獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 愛犬のアロママッサージ 【動物まめ知識】

動物まめ知識

愛犬のアロママッサージ 【動物まめ知識】

犬だってストレスがたまるんです。ストレス解消にアロママッサージを取り入れてみませんか?香りにはイライラを抑えたり、気持ちをリラックスさせたりといった良い作用を持つものがあります。愛犬ともっと仲良くなるためのアロママッサージのやり方をお話します。


★知っていますか?犬もストレスは溜まる!★ 
 
「犬はストレスもなくいつも家にいていいね〜」と人間が言っているのを耳にする機会はないですか?また、飼い主さん自身が思われたりしていませんか?

ほとんどの方が犬はストレスが溜まらないと思いがちですが、犬もストレスは溜まっているのです。

大好きなあなたと毎日一緒で草原などを走り回れるならストレスは溜まらないかもしれません。ですが現代社会のワンちゃんは、いつでも遊べるお庭があるわけではないので、長時間の留守番などでストレスが溜まってしまいます。

さらに愛犬は飼い主さんが会社などで抱えているストレスを敏感に感じとり、それがストレスになったりもします。また、夫婦で喧嘩している最中に、愛犬が仲裁に入ることはありませんか? 実は愛犬がストレスだと感じ、仲良くしてほしいという気持ちで仲裁に入ってくるのかもしれません。

ストレスは万病のもと! 心にも体にもよくはありません。アロマセラピーはストレスを和ます手助けをしてくれています。 今回はアロマセラピーの中の一つであるドックアロママッサージに触れてみましょう。


★ドッグアロママッサージとは? 愛犬ともっと仲良くなろう!★
 
精油(エッセンシャルオイル)のいい香りに包まれながら愛犬の体をマッサージしてあげることにより、体のコリや痛みを和らげる効果があります。小さい子供が母親に頭を撫でられる事により落ち着くのと同じでワンちゃんも大好きな飼い主さんに触られることで安心し、体だけではなく心まで癒されます。

アロママッサージは「されるワンちゃん」も「する側の人」も癒される不思議な効果があります。またマッサージをしてあげることによって、愛犬の体にできてしまった出来物や、触ると痛がるというような普段と違う様子にすばやく気付くことができ病気の早期発見にも繋がります。

また触られることに慣れておくと動物病院などで触診されてもワンちゃんはストレスを感じにくくなります。寝たきりのワンちゃんに少しでも元気になってもらいたい時や臆病なワンちゃんに楽しい気持ちになってもらいたい時などアロママッサージはお勧めです。


★アロママッサージのタイミング 愛犬と仲良くなる為のポイント!★
 
人にも香りの好みがあるようにワンちゃんにも香りの好みがあります。

飼い主さんが好きな匂いでもワンちゃんが嫌いな匂いではアロママッサージの意味がありません。むしろ嫌いな匂いだと逆にストレスになりマッサージが嫌いになってしまうので、必ず初めて使用する精油には少し匂いを嗅がせてワンちゃんが興味を持つかどうか観察してください。

・ワンちゃんも飼い主さんも1番落ち着いている時間にマッサージをしましょう。
・マッサージの時間は10分〜20分を目安に行いましょう。
・1日おきでも2日おきでも構いませんので定期的にマッサージをしてあげましょう。(続ける事が大事なのです。)
・マッサージする人も心配事を忘れ集中しましょう。
・ワンちゃんの毛並みに添ってマッサージするのが基本です。

はじめは時間を少なめにしましょう。少しずつ慣らしていきましょう。


★アロママッサージをする前に★

【こんな時はマッサージをしないでください】

・ワンちゃんの空腹時や食後1時間くらいは避けてください。
・お互いの体調が良くないとき。
・する人が忙しい時・心配事がある時・疲れている時・イライラしている時など(手を伝ってワンちゃんに気持ちが伝わり同じ心理状態になってしまいます。)


【マッサージを始める前の注意事項】

・病気治療中、妊娠中、持病持ちのワンちゃん・飼い主さんは使用できない精油もありますので使用前に獣医師・医師にご相談ください。
・初めて使用する精油は犬も人もパッチテストを必ず行ってください。


■パッチテストのやり方
@10mlのベースオイルに精油1滴まぜる。
A犬(足の内股)人(手の内側)に精油を少し塗る。
B1日様子を見て何も皮膚の変化がなければ使用しても大丈夫です。
C皮膚の痒みがでたり赤くなったりしたらすぐ水で洗い流して、その精油の使用を止める。(アレルギー反応出たら使用はやめてください。)

キーワード

アロマ アロマセラピー イヌ 癒し リラックス