獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 休日は愛犬と公園で過ごそう!! 【動物まめ知識】

動物まめ知識

休日は愛犬と公園で過ごそう!! 【動物まめ知識】

ワンコと公園に行きましょう。必要なもの、守らなければいけないものってなーに?一緒に再確認しましょ♪


★まずはマナーを再確認★

愛犬家のマナーの悪さの現実?  「糞の始末をしましょう」と書かれた看板が立ち並ぶ公園。皆さんはこんな状況をどう思いますか?

考えてみればこれは「犬連れの方はマナーが悪いですよ」と言っている看板ともいえますよね。公園は公共の場。もちろん犬が嫌いな人だっていますし、そこに集まる方はそれぞれの目的・楽しみ方を持っているのです。もう一度、愛犬を連れての公園利用マナーを確認しておきましょう。


★マナーその1【糞尿の始末】★

最も基本でありながら最も大切なマナー。それは糞尿の後始末でしょう。この最も大切なマナーを守るには何と言っても事前準備が大切。糞を持ち帰るビニール袋にスコップは必要装備。
また公園でたまに見かけるスコップで糞を土に埋めてしまう光景。これももちろん大きなマナー違反。小さい子供が土遊びをするかもしれません。絶対に止めましょう。「オシッコはばれないし、どこでさせてもいいわ」とお考えの方がいらっしゃったら、それも再考が必要です。例えば芝生エリアは人々が寝そべってくつろいだり、お子様が自由に遊びまわる場所です。その他の場所でも自由奔放なマーキングはしつけの面から考えても厳禁です。もちろんマーキングは犬の本能でもありますが、人間社会の中での適応能力を育てるのも飼主の責任です。マーキングを上手にコントロールすることは、あなたのワンちゃんが人間社会の中で快適に生きるためにも必要です。

Nice Idia!
・消臭機能付きのお散歩バッグや臭いのもれないマナーバッグなど、飼主さんの「困った」を解決してくれる便利グッズを活用。
・マナーベルトを上手に活用してマーキング防止。
・お散歩前にお家でトイレタイムを確保。
・走っているときやお座りをしているときは、オシッコがしずらい。オシッコをしても良い場所までは「走る」や「お座り」を上手に活用。
・オシッコの後は消臭スプレーで他のワンちゃんのマーキングを防止。



★マナーその2【リードは必ずつけて】★
 
広い公園だから自由に走り回らせてあげたい、と思うのは愛情を持って育てている飼主さんならどなたでも思うことでしょう。その気持ちは痛いほど分かりますが、公園は様々な方の集まる場所。ドッグランなどノーリードOKの場所を除いて、「公園でリードをつける」ことは基本マナーです。
ただし、リードをつけてさえいればいいと言うわけでもありません。小さい子供や犬が苦手そうな方の近くを通るときには、リードを短く持つなどの配慮をしましょう。また広い公園だからこそ使いたい伸縮性のあるリードは便利ではありますが、飼主さんの管理ひとつでノーリードと変わらなくなる恐れもあります。ワンちゃんの予想外の動きで周りの方の迷惑になったり、他のワンちゃんとの喧嘩に発展したりしないためにも使用する道具は飼主さんが責任を持って管理しましょう。
自治体によっては条例で「放し飼い」の罰則を設けているところもあります。条例による取締りで統制されるのはとても悲しいことです。愛犬家自身のモラルでリード装着は守られるべきルールです。

Nice Idia!
・伸縮タイプのリードはストッパーを上手に活用。
・公園の広さや混雑具合によってリードを使い分ける。
・夜間の公園お散歩は、光るタイプの首輪やリードで周りの方へもワンちゃんの存在を知らせる。



★マナーその3【給水のマナー】★
 
お散歩中は適度な給水が大切。でも、公園にある水道の蛇口で直接お水を飲ませている飼主さんを見かけたことはありませんか?お家でいつもそうしているから、蛇口から上手にお水が飲めるから、は言い訳にはなりません。給水ボトルなど最近は便利なグッズがたくさん出ています。上手に活用して給水とマナーを両立させましょう。


★マナーその4【NO!ブラッシング】★
 
公園でブラッシングするのももちろんマナー違反。お家でのブラッシング時、抜け毛の処理は大変なことでしょう。でも、だからといって公園ですれば楽、なんて全くの自分勝手。また、いくら「私はきちんと抜け毛を持ち帰っているわ」といっても、風で飛んでしまう場合もありますよね。公園では「NO!ブラッシング」を守りましょう。


★マナーを守って公園を楽しもう★
 
さぁ。マナーを心得、準備を万端にすれば後はあなたのスタイルで公園を楽しむのみ。あなたはどんな楽しい時間を公園で過ごしたいですか?愛犬とみずいらずで、家族みんなで、はたまた愛犬家グループで…。どんなメンバーでどのように楽しむか、それをプロデュースすること自体が楽しみでもあるのではないでしょうか。

キーワード

散歩 公園 マナー ルール リード 散歩バック