん、どちらが合っているかな? と少し考えてから飼うとより素敵なパートナーになれるかもしれませんね。

キーワード

犬 猫 集団 自立 祖先