獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 愛犬・愛猫の健康相談室【乳び胸】

健康相談室

愛犬・愛猫の健康相談室【乳び胸】

愛犬・愛猫の健康相談室TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/suzuki/health/soudan/

Q.飼主様:

メールマガジン楽しく拝見しています。
さて、うちのわんこのご相談です。

うちの子はいつもこほこほと乾いた咳をしていました。
だんだん苦しそうなので、病院でレントゲンをとってもらったところ内臓が上のほうにあがっておしあげられているとのこと。
胸の辺りがたぷたぷしていました。
そこで胸水がたまっているのでは?と水抜きをしたところ3リットル以上の白くにごったイチゴミルクのような水がでました。
これまで4回ぐらい2週間から1ヶ月ぐらいの間隔で抜いています。
先生は乳び胸という病気だといっています。なにか手立てはないのでしょうか?

今のところ食欲もありますし、散歩も長くはいけませんがそれなりにでかけられています。


A.先生:

お話からすると、確かに乳び胸のようですね。
乳び胸の原因は、胸の中に腫瘍が出来ていたり、フィラリア症であったり、心臓病であったりと考えられるもはありますが、原因がつかめ
ない事が多いようです。

根本的な原因がわかれば、それの治療をすることでよくなりますが、分からない場合が多いので、症状に応じて水を抜く事を繰り返してい
きます。
抜いている間隔からすると、それほど早くたまる状況ではないようですね。
抜いているうちによくなってしまうこともあります。

また、状態によっては胸からお腹側へ水の通り道をつくる手術をすることもあります。
期間的にどのくらい経つか分かりませんが、それほど、生活上問題なければ、間隔も長いようですのでしばらく様子を見られても良いかも
しれません。
ただし、何か状況が変わることがあれば、また治る様子が見られなければ、手術も考えられてみては?
あと、食事療法として、低脂肪食にされてみてください。



愛犬・愛猫の健康相談室TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/suzuki/health/soudan/