獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 〜人畜共通感染症、特にトキソプラズマ感染症について〜 [感染]

感染

〜人畜共通感染症、特にトキソプラズマ感染症について〜 [感染]

鳥インフルエンザやエキノコッカスなど、連日動物から人へ感染する病気が話題となっています。これに過敏になってしまい、自分や家族の健康のために、今まで飼っていたペットを捨ててしまう人さえいるようです。でも、正しい知識があればペットを捨てるなどという可哀想なことをしないで済む方法もあるはずです。


☆人畜共通感染症とは☆

人畜共通感染症とは、動物と人の双方に感染する可能性のある病気の事です。野生動物からペットへ、ペットから人へ、または人からペットへと病気が広がり、その原因はウイルス、細菌、真菌、寄生虫などさまざまです。感染ルートも原因によって空気感染、接触感染、お母さんから母体の中の胎児に感染する胎盤感染などがあります。


☆トキソプラズマとは☆

トキソプラズマとは、原虫と呼ばれる細菌よりも大きくて目に見えないくらい小さな病原体です。

おそらくほぼすべての哺乳類と鳥類に感染すると言われていますが、私たちと問題となる主な動物はネコと豚です。それは、人への感染経路と関係があるからです。トキソプラズマは猫の糞や土の中に含まれています。そして、それを口にしたネズミや豚などの動物の中に入り込み、筋肉の中などでシストと呼ばれる殻の中でじっとしています。もし、トキソプラズマのシストを持ったネズミを猫が食べると、再び猫の体の中に入り猫→ネズミ→猫といった繰り返しを行ないます。でも、もし、豚の筋肉の中でシストを作った場合、その肉を人が火を通さずに食べてしまうと、今度は人の体内に入り込んでしまう、というわけです。豚肉は生で食べないわという方でもトキソプラズマが含まれた土のついた食べ物を食べたり、トキソプラズマが含まれた猫の便を何らかの方法で摂取した場合には、感染の恐れがあります。


☆トキソプラズマ症が恐れられるわけ☆

トキソプラズマという病気は健康な猫が感染してもほとんど症状をあらわしません。子猫では下痢をおこすこともありますが、ごく軽い症状でほとんどの場合は自然に治ってしまいます。
人の場合も同様です。健康な人であれば症状はほとんど見られません。見られるとすれば、発熱やリンパ節の腫れ程度です。
ですが、もしトキソプラズマに対して免疫のない妊婦さんが感染した場合は、胎盤を介して胎児にトキソプラズマが感染してしまい、流産、死産、先天性の神経疾患などをひきおこすことがあります。妊娠したら猫を飼うなという噂はここから広まりました。


☆本当に怖い病気なのでしょうか☆

確かに、妊婦さんにとってお腹の赤ちゃんは一番大切な宝物です。何かあっては一大事です。でも、ちょっとおちついてよくかんがえてみましょう。飼い猫から胎児にトキソプラズマが感染するにはいくつか条件があります。

条件その1:お母さんとなる人がいままでトキソプラズマに一度も罹っていない
猫が好きで今までも触ったり飼っていたりした人は知らないうちにトキソプラズマに罹っている事があります。以前にかかったことのある病気には免疫があるため、胎児にトキソプラズマが移行することはありません。日本人の約20〜26%が過去に感染したことがあると言われています。

条件その2:妊娠中に飼い猫がトキソプラズマを排泄している
猫の場合も人と同じく、以前にトキソプラズマに感染した経験があれば、体に免疫を持っています。猫の20〜50%がすでにトキソプラズマにかかったことがあり、それを排泄することはありません。トキソプラズマを排泄する可能性があるのは初めて感染した、感染したばかりの子猫だけです。今まで猫を飼ったことがない人が妊娠初期に子猫を飼うというときだけ注意が必要です。

条件その3:飼い猫の糞を何らかの方法で口にしてしまう
もしあなたが、素手で飼い猫の糞を掃除をしたり、猫のおしりを舐めたりした場合は、飼い猫の糞を食べてしまう恐れがあるかもしれません。でも、

・猫のトイレは器具をつかって片付ける。作業のあとは必ず手を洗う
・猫に口移しでご飯を食べさせたり、猫の体を舐めるなどの過剰な接触は行なわない
・猫の糞を庭に捨てない


などのごく常識的な飼い方をしていればそのようなことはまずおこらないはずです。
実は一般的なトキソプラズマの感染ルートは猫からよりも、火を通していない豚肉を食べることによるのです。


☆ペットを飼うと病気になりやすい?☆

以上のことから、猫から人へはめったな事でトキソプラズマが感染しないことがわかっていただけたでしょうか。それでもまだ、ペットは人畜共通感染症を持ってくるので、ペットを飼う人は病気になりやすいと思いますか?

実はペットを飼っている人のほうが逆に病気になりにくいというデータがあります。

ペットを飼う事によって、免疫力が強化されたり、ペットの癒し効果によりストレスに強い体になったり、ペットの健康を気遣う事で生活圏の環境を自発的に良くしていったりすることが原因のようです。
過度に感染の心配をすることはありません。


今回はトキソプラズマの話を中心にお話をしましたが、他の病気についても同じことが言えます。常識の範囲で清潔に飼えばペットから人へ病気がうつることはめったにありません。もし、それでもなお病気が気になる人は、ちょっときつい言葉を使いますが、ぬいぐるみで我慢しましょう。ペットは最後まで愛情を注いで飼う、と強い意志を持った人だけがペットを飼う資格があるのです。

キーワード

トキソプラズマ 感染症 人畜共通感染症