獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 肛門周囲腺腫について [腫瘍]

腫瘍

肛門周囲腺腫について [腫瘍]

最近はペットも高齢化がすすみ、腫瘍を発症する割合が増えてきました。かつて腫瘍は不治の病というイメージでしたが、早期に発見し、早期に治療を行えば完治するものも少なくありません。特に皮膚の表面に出来た腫瘍は飼い主さんにも見つけやすく、早期発見できるものが多くあります。ワンちゃんのお尻の周りにできる、肛門周囲腺腫もそんな腫瘍の一つです。


☆どこにできるの?☆

もともとワンちゃんのお尻の穴の周りには肛門周囲腺と呼ばれる分泌腺があり、主に皮脂を分泌しています。この腺が腫瘍化してしまったものが肛門周囲腺腫です。通常は肛門付近の毛の生えていない部分に黒っぽいつるんとした小さなしこりとして見つけることが出来ますが、まれに毛の生えている場所や尻尾の部分などにもできることがあります。また、一ヶ所だけではなく、数ヶ所同時に発生する事もあります。


☆どんな子にできるの?☆

多くは歳をとった去勢手術をしていないオスのワンちゃんに見られます。男性ホルモンが関係している腫瘍のため、若い頃に去勢をしてしまったワンちゃんやメスのワンちゃんにはほとんど発生しません。


☆よく似ている違う腫瘍に要注意☆

同じような場所にできる腫瘍で、メスのワンちゃんに見られるときは要注意です。アポクリン腺癌といって、悪性の腫瘍である場合があるからです。良性の肛門周囲腺腫はその部分だけを小さなうちにすべて取除いてしまえば直りますが、悪性の癌は見た目が小さくても完全に取除く事が難しく、体のほかの部分に転移している事もあるため、治療は非常に困難となります。


☆そのままにしておくとどうなるの?☆

良性の腫瘍であっても、もしそのままにしておくと、腫瘍は徐々に大きくなり、しまいには腫瘍の表面の皮膚が破れて出血し、潰瘍のようになってしまいます。汚れやすい場所なので、細菌感染をおこしてしまうと化膿してしまうこともあります。また大きなしこりが肛門を塞ぎ、うまく排泄できなくなることもあります。
大きくなればなるほど、切除する事は難しくなり、切除の際に肛門を締める筋肉(肛門括約筋)を傷つけるリスクが高くなります。


☆治療法は?☆

体の表面に出来た腫瘍の場合、治療法は手術で取除くことが主流となります。全身麻酔をかけてメスで腫瘍の部分を大きく切り取るのです。腫瘍の場合、細胞が少しでも残ってしまうとそこから再発してしまうため、しこりの部分ぎりぎりではなく、なるべく周囲・深さ共に大きく切り取ります。しかし、肛門の周りの皮膚は常に伸び縮みできなくてはならないため、皮膚にあまり余裕がなく、皮膚の下はすぐに肛門括約筋があるため、あまり大きく切り取る事はできません。できるだけ小さなうちに手術を行う事が大切です。
通常、腫瘍切除と同時に去勢手術も行います。前に言ったように、肛門周囲腺腫は男性ホルモンと関係があるため、ホルモンの出所である精巣を取ってしまったほうが再発する可能性が少なくなるからです。
外科手術が出来ない場合や、大きな腫瘍を少しでも小さくするためにはホルモン剤を使って、腫瘍を小さくする方法もありますが、根治することは難しいようです。


☆特殊な治療法☆

【凍結療法】
凍結療法とは液体窒素などで皮膚の表面の腫瘍を急激に凍らせて死滅させる方法です。死んだ腫瘍細胞はカサブタのように黒くなって落ちますが、そこから正常な皮膚で覆われて正常な皮膚になるまでに、大きなものだと1ヵ月ちかく時間がかかる治療法です。

【レーザー】
ある種のレーザーを皮膚に照射するとその部分を熱で焼き切ることができます。これが手術用のレーザーメスです。レーザーメスによる外科手術は通常のメスによる切開よりも出血が少なく、術後の痛みも少ない治療法ですが、レーザーを発生させる高価な装置が必要となります。

【放射線療法】
腫瘍が大きくなってしまい外科的には取除く事が困難な場合、部分的に放射線を照射して、腫瘍細胞を死滅させる治療法です。これは正常な細胞よりも腫瘍細胞のほうが放射線に対して敏感である事を利用しています。放射線療法はその治療装置がとても高価であり、操作には高度な技術が必要であるため、ごく限られた病院でしか行う事が出来ません。


☆おわりに☆

肛門周囲腺腫は歳をとった子にでやすい腫瘍で、場所も少し恥ずかしい場所なので、見つけてもしばらくは様子を見る方も多いようです。しかし、そのままにしておくとどんどん大きくなり、切除する事が困難になってしまいます。「高齢の子に麻酔をかけて手術するのはちょっと怖いわ」と思われるかもしれませんが、麻酔法の技術も進歩しているので、見つけたらすぐに動物病院に相談してみたほうがいいでしょう。

キーワード

腫瘍 肛門 皮膚 放射線 治療 悪性腫瘍 良性腫瘍