獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » ペットを迷子になんかさせないぞ! 【動物まめ知識】

動物まめ知識

ペットを迷子になんかさせないぞ! 【動物まめ知識】

愛するペットを迷子になんてさせないで。そのための対策とは?そして万が一の時の方法とは?


★「うちの子は大丈夫」。それ本当?★
 
時折見かける電信柱やスーパーの掲示板の「迷子ペットの捜索ポスター」。ペット好きな皆さんは「かわいそうに…」「早く見つかるといいな…」と複雑な思いでそれを眺めることでしょう。

でも、その心の中には「うちの子は大丈夫」という気持ちが潜んでいませんか? どんなにおりこうなペットでも、近くで通常では考えられない大きな音(突然の雷や隣家の工事音、近くで発生した交通事故など)が発生すれば、パニック状態になってしまいます。その時にたまたま首輪が外れてしまったり、たまたま門や扉が開いていたり、窓が開いたりしたら家を飛び出す可能性は十分にあります。

また、大きな地震の被災者の中には、発生直後のパニック状態の中、愛するペットとはぐれてしまった方も多くいらっしゃいます。
まずは「うちの子は大丈夫」というなんとなくの安心感を捨てることから始めましょう。


★動物の帰巣本能★
 
帰巣本能とは、動物が巣(家)に帰ることのできる能力のこと。実際に100km以上も遠く離れた地からワンコが我が家に歩いて戻ってきた、という事例もあります。伝書鳩を見ても動物の帰巣本能には驚かされます。

帰巣本能のメカニズムには諸説ありますが、動物には自然のナビゲーションシステムがあると言われています。地図やコンパスの役割を果たす物質が体内にあるという説や目や耳などの感覚器官からの情報が頭の中で地図を描いているという説もあります。
 
その帰巣本能が全ての動物に完璧に備わっていれば、迷子ペットなど存在しないはずです。しかし、実情はそうではありません。飼主の責任として迷子にならないような対策と迷子になってしまってからの対応策を準備しておきましょう。


★迷子にならない対策とは???★
 
ペットの種類や日ごろの行動、住環境など様々な要因によって対策方法は異なりますが、まずは全てのペットに共通してできる簡単な対策をご紹介します。

それは、「首輪や迷子札」。「そんな簡単なこと」と侮ってはいけません。その効果は考えている以上に大きいのです。
狂犬病予防法では、犬の所有者は、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市町村に登録の申請と鑑札の交付を受けなければならないと定められています。加えて、鑑札は犬に付けておかなければなりません。迷子になった際、鑑札を付けているとつけているといないでは大きく変わってきます。

また、犬も猫も飼われていれば大抵は首輪をしていると思います。首輪を選ぶ理由の大半は「かわいいから」でしょうが、そのかわいさを損ねないで済む程度に、例えば裏面にでも、飼主さんの苗字と電話番号を、消えないように大きく油性マジックで記入しておきましょう。

近ごろは様々な種類の迷子札や名札が販売されています。色や形を選んで自分だけの一品を作成すれば、かわいさも倍増してしかも安心できるでしょう。猫用や小型犬用など、大きさも豊富に用意されていますので、きっと楽しく選ぶ事ができます。

特に外飼いの犬や大型犬は、裏面に記入する十分な場所がありますし、大きな犬ほど遠くまでお出かけしてしまうかもしれませんので、連絡先はなおさら重要になります。

携帯電話が普及していますので、道行くほとんどの人たちは電話を持っています。迷子になっている犬を見つけた犬好きな人が、首輪や名札を見て連絡してくだされば、いなくなった事に気付く前に発見される事だって有り得ます。

そして、これらの対策がとられていることを忘れずに、あなたも迷子になっているペットを見かけたら、「あら、一人でお散歩偉いわねー」なんて褒めていないで、すぐに飼主さんに連絡してあげてください。


★最新迷子対策グッズ ★
 
最近ではペットの迷子防止用グッズが、いろいろと販売されています。あなたのペットにあったグッズを選んでみるのもひとつの手です。

【IDカプセル】
カプセルの中に、住所や電話番号、名前などを書き込んだメモを入れておくタイプの迷子札。雨にぬれて文字がにじんだり、磨耗して文字が読めなくなるような心配がいりません。カプセルの素材も丈夫なアルミ製などよく考えられているものが販売されています。

【電子IDタグ】
海外で人気の迷子防止グッズ。首輪につけられる小さなスコープを覗くと、なんと20〜30ものID情報がぎっしり。ID情報を書き込んだマイクロチップを作ってもらい、ケースに装着するだけの最先端商品。

【マイクロチップ】
マイクロチップとは、注射針でペットの皮下に挿入する電子情報で、直径2〜11mm程度のとても小さなICチップ。動物病院で装着してもらえます。リーダーとよばれる専用の読み取り機で書き込まれた情報を読み取ると個体の識別ができます。動物保護センターなどの保護機関に読み取り機があれば、連絡がしてもらえます。

【留守番用カメラ】
ペットのお留守番時の様子を携帯電話などで確認できる留守番用カメラは、迷子防止にも役立ちます。家を飛び出す前後の様子やいなくなった時間なども把握できます。

キーワード

迷子 首輪 留守番 マイクロチップ 迷子掲示板 帰巣本能