獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 飛びつき癖をやめさせる 【しつけ・行動・マナー】

しつけ・行動・マナー

飛びつき癖をやめさせる 【しつけ・行動・マナー】

ワンちゃんの問題行動の一つに飛びつきが上げられます。
大型犬が人に飛びつくことが非常に危険であることは容易に想像ができますが、小型犬でも、飛びつかれた拍子にびっくりして転んでしまい、大きな事故になってしまう例もあります。過去には飛びつかれたお年寄りが骨折をして寝たきりになってしまい、訴訟問題になってしまったこともあるくらいです。
今回は犬が飛びつくのはなぜなのか、またその対策方法をお話したいと思います。



★とびつく原因は?★

ワンちゃんが人間に飛びつく主な原因は、好意を人間に示すための行動と考えられます。嬉しくて仕方ない、大好き、かまってほしい、という興奮した気持ちからワンちゃんは飛びついてきます。
また、ワンちゃんは高さで優位性を示しますので、飛びつくことによって自分の目線を高くし、ワンちゃん自身の優位性を試している可能性も考えられます。


★叱ってはいけません★

飛びつき行動を止めさせるために叱って治そうとする飼い主さんがいらっしゃるかもしれませんが、これは逆効果です。
上記で説明した通り、ワンちゃんは嬉しくて飛びつき行動をおこします。これを叱ってしまうと、その好意自体を否定したことになってしまい、臆病な性格になってしまうかもしれません。
また、声をかけたり、落ち着かせようとしてワンちゃんをなでたりしてもいけません。これはワンちゃんからすればかまってもらえた事になりますので、飛びつきの行動はますます強化されていきます。


★無視する事が効果的★

それでは飛びつき行動はどのようにやめさせれば良いのでしょう。
飛びつき行動をやめさせるためには、まず興奮状態にあるワンちゃんの気持ちを落ち着かせることが肝心です。
ワンちゃんが飛びついてきたときは、リアクションをとらずに無視をしましょう。しつこい場合にはくるりと背中を向けたり、知らん顔をしてその場を一時立ち去ってしまってもよいでしょう。そして興奮がおさまり落ち着いてきたら、たくさんほめるようにしましょう。ワンちゃんは飛びついてかまってほしいという思いがあるので、飛びついてもかまってもらえない、逆に飛びつかなくてもかまってもらえるということを教えてあげればよいのです。
お客さんが来たときも、飛びつくワンちゃんをしばらく無視して、落ち着いてから遊んでもらうよう、あらかじめお願いしておきましょう。


★オスワリとマテを教えましょう★

無視する以外の方法として、しつけで使用するオスワリやマテを教える事も効果的です。
飛びつきに限らず、オスワリやマテはワンちゃんを冷静にさせる手段としても使用されますし、オスワリの姿勢からいきなり飛びつくことはできません。
すでにオスワリとマテができるワンちゃんはそのまま使用すれば良いですが、まだ覚えていないワンちゃんは、時間がかかってしまうかもしれませんが、この期に教えてみてはいかがでしょうか。
飛びつき行動だけに限らず、しつけをするためには飼い主さんとワンちゃんとの信頼関係がしっかりしていなければなりません。ワンちゃんが飼い主さんの言う事を聞いてくれないのは、ワンちゃんが飼主さんをリーダーだと認めていない事になりますので、日頃からのワンちゃんとの接し方が重要です。オスワリやマテを覚えてくれるまでにはかなりの根気が必要ですが、ワンちゃんと我慢比べをするような気持ちで取り組んでください。


★どうしても治らない場合はリードを付けましょう★

無視してもなかなか治らないという飼い主さんは、リードで動きを制限する方法もあります。
飛びつこうとした瞬間に、リードをふんづけて短くしてしまえば物理的に飛びつきたくても飛びつけなくなります。
また、来客時にはリードをつけて犬の動きを制限します。リードをつけたままお客さんと対面させ、少し時間がたって犬が落ち着いてからリードをはずすようにすれば、トラブルを避けることもでき、自然に治る可能性もあります。


★おわりに★

友好的な性格のワンちゃんは、犬好きの人であればその歓迎ぶりを喜んでくれるかもしれませんが、ワンちゃんが苦手な人ならば、もしワンちゃんが飛びついてくれば余計に恐怖心を与えてしまいます。ケガをさせないまでも、飛びつかれて洋服を汚されてしまうのも、相手にとっては気分のよいことではありません。
大きな問題になってしまうと、大事なワンちゃんまで不幸になってしまいます。
友好的すぎるのもトラブルのもとになる可能性があり、日頃からのしつけでこのトラブルを防ぐ事ができるという事を飼い主さんが十分に理解しておいてください。

キーワード

しつけ 飛びつく ジャンプ 犬 イヌ