獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 甘噛みを止めさせよう【しつけ・行動・マナー 】

しつけ・行動・マナー

甘噛みを止めさせよう【しつけ・行動・マナー 】

子犬のとき、わんちゃんはいろいろなものを噛もうとします。そして、おもちゃや家具だけでなく、時には遊んでいる拍子に人の手も噛んでしまうことがあります。遊びだから、子犬だから、痛くないから、といってそのままにしていると、大きくなってからも人の手や体を軽く噛むようになってしまいます。甘噛みは攻撃をしてきているわけではありませんが、しつけ上、許される事ではありません。成犬の癖にならないように、早いうちに正しい対策を行いましょう。


★子犬は何でも噛みたがり★

離乳を始めた頃からワンちゃんはいろいろなものを噛もうとします。それは、固形のものを食べるようになって歯と顎を使おうとする本能によるものです。また、そのあと乳歯から永久歯に生えかわるときには、抜けそうな歯がむず痒くて、それを何とかしようといろいろなものを噛もうとすることもあります。ですから、子犬がものを噛むのを止めさせるのは困難ですし、噛むことによって歯や顎が丈夫になっていくので、止めさせてはいけません。


★子犬の甘噛み★

しかし、子犬がいろいろなものに歯形をつけることを黙って容認していると、人の手もおもちゃも区別がつかなくなってしまいます。子犬は噛む力が弱くても、歯は逆に鋭く尖っているため、手を甘噛みさせていると、傷だらけになってしまうことをご存知でしょうか。それに子犬だから仕方がない、いまのうちだけのことだろう、とそのままにしていると人の手を動くおもちゃと思い、噛むことは楽しい遊びと勘違いして、成犬になっても人を噛むようになってしまいます。


★成犬の甘噛み★

子犬の頃にきちんと甘噛みはいけないこととしつけをされなかったワンちゃんは、大人になってからも何かの拍子にかぷっと軽く人を噛むようになります。たとえば、人と遊んでいてだんだん興奮してしまった時や、ねえねえ、僕の事みてよ、と注目してほしいときなどです。飼い主さんはその子の癖として知っていても、もし知らない人に、甘噛みをしてしまったら、ワンちゃんは甘噛みのつもりでも、他の人には非常に怖がられるかもしれません。また、興奮が高まってしまった場合には本気噛みになって、人を傷つけてしまう事もあります。甘噛みは子犬の時からきちんと止めさせておかなければなりません。


★子犬のしつけ その1 噛んでいいものを作りましょう★

噛む事はワンちゃんの成長に欠かせません。ですから、人の手のかわりに噛んでもよいおもちゃを用意してあげましょう。おもちゃは壊れにくく、飲み込めないくらいの大きさで、ある程度の弾力のある硬さのものがいいでしょう。ぬいぐるみなどは中の綿を引きずり出して飲み込んでしまうこともあるため、硬質のゴムなどで出来ているものがよいでしょう。ワンちゃんが何かを噛みたくなったら、手を噛まれる前にそれを与えるようにします。はじめのうちは楽しんで噛むことができるように、中に少量のおやつを入れたり、チーズやペーストなどを表面に少量塗りつけてもよいでしょう。


★子犬のしつけ その2 甘噛みはよくないことと教えましょう★

甘噛みを止めさせるためには、甘噛みは人にとって楽しくない、という気持ちを伝えましょう。まず、興奮したワンちゃんに手を甘噛みされたらすかさず大きな声で、いたい!と言って、隣の部屋へ行ってしまいましょう。ワンちゃんを一人ぼっちにさせるのです。そして、ワンちゃんが、あれ? なんかつまらなくなったなと思い静かになったら、戻ってきて興奮しない程度に話し掛けます。そして用意しておいた噛んでもよいおもちゃを与えます。おもちゃを噛んだらよくほめてあげましょう。これを繰り返す事によって、甘噛みをすると楽しくない、おもちゃを噛むと楽しいということを覚えるようになります。


★成犬のしつけ 甘噛みをすると天罰が下る★

成犬のワンちゃんで多いのが、ねえねえ、かまってよと甘噛みしてくる場合です。このような場合にも前述のような、噛まれたら無視するという方法が効果的ですが、しつこい場合には、天罰を下す方法があります。蓋のできる空き缶に鍵や硬貨を入れたものを用意しておき、もしワンちゃんがしつこく甘噛みをしようとしたら見えないところでその缶を床に落とすのです。缶は大きな音をさせて床にぶつかりますから、ワンちゃんはビックリして甘噛みを止めるでしょう。そのことを何度か繰り返すと、甘噛みをするとびっくりすることがおこると思い、甘噛みを止めるようになります。ただし、ワンちゃんが何かの欲求を表現するために甘噛みをしている時には、その欲求を汲み取って、甘噛みをする前になるべく満足させてあげるようにしましょう。


★おわりに★

ワンちゃんは牙という武器を生まれながらに持った動物です。武器を持ち、群れで生きるワンちゃんは、その武器を制御する事を覚えなければ、仲間同士で傷つけあうようになってしまいます。ですから、ワンちゃん同士は子犬の頃に、噛んだら一緒に生活してあげないということを教えあっているのです。同じことをワンちゃんと人の間でも行うようにすることによって、ワンちゃんは正しい事を学んでいき、人の社会でも愛される子になっていくでしょう。

キーワード

仔犬 甘噛み 噛む