獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » ワンちゃんの引っ張り癖を直そう!【しつけ・行動・マナー】

しつけ・行動・マナー

ワンちゃんの引っ張り癖を直そう!【しつけ・行動・マナー】

皆さんは普段ワンちゃんとどんなお散歩をしていますか?人とワンちゃんがちゃんと歩調を合わせて歩いていますか?もしワンちゃんがぐいぐいと人を引っ張って歩くようなお散歩をしていたら、それはしつけの上で好ましくないばかりでなく、さまざまな危険も伴います。ワンちゃんの引っ張り癖を直す方法を今回は学んでみましょう。


★ワンちゃんがリードを引っ張るのは…★
もともと、群れで暮らしていたワンちゃんはリーダーについて行動をしていました。リーダーが先頭に立って行く先を決め、皆がそれに従っていたのです。ですから、もしお散歩でワンちゃんが自分の行きたい方向へ勝手に飼い主さんを引っ張っていってしまうのであれば、ワンちゃんがリーダーとなって飼い主さんに「こっちにいくぞ! ついてこい! 」と言っているのです。ワンちゃんのほうが人よりも上の立場であると思っていることは普段のしつけの上でも好ましい事ではありません。


★引っ張り癖の危険★

大型犬でなくともワンちゃんの引っ張る力というものはとても強いものです。もしリードを持つ人の足がちょっとでももつれたら、転んで引きずられて大怪我をしてしまう事もあります。また、転んだ拍子にリードを手放してしまったら、ワンちゃんはリードを引きずったままどこかへ走っていってしまうかもしれません。交通事故に遭ったり迷子になってしまう危険も出てきます。さらに、引っ張り癖のあるワンちゃんは常に首輪に力がかかるため、気管や首の筋肉を痛めることもあり、呼吸器や心臓の病気を持っている子は症状が悪化してしまう事もあります。


★では、どのように引っ張り癖を直していったらよいのでしょうか。★

【引っ張り癖を直す その1 「待て」と「おいで」をしっかりと教えましょう】
まず、お散歩以外のときに「待て」と「おいで」をしっかりと教えましょう。普段からのしつけをしっかりすることによって、リーダーは人であり、人の言う事を聞かなければいけないことをワンちゃんに教えます。もし「待て」ができるようになれば、お散歩に行って引っ張りそうになっても「待て」をして、一時的に引っ張る事をやめさせることもできます。また、「待て」というコマンドは、単に行動を止めるだけでなく、興奮しすぎているワンちゃんの気持ちを冷静にさせることもできます。

【引っ張り癖を直す その2 人が先に行動しましょう】
お散歩に行くと決めた瞬間から、飼い主さんはリーダーシップを取らなければいけません。まず、お散歩に行くタイミングは、ワンちゃんに行きたいとせがまれてから行くのではなく、飼い主さんが時間を決めましょう。ワンちゃんにリードをつけてからドアを出るのも先にたって進むようにし、どこに行くのかもワンちゃん任せにしないようにしましょう。もし、ワンちゃんが門を出て勝手に好きな方向に引っ張るようなら、すかさず反対方向に歩いて人のほうが先に立って歩くようにしましょう。あくまで人が全ての決定権を持つ、といった毅然とした態度をとることが大切です。

【引っ張り癖を直す その3 引っ張らない事を褒める】
お散歩の時に小さなおやつをポケットに入れて出かけてみましょう。引っ張りそうになったら黙って立ち止まり、もし、ワンちゃんも立ち止まってリードが緩んだらおやつをあげてよく褒めます。このことを何度か繰り返してワンちゃんがポケットに入っているおやつを気にしながら人の横をついてあるくようになればしめたものです。アイコンタクトを取りながら「いい子ね」と褒めながら一緒にゆっくりと歩き「人と一緒に歩いたほうがいいことがある」ということを学ばせていきます。

【引っ張り癖を直す その4 引っ張り防止グッズを利用する】
ワンちゃんの引っ張り癖を直すためのグッズもたくさんの種類が売られています。
チョークチェーン、もしくはハーフチョークといったものは、ワンちゃんが引っ張ると首が絞まるようになっている首輪です。引っ張りそうになったらすかさずすばやく締めてショックを与える事で「引っ張る事がいけないこと」と教えるもので、首が絞まったまま長時間いることのないよう気をつけましょう。
また、リーダーが自分の地位を示すために他のイヌの鼻を軽く噛むことを利用して、鼻の上にリードを通して、ワンちゃんが引っ張ろうとすると鼻が押さえ込まれるように工夫された商品もあります。
そのほかにも、ワンちゃんが引っ張るとわきの下が締まって前に歩けなくなってしまうハーネスや、引っ張るとワンちゃんが不快に思うような音が出るリードなどもペットショップなどで手に入れることができます。
どのグッズも使い方を間違えると全く効果がないばかりでなく、ワンちゃんを傷つける事もあるため、使い方を十分に理解してから試してみるようにしましょう。

★おわりに★
お散歩でワンちゃんをコントロールするということは、意外に難しいかもしれません。でも、お散歩はとても大切な毎日の運動です。毎日の事だからこそワンちゃんも飼い主さんも楽しく行く事ができるようにしたいですよね。

キーワード

イヌ リード 引っ張り 散歩 しつけ