獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » うちのワンコにハゲが・・・これってストレス?[皮膚]

皮膚

うちのワンコにハゲが・・・これってストレス?[皮膚]

ストレスと思われやすい犬の脱毛症。実は様々な原因があります。意外と多い犬の皮膚病。今回はよくある症状”脱毛症”について。原因・診断・検査・対策などお話してみます。

★犬の毛の仕組み★

犬の毛は皮膚の一部が深くくぼんだ「毛包」という場所で作られています。毛包の根元では特殊な細胞がさかんに活動して新しい毛を作り上へ上へと伸ばしています。表皮の内側、毛包の周囲は真皮と呼ばれるコラーゲン繊維と水分などで構成された組織になっています。

毛は周期的に構造が変化して活動が休まる状態(休止期)になり、毛の根元は丸くなって自然と抜け落ちます。そしてしばらくするとまた新しい毛が作られ始めます。

★皮膚病になるとどうなるの?★

皮膚病になると、細菌や真菌(カビ)、寄生虫などの病原体が毛包周囲や、毛包の中にまで侵入してきます。白血球などの炎症細胞も毛包の周囲にたくさん集まって病原体と戦うために様々な細胞の活動が行われます。

病原体そのものもしくは自分の炎症細胞の作った物質により、徐々に毛包の構造が壊されていきます。そうして毛包の構造が破壊されると、毛はまだ活動期なのにも関わらず毛包から抜けやすくなってしまいます。

★脱毛を起こす皮膚病★

では脱毛する犬の皮膚病にはどんなものがあるでしょうか?
代表的なものを紹介していきましょう。

【膿皮症(のうひしょう)】
主にブドウ球菌が原因となります。毛包に細菌が侵入すると毛包は破壊され徐々に脱毛と痒みを発症します。

【疥癬症(かいせんしょう)】
疥癬(かいせん)という眼に見えないくらいの小さなダニの感染症です。疥癬に感染している動物から感染します。ダニは皮膚にもぐって移動しますが、その糞などの排泄物に対して体が激しく炎症反応を起こしてフケ、痒み、脱毛を引きおこします。

【ニキビダニ症】
ニキビダニという目に見えないくらいの小さなダニが毛包に寄生し、それに細菌感染が加わって脱毛症になります。ニキビダニはほとんど全ての犬が持っていて、普通はごく少数しか毛包には存在しません。

【ノミアレルギー】
ノミに1度刺されたくらいでは普通は多少痒がるくらいで激しい皮膚病にはなりません。でも何度かノミに刺された経験のある犬がノミアレルギーの体質に変化してしまうことがあります。
そうするとその犬はちょっとノミに刺されただけでも激しい痒みを引きおこし、掻きむしってしまい脱毛してきます。

【真菌症(しんきんしょう)】
カビの皮膚病です。人間の水虫を引きおこすのと同じ種類の真菌(皮膚糸状菌)は皮膚の角質や毛などに含まれるケラチンという成分を餌にします。
皮膚糸状菌が毛に侵入すると毛がもろくなり、途中から切れるようになってしまいます。これは外見上では脱毛症のように見えます。

【内分泌疾患】
主に高齢犬に多い病気で、副腎皮質機能亢進症や、性ホルモン疾患などがあります。比較的痒みの少ない、比較的左右対称の脱毛症が見られます。毛を作る過程には各種のホルモンが関係していて、そのバランスが崩れると多くの毛が休止期(活動が休んでいる状態)になってしまいます。そして新しい毛の産生が衰えるので結果として脱毛症になります。

【アレルギー】
ノミ以外にもハウスダストや花粉、食餌などに対してアレルギーになってしまうと、それらの原因物質に触れたり、体内に取り込んだりすることでアレルギーの症状を発症します。著しい痒みが特徴的で痒がるうちに毛が擦れて切れてしまいます。

【腫瘍】
皮膚にできる腫瘍ではその部分が脱毛することが多くあります。

【肉芽腫性脂腺炎】
毛包の途中にある皮脂を分泌する脂腺に免疫反応が起き、脂腺が破壊されると同時に、毛包も破壊されて脱毛してしまう少し特殊な皮膚病です。

【黒色被毛脱毛症】
黒と他の色の斑の毛色を持つ犬種(白黒とか、黒と茶色とかの毛色)で黒い被毛部分だけ脱毛する皮膚病。遺伝的なものと考えられています。

【カラーミュータント脱毛症】
黒色被毛脱毛症と似ています。脱毛の前に黒色被毛の淡色化が見られます。特に痒みなどはありません。
犬で脱毛症を起こす皮膚病はほとんどが上記のどれかに当てはまります。検査してどれにも当てはまらない場合、はじめてもしかしたら「ストレスなどの精神的なことが原因かな?」ということになります。

一口に脱毛と言ってもストレス以外にもたくさんの原因が考えられましたね。正しい検査できちんと原因を見つけ治療して、皮膚の良い状態を保つことができれば、状態の整った毛包から数週間で元のような毛が生えてきます。正しい知識を身に付けてフサフサの毛を目指しましょう!

キーワード

犬 イヌ 脱毛 皮膚 ストレス 脱毛症