獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » スタッドテイルについて [皮膚]

皮膚

スタッドテイルについて [皮膚]

ネコちゃんの尻尾の付け根が汚れていて、さわるとあぶらっぽくベタベタとしている。ちゃんと拭き取ってもまたすぐに汚れてしまう。それはもしかしたらネコちゃん特有の皮膚病、スタッドテイルかもしれません。


☆しっぽの分泌腺☆

ネコちゃんの尻尾の付け根の背中側には皮脂腺、アポクリン腺と呼ばれる分泌腺が発達しています。この分泌腺はにおい付けとして使われるもので、特に去勢をしていないオスのネコちゃんで発達しています。におい付けとは、通り道などに自分のにおいをつけて、ボクはココを通りましたよ! ということを示し、後からきた別のネコちゃんがそれを嗅ぐことによって、ふうん、自分以外にもこんなヤツがここで暮らしているのか。と知るネコちゃん同士の情報交換です。よくご機嫌なネコちゃんが人の足にスリスリしているのを見たことのある方も多いと思いますが、あれもにおい付けのひとつで、顔のひげの根元から出ている分泌腺を擦りつけて、この人はボクのお友達ということを示しているのです。


☆スタッドテイルとは☆

このしっぽの分泌腺が何らかの理由で過剰に分泌している状態が、スタッドテイルです。あぶらが大量に分泌されるため、その部分の毛はベタベタに固まり、あぶらっぽいきついにおいがすることもあります。汚れがつきやすくなるため、毛を掻き分けると黒っぽいワックス状のものが皮膚にべったりとついているのがよく観察されます。あぶらと汚れで毛穴が細菌感染をおこして皮膚炎になってしまうこともあり、そうなると皮膚が鋲(びょう)を打ったように凸凹になってしまうことから、スタッド(鋲)テイルという名前が付けられました。


☆どんな子にできやすいの?☆

しっぽの分泌腺は去勢をしていない若いオスで発達しているため、これらのネコちゃんでもっともよくみられます。またペルシャやチンチラといった長毛種のネコちゃんで起きることが多いと言われています。


☆どんな症状なの?☆

飼い主さんはしっぽがあぶらでベタベタしていることで気が付きます。皮膚炎をおこしていると、その部分が痛かゆくなり、ネコちゃんは気にしてしきりに舐めたり噛んだりします。毛は次第に抜けてしまい、細菌感染をおこすと皮膚は赤く腫れ、化膿することもあります。


☆治療法は?☆

スタッドテイルは原因がよく分からない事が多いため、根本的な治療はありません。ただ、男性ホルモンが関与している事が多いため、若いオスのネコちゃんに見られる場合は去勢する事も治療法の一つとなります。
一番大切なことは表皮のあぶらを取除いて患部を清潔にする事です。ベタベタになってしまった毛はハサミで刈り取って、抗脂漏性シャンプーでこまめに洗います。細菌感染をおこしている時には抗生物質の飲み薬を使うこともあります。


☆ネコちゃんのシャンプー法☆

ネコちゃんはふだん、毎日自分で体を舐めてきれいにしているため、特にお風呂に入れる必要はありません。そもそも体を濡らす事が苦手なので、基本的にお風呂が嫌いです。   
しかし、スタッドテイルの治療のように、どうしてもシャンプーが必要な場合には、なるべく手早く済ませるようにしましょう。

【準備】
ネコちゃんを濡らす前に必要なもの(薬用シャンプー、柔らかいスポンジ、大きなバスタオル、ドライヤー)をお風呂場と脱衣場にまとめておきましょう。
シャワーの適温は人のお風呂よりもややぬるめです。出だしは温度が安定しない事が多いので、あらかじめ少し出しておいて、一定の温度を保つようにしましょう。

【手順】
まず患部をお湯でよく流し、お湯で取れる汚れを洗い流します。
皮脂を除去する力の強い薬用シャンプーを使ってよく洗います。患部以外の場所にシャンプーがつかないように、小さ目の柔らかいスポンジにシャンプーをつけて洗うとよいでしょう。
そのあとよくすすぎます。せっけん分が残っているとそれがまた皮膚炎の原因となるため、しっぽの下側までよくすすぎましょう。
逃げられないように、お風呂場で十分にタオルドライをします。皮膚炎をおこしている場所は皮膚が弱くなっていて痛みがあるため、こすらずに上からそっと押えるようにして水分を吸い取りましょう。
ドライヤーで乾燥させます。ほとんどのネコちゃんはドライヤーが嫌いなので、逃げられないように、できれば一人が押えてもう一人がドライヤーを使うようにしましょう。このときドライヤーの熱風で皮膚が熱くなり過ぎないように十分に気をつけましょう。


☆おわりに☆

スタッドテイルは比較的よくみられるネコちゃんの皮膚病ですが、ネコちゃんはそのざらざらした舌で舐める事によってちょっとした皮膚病でも悪化させてしまう事がほとんどです。ネコちゃんの場合、ちょっとした皮膚の変化でも見逃さずになるべく早く動物病院で診察をうけることが大切です。

キーワード

皮膚 猫 ネコ 尻尾 しっぽ 尾 かゆみ