獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 愛犬・愛猫の健康相談室【食べ物を飲み込んでしまう犬について】

健康相談室

愛犬・愛猫の健康相談室【食べ物を飲み込んでしまう犬について】

愛犬・愛猫の健康相談室TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/suzuki/health/soudan/

Q.飼主様:

いつもドッグフードを噛まずに飲み込んでいるのですが、先日りんご3cm程の大きさを飲み込んでしまって、15分間苦しんでました。
その後自力で泡とともにりんごを吐き出したのですが仕方ないのでしょうか?
苦しんでる時の対処方法はありますか?
(口に指を突っ込むとか背中をたたくとか?)


A.先生:

大変でしたね!
でも、何とか吐き出してくれて良かったと思います。
恐らく食道で引っかかってしまったのでしょうね。

本来、犬の歯は、人間のようによく噛むという構造ではなく、大きい物を引きちぎる、砕くためのものなのです。
ですから、ワンちゃんによっては、ドッグフード程度の大きさであれば、噛まずに飲み込むのも無理はないと思います。
また、そのまま飲み込んでも特に問題はありません。

しかし、今回のワンちゃんは、ある程度大きさのあるものもそのまま飲み込む癖があるようですね。
この場合は、与えるものの大きさには注意してあげてください。
そうしないと、今回のようなケースになる恐れがあります。
今回は、何とか出てくれましたが、状況によっては命に関わります。

比較的口に近いところであれば逆さにして背中を叩いたりすることで、出ることもありますが、近くでも完全にはまり込んでしまうとなかなか動きません。
あまり様子を見すぎると、呼吸困難に陥り、窒息死することもありますので、このような場合は、早く病院へ連れて行かれることをオススメします。



愛犬・愛猫の健康相談室TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/suzuki/health/soudan/