獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 愛犬・愛猫の健康相談室【体温測定での体調管理】

健康相談室

愛犬・愛猫の健康相談室【体温測定での体調管理】

愛犬・愛猫の健康相談室TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/suzuki/health/soudan/

Q.飼主様:

こんにちは。
相談と言うより質問なのですが・・・
犬の体温を計るには お尻に体温計を差し込むという認識を持っていますがそうでしょうか?
犬も 人間のように標準体温があって体調が悪いと体温が上がったりするのですか?
そもそも 体温ってどのくらいなのかしら。
人間が体調が悪くて病院に行くと体温を最初に計りますよね。
犬の場合は どうなんでしょう?

たまに 犬のおでこを触って 「あれ 今日熱いなあ」と思う事があるのですが、犬の体温を計る方法は、肛門から体温計をさすという方法以外にないのでしょうか?
あと、血圧を計ることはありますか?犬はどこで計るのかしら?
犬も血圧は体調の良し悪しに関係しますか?
自分から体調の良し悪しを訴えることが出来ない犬たちの体調管理を体温を知ることで出来るのかな?と思い 相談させて頂きました。
よろしくお願い致します。


A.先生:

犬の体温は、平常時で大体38℃から39℃あります。
やはり、動物も人間と一緒で、原因によりますが、体調不良により体温が上がることはあります。
体温の測定は、直腸温、つまり体温計をお尻に差し込んで測るのが一般的です。他に、人間の赤ちゃんと同じように、耳に差し込んで測る機械もあります。
動物の場合、人間のように、体温を、汗をかいたりして調節することが出来ず、ハアハア舌を出して、呼吸を荒くすることで熱を放散しています。
非常に効率が悪いのです。
ですので、体調が悪くなくても、興奮したり、暑い環境にいたりすると体温は上がってしまいます。(特に体の表面の温度は)体の表面の温度は、こうした理由から、体調とは関係なく、そして変化の激しいものとなります。
これに比べ、直腸温つまり核心(体の中心)温度と言って、体内の温度は、可能な限り温度を保とうとする機能から最終的には体調と関係なくあがっていってしまうこともありますが、体表ほどの急激な変化はなく、ゆっくりとした変化となります。
したがって、診察の際は、直腸温を測ることになります。

最近日本でも普及し始めたマイクロチップでサーモ機能のついたものがありますが、これは体表の温度を測っているので、変化しやすいと言えます。
したがって、日ごろからなるべく体温を測って個々のデーターとしてとっておくのがベストと思います。
次に血圧の件ですが、正直なところ、通常の診療では体温ほど測ることはありません。
測る場面としては、麻酔をかけるときがほとんどだと思います。
もちろん、病気の内容によって、血圧が下がることも上がることもありますし、また、血圧が上がることによって生じる弊害もあります。そのために、血圧を下げる薬を使うこともあります。(心臓病など)触診または視診(視たり触ったり)で判断することが多いと思います。
血圧を測る方法としては、人間と同じように、前足や後ろ足、しっぽにグルッと巻いて測る方法がとられますが、動物の場合、安定した状況は難しいと思われます。(麻酔時以外は)

飼い主さんとしては、体温の測定も良い試みと思いますが、食欲 排便 排尿、元気 行動変化 体の変化などちょっとした変化を見逃さないように良く観察していただければ、問題はないと思います。



愛犬・愛猫の健康相談室TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/suzuki/health/soudan/