獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 飼い主さんと考える 〜お散歩中の困ったを直したい〜【しつけ・行動・マナー】

しつけ・行動・マナー

飼い主さんと考える 〜お散歩中の困ったを直したい〜【しつけ・行動・マナー】

散歩に行きたがらない、吠える、引っ張るなどなど。。おうちのワンちゃんは散歩の時困った癖がありませんか?トラブル別原因と対策について。


★お散歩の悩みってどんな事があるだろう?★ 
 
お散歩中にはどういう問題が発生するか考えてみましょう。

・お散歩に行きたがらない
・外に出ると言う事を聞かずに動き回る、リードをくわえて出て行ってしまう
・お散歩中に突然歩かなくなる、落ちているものを食べてしまう
・他のワンちゃんや人と遭遇すると吠え出す、怖がって逃げる
・バイクや車などの騒音が聞こえるとパニックになってしまう

他にもいろいろ考えられますが、ここにあげたものが特に多い問題だと思います。


★ワンちゃんが問題行動を取るのはなぜ?★ 
 
それでは、なぜこのような問題が発生するのかお話していきたいと思います。

<お散歩に行きたがらない>
野外に恐怖心があるか、お散歩を排便のためと認識している可能性が考えられます。

この場合、物事の関連づけを変えてあげなければなりません。まずは、人が少ない静かな公園などで遊んであげる事から始め、徐々に恐怖心を取り除いていきましょう。お散歩は楽しい事だと認識し、楽しみになってくれると思います。


<言う事を聞かずに勝手に動き回る>
お散歩は自分勝手に歩くものだと思いこんでいる可能性があります。リードを引っ張って歩いたり、じゃれて足をかんだりすることは、飼い主さんのことをリーダーだと認めていない事が多いようです。

普段から飼い主さんがリーダーだと認識させ、「お散歩は飼い主さんの歩調に合わせ、リードを引っ張らない範囲で歩くこと」と、教えることが必要です。

方法としては、ワンちゃんがリードを張っている状態のときに、歩くのを一旦やめてみましょう。視線は合わせず、無視するようにします。ワンちゃんが飼い主さんに注目し、リードがゆるんだときにタイミングよく褒めてあげ、歩きはじめます。「引っ張ったら止まる」を徹底し、引っ張ことはがいけないことだと、ワンちゃんに理解させましょう。

<リードをくわえて出て行ってしまう>
お散歩がすごく楽しみで、興奮してリードをかんでいる可能性が高いです。

お散歩に出かけるときの興奮を鎮めるためには、玄関のところでマテやオスワリをさせましょう。気持ちをコントロールしてから、出かけるよう習慣づける事が大切です。


ワンちゃんが興奮しているときに、マテやオスワリをさせるのは大変です。普段の暮らしのなかで、マテ、オスワリ、などの基本的なしつけをしていくことが必要です。

<突然歩かなくなる>
年齢や体力的に歩けなくなる場合と恐怖心やわがままが原因で歩かなくなる場合が考えられます。また、突然狩猟本能が目覚め、待ち伏せなどの姿勢をとることもあります。

肉体的に歩かなくなる場合は、犬種、年齢、体の大きさを考慮し、飼い主さんがお散歩の距離や速さを考えてあげるようにしましょう。体調が悪いときも歩ことを嫌がるので注意が必要です。

わがままや恐怖心で歩かない場合は、しつけの仕方に問題があるかもしれません。普段から誰がリーダーであるかを認識させてあげましょう。そうすれば、安心してお散歩のときもついてきてくれるでしょう。

<落ちているものを食べてしまう>
ワンちゃんの困った行動をやめさせるためには、「マテ」が出来るという事が有効だと言えます。

「マテ」が出来ない子は何でも自分の思う通りになるのだと錯覚し、拾い食いをする癖がついている事があります。

拾い食いを直すための対処方法は、ワンちゃんの好物にタバスコやカラシなど塗り、ワンちゃんが拾い食いをしそうな場所に置いておきます。こうすることで、拾い食いをすると、発見した食べ物から、直接罰をもらう結果となるので、必然的に拾い食いを避けるようになります。


また、ワンちゃんに「食べる事は、ある程度の時間と場所の制限があり、飼い主さんから与えられるものだ」と認識させておくことも有効的です。日頃から食事も回数を決め、どこかに運んで食べたり時間をかけて食べたりしないよう、時間内で食べ終わらなければ、食事は片づけてしまう習慣をつけておきましょう。

<吠え出す>
外で他のワンちゃんや人に吠える原因として、恐怖で吠えている場合と自分を守っている場合が考えられます。

今挙げた2つには、吠え方に違いがあります。怖がりなワンちゃんは自分ではあまり動かず、尾を下げて、うなり声をあげてから吠えます。一方、自分を守ろうとする場合は、尾を上げるなど、体を大きく見せるような姿勢で吠えます。

恐怖で吠えている場合は、他のワンちゃんや人と接する事に慣れていない事が原因です。お友達やワンちゃんと遊ばせ、少しずつ恐怖心を取り除いていく事が有効的です。


散歩中に行う方法として、ワンちゃんが過剰に反応して吠え出さない距離まで遠ざけたり、抱き上げて視線をさえぎるなどして、落ち着いたら褒めてあげ、徐々に慣らしていくようにしましょう。

自分を守ろうとしている場合は、飼い主さんのことをリーダーと思っていないのでしょう。普段から飼い主さんをリーダーと思わせる事で、一緒に居ると守られているのだと感じ、安心します。その安心感があれば、自分を守るために吠える必要もなくなります。

<怖がって逃げる>
“吠え出す”原因と同様にワンちゃんが犬嫌いになっています。

無理に他のワンちゃんと接触させようとせずに、ワンちゃんの性格を考えながら、少しずつ他のワンちゃんに慣れさせていき、犬同士の関係をつくり直すことを心がけてください。


<パニックになってしまう>
ワンちゃんが病気でないかぎりは、恐怖心でパニックを起こしているでしょう。

子犬の時期に車やバイクなどの音に慣れていないと、過剰反応を示します。この場合はあせらず、ゆっくりと時間をかけて不安を取り除く工夫をしましょう。人が少ない静かな公園や騒音をテープにとるなどして、少しずつ音に慣れるよう練習していく事をおすすめします。

昔の嫌な記憶もパニックの原因となることもあります。これも同様、徐々に慣れさせる必要があります。

キーワード

散歩 しつけ 犬 イヌ リード 引っ張りぐせ 吠える