獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 愛犬・愛猫の健康相談室【黄色い泡まじりの嘔吐】

健康相談室

愛犬・愛猫の健康相談室【黄色い泡まじりの嘔吐】

愛犬・愛猫の健康相談室TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/suzuki/health/soudan/

Q.飼主様:

こう暑いと我が家のワンコも少々ばて気味です。
室内はエアコンを効かせているのですが、朝晩の散歩では暑く、温度差が心配です。

そんなところ、ここ3、4日前から、空腹時の昼過ぎに黄色い泡まじりの嘔吐をしています。
吐くところは見ていないのですが、1日、1回〜2回だと思います。

夜遅く、朝早い生活なので、朝の散歩の後は食欲もなくすぐ眠そうにしています。
何も食べないことが多いです。
吐くのは、やはり朝食べていない日だと思います。
(朝は無理やり1くちづつ食べさせたりもします)
夕食は手作り食で、食欲もあり、散歩も喜んで出かけています。

お腹がすきすぎて気持ち悪いのかな?とも思いますが胃腸の病気も考えられますでしょうか?

近日中に病院へは連れて行こうとは思っています。


A.先生:

1日1〜2回昼間に嘔吐するということですが、飼い主さんが思うように空腹による嘔吐が第一に考えられます。
お腹が空くことにより胃の中が空っぽになると、食べ物が入ってこないため消化の働きをする胃液(胃酸や消化酵素など)の分泌が通常どおりの働きをすることができなくなります。
そして、よく”胃酸過多”と言われるように、胃の中が非常に強い酸性の胃液でいっぱいになり胸が焼けるため嘔吐をする傾向が見られるのです。

人間でも「胃がムカムカする」とか、「胃がキリキリする」という表現を使うことがありますが、どちらかといえば空腹による嘔吐は「キリキリする」タイプの方でしょうか。
また、通常なら十二指腸に流れ出るべき胆汁が、空腹になると胃まで逆流してきて胃の中が気持ち悪くなり嘔吐する現象もみられることがあります。
よってみなさんが”黄色い胃液”と言う内容物は、実は胆汁であることも多いのです。

今回の場合、散歩に行ってからは眠そうで、朝食も食べず昼過ぎの嘔吐と大体の経過があるのであれば、本当に空腹からきているものかどうか、例えば昼前あたりに少しのおやつを与えてみてはいかがでしょうか?
少しでも食べ物が胃の中に入ることで消化液が働き始め、嘔吐を防いでくれることも多いです。
また、嘔吐が連日続くことで胃が荒れて粘膜のバリアー機能も徐々に失われていってしまうので、さらに嘔吐を起こしやすい状態を作ってしまいます。
毎日嘔吐となると、やはり少し胃が荒れ始めているのではないかと思います。

今回も空腹からの嘔吐の可能性が高いと思われますが、必ずそうだとは言い切れません。
お昼前に少し胃の中に食べ物を入れてみて、それでも嘔吐が続くようなら診察されてしっかり診断してもらったほうがいいと思います。

特にこの時期は暑さも厳しいし人間がそうめんなどサッパリしたもの食べたいように、ワンコも同じ気持ちだと思います。
熱中症などにも気をつけて、健康管理をしかりしてあげて下さいね。
また、何かありましたらご相談ください。
がんばってください!


愛犬・愛猫の健康相談室TOPへ戻る⇒http://www.petjpr.com/suzuki/health/soudan/