獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 愛犬と川や海に行ってみよう【飼い方】

飼い方

愛犬と川や海に行ってみよう【飼い方】

夏!犬はたいてい水が好きです。
飼い主さんも水辺に行くなら愛犬も連れて行ってみたいですね。
でも今まで泳がせた事ってありましてっけ?
ワンちゃんを川や海へ連れて行く前後の注意点などお話ししたいと思います。



★犬ってみんな泳げるの?★
初めて泳ぎに行ったワンちゃんでもすぐ泳げる子と泳げない子がいます。泳ぎの得意な犬種として知られているのはラブラドールなどのレトリーバー系です。

胸の深いワンちゃん(アフガンやボルゾイ)は立ち泳ぎになってしまう為、溺れてしまう子もいます。ダックスフンドなど足の短い子も犬掻きが苦手な子が多いようです。また、水を怖がるワンちゃんも多いので、自宅にビニールプールがある場合はそれで水に慣れさせるのも良いかもしれませんね。

初めて泳ぎに行く場合は犬用のライフジャケット(浮力のあるもの)をワンちゃんに着せると良いでしょう。無理に水へは入れず、最初は水際で遊び段々慣れてきたらおやつやおもちゃを使って遊ぶといいでしょう。

ボールを使う場合は少しずつ遠くに投げるようにしましょう。深い所まで行けるようになったら、飼い主さんはワンちゃんのお腹を支えてあげましょう。そうすると泳ぎやすいので溺れる心配がありません。(この時、ワンちゃんを縦に抱えないようにしましょう。)

泳ぐ際、リードを着けたままだと絡まって溺れてしまう事があるので、ノーリードにします。あらかじめ呼び戻しができるよう、日頃から訓練しておきましょう。


★川で泳ごう★
川で泳ぐ時は水だけではなく、川底にも十分注意しましょう。とがった石が多い川岸で浅瀬を走るとパッド(肉球)を痛めてしまいます。ある程度水に入って遊ぶようにしましょう。

また、上流ダムの放流や危険区域の下調べを行い安全で楽しく遊べるようにしましょう。おもちゃで遊ぶ時は、上流へおもちゃを投げましょう。そうするとおもちゃが流れて来るのでワンちゃんが流される心配が減ります。もし、ワンちゃんが流されていると感じたら飼い主さんは慌てずに下流に先回りしましょう。そこから名前を呼んだり、おもちゃで気を引くようにしましょう。


★海で泳ごう★
ワンちゃんを海に連れて行く時は、小さい子供の少ない海水浴場や時間帯を見計らって行くと良いでしょう。犬を泳がせてよいか確認した上で、泳ぐ場所は海水浴場の一番端がいいでしょう(対人的トラブルを避けるため)。

遊ぶ時間帯は早朝や夕方(15時〜16時以降)がいいですね。また、周りの人達が遊んでいる浮き輪やビーチボールに注意してください。(ワンちゃんが飛びついて穴を開けてしまったり、壊してしまう可能性があるため)泳ぐ場所は波打ち際よりある程度の深さ(人間は足が届く深さ)がいいと思います。

また、海や川では犬が苦手な人や釣りをしている人もいますので、むやみにワンちゃんを放さず、人が居ないことを確認してからリードを放しましょう。排尿、排便した際は後片付けもしっかりしましょう。

海や川へ泳ぎに行く前には、いつも食べている量より少な目のフードを与えます。多く与えると吐いたり、下痢をしてしまうことがあります。


★泳いだ後は…★
海や川でたくさん泳いだ後は、目を水や生理食塩水などでよく洗い流します。体も真水でよく洗いましょう。洗い流す時は防水シートをひき、その上に吸水性シートを広い範囲に引いておき汚れてもいいようにします。予備用のリードや首輪、ワンちゃん用のタオルを多めに用意しておくと安心ですね。

泳ぎ終わったらエネルギー補給に軽めにおやつやハチミツ水をあげるのもいいでしょう。中にはお腹が冷える子もいますのでいつもより頻繁にトイレタイムをとってあげましょう。

家に帰ったらワンちゃんをキレイにします。理想としては被毛が乾く前に洗うのがいいでしょう。皮膚からしっかり洗い、砂やゴミを落とします。自宅で洗うのが困難な子はあらかじめペットショップに予約をしておくといいですね。足裏を見て、ケガや火傷をしていないか確認します。この時、指と指の間もよく確認します。もし、ケガをしていたら獣医さんに診察してもらいましょう。


★おわりに★
ワンちゃんは楽しければ体力のぎりぎりまで遊ぶので、突然溺れてしまうことがあります。休憩はこまめにとるようにしましょう。

ワンちゃんも人間と同じ人工呼吸と心臓マッサージという救命処置を行います。実際起きた場合、なかなか対応できないものですので、日頃から獣医さんの指示を受け、練習しておくといいでしょう。

また、海や川へ遊びに行く時は最寄の動物病院を調べておくと何かあった時に便利です。

これから海や川で遊ぼうと思っている飼い主さんは前述の注意事項をきちんと守り、ワンちゃんと楽しく遊べるといいですね。

キーワード

犬 海 川 泳ぐ