獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 犬の優れた嗅覚 【動物まめ知識】

動物まめ知識

犬の優れた嗅覚 【動物まめ知識】

犬は人間と比べてとても嗅覚が発達しています。そしてそれを人は様々に役立ててきました。雪の下に7mも深く埋まってしまった人を見つけることもできるんです。


★犬の嗅覚が人間より優れている理由とは?★ 
 
犬のすぐれた嗅覚の秘密は、鼻腔の奥に「内張り」された豊富な嗅細胞にあります。嗅細胞で「受信」した臭いは、嗅神経によって情報が「送信」され、最終的に脳でそれが「解析」されるシステムになっています。よって、受信するデータの量、すなわち鼻腔内の嗅細胞の数が多いほうが臭いを嗅ぎ分ける能力が高いと言えます。

人間の臭いの受容体の数は500万(〜1000万)ですが、犬には2億2000万もあるといわれています。犬種によってダックスの1億2500万からブラッドハウンドの3億までと幅がありますが、大雑把に説明すると犬は人間の100万倍の嗅覚を持っているということになります。

なぜそんなに嗅細胞の数を多く持つことができたかと言えば、人間と比較しても犬はマズル(鼻)が長く、さらに内部の壁が複雑に襞(ひだ)を作っているため、嗅細胞が「内張り」できるスペースが十分あるからなのです。犬の鼻腔内の表面積は約130 m ²;;;;といわれ、人間の3 m²;;;; と比べると10〜50倍とも言われています。

しかし「ハナペチャ」のパグやブルドックなどの短吻種の犬は、鼻腔が短いため、他の犬種に比べて嗅覚はやや劣ると言われています。

そして、膨大なデータを処理する能力も人と桁違いに優れています。さまざまな臭いの中から目的とする特定の臭いだけを嗅ぎ分け、分析することができるのは、まさに臭いに関する神経が多いからにほかなりません。犬のにおい受容神経の数は人の20倍もあるといわれています。


★さらに犬の嗅覚が優れている要因とは★

犬の嗅覚が優れている理由は嗅細胞の数だけではありません。犬の嗅覚器にはもう一つヤコブソン器官(鋤鼻器:じょびき)と呼ばれるものがあります。

鼻腔と上顎(うわあご)のあいだにある受容器官ですが、嗅覚と味覚の中間に位置する第3の科学的な感覚とも言われ、フェロモンなどの“匂いを持っていない化学物質”を敏感に感じ取ることができます。

すべての哺乳動物に鋤鼻器がありますが、人間においては先史時代以来退化していっているようです。人間の鋤鼻器の働きはまだ解明されていませんが、最近の研究では人間にも鼻の奥にヤコブソン器官が存在し、異性の性フェロモンを感じることができるかもしれないと期待されています。


★犬における情報伝達手段としての臭い★
 
人間は視覚や聴覚・触覚などに頼って、他人とのコミュニケーションや情報交換をすることが多く、嗅覚を使うことはめったにありません。しかし犬などの多くの哺乳動物は優れた嗅覚を利用して相手の尿や皮膚からの分泌物を頼りに、テリトリーを把握し社会的地位を確立します。


★この人間と犬との違いはなぜでしょうか?★ 
 
犬はもともとあまり視力はよくありません。視覚の代わりに嗅覚が発達したというのは十分考えられることだと思います。犬は群れで生活をし、仲間同士でコミュニケーションをしなければならないため、動物の中でも鳴き声やボディランゲージが豊富な動物でしょう。

しかし、言葉やボディランゲージはそのとき限りです。遠くに離れてしまえば届きません。それに対して長期間残る臭いは、本人がいなくなったあとでも情報を伝えつづけることができるというメリットがあります。

広い縄張りの中で多くの仲間たちと情報を伝え合わなければならない犬にとって、長時間残るデータというのはとても重要なものなのです。

犬はお散歩中に他の犬のおしっこの匂いをかぐことによって、自分のお散歩コースにいつ、誰が通ったか、その犬は雄か雌か、魅力的な異性なのかを知ることができます。そして自分でその上からおしっこをかけるというのは、すなわち、相手の情報を受け取り、それに対して返事を出しているということです。

犬同士がおしりの臭いを嗅ぐ光景をよく見かけますが、これは日本人なら深々とお辞儀をして「はじめまして、私は○○会社の○○と申します」という挨拶に相当します。つまり他の犬とコミュニケートするために「個人情報」である「肛門腺の臭い」を嗅いでいるのです。

次に、私たちはこのすぐれた犬の嗅覚をどのように利用しているのかを見ていきましょう。

キーワード

イヌ 犬 臭い 嗅覚 感覚 五感 鼻