獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » ドッグショーへのお誘い【動物まめ知識】

動物まめ知識

ドッグショーへのお誘い【動物まめ知識】

ドッグショーって聞いたことはあっても見に行ったことはないかもしれません。
そんな方のためにドッグショーとはどんなものか?
そしてドッグショーの楽しみ方、見るポイントなどを紹介します。


★ドッグショーとは? ★

ドッグショーとはJKC(ジャパンケネルクラブ)などの純血種の登録を行う団体が主催しているもので、その犬種のスタンダード(犬種標準)を元に比較、審査を行います。

ショーでは審査員がスタンダードと照らし合わせながら目の前のワンちゃんを審査します。わかりやすく言うとワンちゃんの「品評会」ですね。犬のスタンダードは犬種の理想像として多くの愛犬家達の手によって長い年月かかって作り出されてきました。犬のブリーダ−(繁殖家)の発表の場を設け、参加犬の評価を行うことで品種の向上を図る目的で行われているものです。

ショーで優秀な犬としての評価を受けるためには、姿の美しさだけでなく、スタイル、歩き方、品位なども要求されます。しかし、審査員も人間ですから評価が好みに左右される危険性もありますね。そこでできるだけ公平な判断が下されるよう複数の審査員によって審査されています。


★審査はどのように行われるの?★

第1グループ(牧羊犬・牧畜犬)…シープドッグ、コリー、コーギー等。
第2グループ(使役犬)…シュナウザー、ブルドッグ等。
第3グループ(テリア)…ウェスティー、ヨーキー等。
第4グループ…ダックス各種。
第5グループ(日本犬・スピッツ)…日本犬、ポメラニアン等。
第6グループ(嗅覚ハウンド)…ビーグル、ダルメシアン等。
第7グループ…ポインター、セター各種。
第8グループ(鳥猟犬)…レトリーバー、スパニエル各種。
第9グループ(愛玩犬)…チワワ、マルチーズ、プードル、シーズー等。
第10グループ(視覚ハウンド)…アフガン、ボルゾイ等。


★審査のポイントは?★

1 タイプ(犬種に特有な特色)
その犬種に特有な特色がよく現れているかどうかを審査するもの。その犬種に求められている体型、性質など基本的な特質を持っているかどうかを審査します。

2 クオリティ(犬種の特質の洗練さ)
タイプで表現された犬種の特色がより充実し洗練されているかどうかを審査します。

3 コンディション(健康状態、精神状態)
ショー当日の体調、毛ヅヤ、肉付き、目の輝き等健康状態や精神状態を審査します。ショーに向けての調整が必要です。また移動や会場の雰囲気に慣れている事も必要になります。

4 サウンドネス(健全さ)
精神的、肉体的な健全性を審査します。肉体的には、噛み合わせ、骨格、被毛などが視審(目で見ての審査)、触審(体を触ってみての審査)を交えながら評価されます。
精神的には親しみのある性格や家庭犬としてふさわしいかどうかや、犬種として要求される性格(堂々としている、機敏であるなど)が、満たされているかどうかなどが評価されます。

5 バランス(全体の調和)
全体の調和を審査します。各部分の魅力が全体のバランスを損なうことなく発揮されている事が必要とされます。ハンドラー(リードを持つ人)は長所をアピールし、短所をカバーして見せます。性格面と行動面の調和も必要とされます。

6 キャラクター(ひときわ輝く魅力)
ドッグショーの会場で他のワンちゃんと歩く時でも、一際目立つような魅力のあるワンちゃんの事を言います。際立ってショーマナーが良いなども評価の対象になります。
ドッグショーでは立ち姿だけでなく、用意された円形の会場を何周かして見せるので、美しい歩様、ハンドラーとの調和も必要になります。


★ドッグショーに出る時、年齢は関係あるの?★

ドッグショーでは年齢やクラスに分かれて審査が行われます。

ベビークラス  4ヶ月1日〜6ヶ月
パピークラス  6ヶ月1日〜9ヶ月
ジュニアクラス 9ヶ月1日〜15ヵ月
ヤングクラス  15ヶ月1日〜24ヵ月
アダルトクラス 24ヶ月1日〜
チャンピオン  タイトル獲得犬


★オスとメスは別々に審査されるの?★

各グループの中からオス、メスの各BOB(ベストオブブリード)を審査員が選び、選ばれたオスはKING、メスはQUEENとなります。KINGになれなかったオスはR.KING(リザーブキング)メスはR.QUEENとなります。
2頭選ばれ、KINGとQUEENに選ばれた犬のどちらが、行われたショーの中でのBIS(ベストインショー)となります。


★ドッグショーはどのくらいの頻度で開催されるの?★

ショーは全国で行われ、ほとんどが土日に開催されています。
日程はJKCの公式サイトに書いてありますので、近場で開催される時は一度会場に足を運んで見るのもいいかもしれませんね。


★ドッグショーの楽しみ方★

ショーでは普段見る事の出来ない犬種や、犬種本来のカットを施された犬達がいます。普段から手入れされたワンちゃん達はとても綺麗でカッコイイ姿をしています。カットの仕方には流行もあり、上手に手入れされたショードッグ達は普段のお手入れの参考になるかもしれません。

優勝するワンちゃん達はマナーも良いものです。審査員に全身を大人しく触らせている姿、美しい歩様でハンドラーを見上げながら歩く姿はしつけのお手本にもなりますね。

うちの子太りすぎ?といった疑問も優秀とされるショードッグを参考にしてみましょう。

その他のドッグショーの楽しみ方として、自分の家で飼っているワンちゃんの犬種からお気に入りの子や、同じ犬舎出身のワンちゃんを探してみるのもいいでしょう。「あ、あの子うちの子に似てる」なんて言っていたら実はお父さんが一緒だった…などということがあるかもしれません。

飼っている愛犬を連れて行くこともできますが、ショーに出るワンちゃんとは接触させないように注意しましょう。

様々なコンテスト(写真や絵のコンテストなど)を同時開催している事もありますし、飼い主さん同士で色々な情報交換をするのも楽しみの一つとなりそうです。

また、会場では色々な商品が売っています。たくさんのグッズやシャンプーなどが特売されている事もありますし、ショードッグ用のリードや頭につけるリボン、トリマーさん用の鋏など、他では手に入りにくい商品も置いてあります。商品目当てで会場に行くのも楽しいものです。


★一番大きなドッグショーは? ★

日本で一番大きなショーは東京ビッグサイドで行われている「FCI アジアインターナショナル」と言うショーです。2日間にわたって行われます。
他にも全犬種クラブ展やクラブ連合会展、FCIインターナショナル、単犬種展など色々なショーがあります。


★おわりに★

ドッグショーへ足を運ぶと、普段見かけることのできないワンちゃんと出会えたり、飼い主さん同士のコミュニケーションの場としても新鮮だと思います。実際にショーへ参加するのは無理だけど、一度見に行きたい。という方は、愛犬と一緒にぜひ足をお運びください!

今まで知らなかった世界が広がっているかもしれませんよ!

キーワード

犬 ドックショー 審査 ブリーダー 犬種