獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 神経の病気を検査する [神経感覚器]

神経感覚器

神経の病気を検査する [神経感覚器]

たとえば、手がしびれて物がうまくつかめない時、あなたはどうやってそのことをお医者さんに伝えますか? 手のひらの感覚がなくなってしまって、力を入れる事ができません。などと言いますよね。でも、同じことがペットに起こった場合、ペットはそれを動物病院の先生に自分から伝える事が出来ません。外から見ても傷はないのにうまく動けない、痛みがある、といった神経の病気になった時は、特殊な検査を行って先生に見つけてもらわないといけません。神経の検査とはいったいどのようなものなのでしょうか。


★神経の流れ★

神経は頭の中の脳から太い束となって背骨の中の脊髄を通ってしっぽまで伸びています。その途中、背骨と背骨の間からたくさんの神経が出て、細く枝分かれしながら手足の先まで広がり、脳からの指令を伝えているのです。逆に、手や足の先で感じた感覚はその反対方向を辿って、細い神経から徐々に太い束となって脳まで到達しています。
つまり、もしこの神経が途中で切れてしまったり、圧迫を受けた場合、その感覚は脳まで到達する事ができず、脳からの、動けといった指令も届かずに、麻痺している状態となってしまいます。


★神経がダメージを受ける病気★

神経がダメージを受けるペットの病気の代表的なものとして、椎間板ヘルニアがあります。椎間板ヘルニアとは、背骨と背骨の間にクッションの役割としてある椎間板という軟骨が何らかの力によってあるべき場所から押し出されて、背骨の中を通っている神経を圧迫する病気です。圧迫の度合いや持続時間によって痛みやしびれ、無感覚などさまざまな症状がおこります。


★神経を検査する【その1 痛みを検査する】★  

もし、神経が大きなダメージを受けた場合、その神経が分布していた場所はすべての感覚を失ってしまいます。触覚や温度などの感覚のうち、最後まで残るのが痛覚(痛みを感じる感覚)ですが、その有無を調べる検査を、深部痛覚検査といいます。具体的には鉗子のような医療器具で皮膚をはさんで痛がるかどうかで判断します。たとえば指の間の薄い膜の部分をぎゅっとつまんだ時に、もし痛みがあれば痛そうな顔をして、その足をさっとひっこめますが、深部痛覚が消失してしまったら、何も感じることもなくじっとしています。
深部痛覚のなくなった神経は相当なダメージを受けている証拠なので、早急に処置を行わないと元に戻す事は大変難しくなります。


★神経を検査する【その2 反射神経を検査する】★ 

反射とは、頭の中で考えなくても動いてしまう体の反応の事をいいます。皆さんは健康診断で膝のところを柔らかいハンマーでポンと叩かれて、脛がぴょこん、と動いた経験はありませんか? これは自分で動かそうとして動いたわけではなく、叩かれた刺激が神経から脊髄に伝わり、そこから直接折り返して筋肉を動かした脊髄反射(膝蓋骨反射(しつがいこつはんしゃ))の結果です。
このような反射があれば、その神経は機能していることになりますが、もしなければ、その神経の通り道のどこかが傷ついている可能性があります。また、反射をおこしている脊髄よりもさらに脳に近い部分に問題がある場合には、逆にこの反応が異常に敏感になることもあります。


★神経を検査する【その3 姿勢反応をみる】★ 

健康な動物は皆、目でみなくても筋肉の緊張感や関節の位置などから自分の足が今どこにあるのか、どのようにして立っているのかを感じる事が出来ます。そして不自然な姿勢になったときに、体が倒れないように無意識に足の位置を変えてバランスをとろうとします。
その反応の事を姿勢反応といいます。たとえば手首を曲げた状態(ナックリング)で立たせようとしても、通常はすぐに肉球を地面につけて安定して立とうとします。しかしもし、手の感覚が鈍くなっていたら自分がどのような姿勢で立っているのかがわからないため、手首を曲げたままで立ちつづけます。これは難しい言葉でいうと、固有位置感覚の消失といわれます。固有位置感覚の消失は麻痺や痛みがなくても見られることがあり、軽度の椎間板ヘルニアなどをおこしている可能性を暗示しています。


★神経を検査する【その4 歩き方をみる】★

もし、体の大部分に麻痺があれば当然歩く事は出来ません。しかし、ペットは4本足で歩くため、後足の片側だけが軽くしびれているような場合ならば、ゆっくりと歩く事ができます。ただ、感覚のない足は足の甲を地面に擦るようなひきずった歩き方をしますし、感覚はあるけれども力が入らなければ、腰が左右にふらつくようになるため、歩き方で神経の病気があることが分かります。また、うさぎ跳びのような両足をそろえた歩き方や、前足と後足で歩幅が異なるような特殊な歩き方をすれば、ある程度神経のどこが悪いのかを推測する事もできます。


★おわりに★

ペットが、数日前に腰を痛めてからちょっと足先がしびれているの。と言ってくれればもっと早く直してあげられるのに、と思いますよね。でも、それができないペットだからこそ、わたしたちは日頃から注意深く観察して、愛情を持って接してあげないといけませんね。

キーワード

神経 ペット 腰 歩き方 反射 反応