獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 愛犬・愛猫の健康相談室【猫の頻尿について】

健康相談室

愛犬・愛猫の健康相談室【猫の頻尿について】

愛犬・愛猫の健康相談室TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/suzuki/health/soudan/

Q.飼主様:

8ヶ月のころ、避妊手術を受けました。暫くしてからおしっこをトイレ以外でもしてしまうようになり、診察を受けました。
尿検査をしてもこれといって石などは見当たりません。冷えとかストレスからの膀胱炎でしょうと言われました。ただいつも暖かい環境にいますので冷えはないと思うのですが、1年くらい前にダックスの子供が産まれてから、母犬が猫を威嚇するようになりました。最近では子供ダックスが遊びたがり猫を追いかけます。やはりストレスでしょうか?

また、膀胱炎の治療法や注意する点を教えてください。
お友達の家の猫ちゃん(1頭飼い)も同じ症状の子がいます。
よろしくお願い致します。


A.先生:

ご相談内容は、ある意味 非常に難しい問題でもありますね。
私の家の猫も、時折、トイレ以外でしてしまうことがありますが、場所によっては後がたいへん。(笑)

さて、ご相談の件ですが、トイレ以外で排尿行動が見られた場合、やはり病的状態がないかの診察は必要で、問題なく健康であれば、心理的問題ということになるでしょう。
今回の場合、病院で尿検査をされて特に問題はなかったと言うことですよね。膀胱炎といっても、尿石だけではないのですが、膀胱炎としての検査結果もなかったのですか?もしなかったのであれば、膀胱炎によるものではないので治療の必要はないと思います。
また、食事、おやつ面で気になる点があります。まず、尿に結晶等が出ていないのであれば、s/dを長期的にあげるのは好ましくありません。

また、出ていないのであれば、その必要もないでしょう。さらに、s/dは、尿酸化作用が強い食事であり、これを与えて、さらにメサジルという尿酸化サプリメントを与えることは、体に害を与えます。(結晶をコントロールするために、仕方なくであれば、場合によっては試すこともあるかもしれませんが)
あと、今後 結晶等の発生を防ぐ意味では、煮干は控えたほうが無難です。(骨には、結晶の成分となるマグネシウムなどが豊富に含まれているからです)

病的状態にないとしたら、心理面を考えてみます。
まず、そのような行動が見られる様になったときのいろいろな状況がわかるとよいのですが、だいぶ経っているようなので、難しいとは思いますが、可能な限り思い起こしてみてください。

原因となることを、列記してみます。
*トイレについて   
トイレの砂の種類が嫌い、トイレの置き場所が気に入らない、落ち着かない、うるさい、近くににおいの強いものがあるトイレにいるときに大きな音などでびっくりした、怖い思いをしたことがある、ご飯置き場の近くにある、トイレが狭い、トイレが汚い、トイレの場所を変えた、トイレに行っているときに誰かが見ているなど

*環境変化について
引越しをした、自宅の改装をした、新しい家具を買って配置換えをした新しく同居人が増えた、新しく動物が増えた、など

*その他
怒られた(不安からの行動)、関心を向けさせるため(排泄にあまりに関心を向ける飼主に対して)、など

心理的には、かなり多種多様な要因が絡んでくるので、解決する為には原因の分析と根気が必要となります。
当てはまりそうなことは、可能な限り、改善してみてください。 
ワンちゃん達がいっぱいいるようなので、猫ちゃんにも確かに多くのストレスがかかっているかと思います。
たいへんな面も多々あるかと思いますが、がんばってくださいね。



愛犬・愛猫の健康相談室TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/suzuki/health/soudan/