獣医師セレクトアイテム専門ショップ ペットクリニックセクレトショップ
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします

病気と予防 全部の記事を読む
ペットライフ 全部の記事を読む
ペットクリニックHOME » ペットライフ » 一覧 » 幸せホルモン、オキシトシン 【動物まめ知識】

動物まめ知識

幸せホルモン、オキシトシン 【動物まめ知識】

幸せな気分の時はある種のホルモンが分泌されているんですって!コミュニケーションのひ・み・つ・・・オキシトシン。



★「オキシトシン」とは?★ 

一般的に、出産の時に子宮(筋)を収縮させる作用や、乳汁を出しやすくする(射乳)ための分泌促進作用ホルモンを「オキシトシン」といいます。

しかし「オキシトシン」は脳から分泌され、授乳に関与するだけではなく、母と子の絆を強くする働きがあることが米国立科学アカデミー紀要で発表されました。

母親に抱っこされるなどのように、親の愛情を多く受けた子供の「オキシトシン」量は、母親の愛情を受けずに育った子どもに比べて高かったというデータがあります。つまりオキシトシンは母と子の絆に多大な影響を与えているということです。

その効果は母と子だけではなく、夫婦・恋人同士あるいは親友同士の結びつきにも密接に関連していると言われています。つまり「オキシトシン」は、人間関係を円滑にし、他人との心理的境界を健全に保つ能力に関係があるだけでなく、緊迫した状況でのストレスを軽減させる働きがあることも報告されています。

また別の実験では「オキシトシン」をスプレーして、それを吸い込むと他人を簡単に信じてしまうという結果が報告されています。

この結果から「オキシトシン」には相手を信用したり、共感したりさせる働きを持つことがわかったのです。逆に「オキシトシン」が少ない人は猜疑心が強く協調性に欠けるということです。また、「オキシトシン」は人間だけではなくサルや犬などの脳内でも分泌され、人間に慣れないなどの症状を改善する効果もあります。


★「オキシトシン」を分泌させる方法とは?★ 
 
実は身近なところに「オキシトシン」分泌のヒントが隠されていました。人が動物の体をやさしくさすることで人間の体内で「オキシトシン」量が高くなるのです。また触られた動物達の体内でも「オキシトシン」量が高くなることが証明されています。「オキシトシン」は幸福感に影響を与え、心理的・精神的な感情を反映する可能性が期待されています。つまり人と動物が触れ合うことによって、ストレスを緩衝し孤独感を癒してくれるなどの相互作用が働き、多くの恩恵が得られるのです。

タクティールケアという療法(セラピー)においても「オキシトシン」が効果を示します。一般的な療法であるアロマセラピーとは香りを嗅ぐことで心の健康を促し、内分泌系を刺激してホルモンの分泌を促進させる療法(セラピー)です。タクティールケアとは、柔らかく撫でるように触れる療法(セラピー)で、皮膚の接触受容体を刺激することにより、知覚神経を介して脳に信号を送り、脳からの「オキシトシン」分泌を促し、この「オキシトシン」は血管内に放出され、リラクゼーション効果や安心と信頼の感情が引き起こされるのです。

また皮膚の接触受容体は、痛覚受容体よりも早く脳に信号が送られるために、鎮痛効果もあると言われています。タクティールという言葉は、皮膚に「触れる」という意味で、本来人間がお互いにコミュニケートするための最も古い方法のひとつです。タクティールケアは、実際スウェーデンの医療現場でも用いられており、認知症に対してのコミュニケーションツールとして確立され、生活の質の向上に多大な効果があると言われています。


★動物介在療法とは?★ 
 
動物介在療法とは動物との触れ合いによって心と体を癒す療法です。つまり「癒し」が人の健康への「架け橋」となることを期待する治療で、心理的、生理的、あるいは道徳的効果が実証されるようになり医療や福祉の現場で注目されています。動物介在療法の効果は、まだ科学的に証明はされていませんが、軽・中度の認知症の老人には、確実に効果あることが分かっています。

その他のアニマルセラピーの1つであるイルカ介在療法も、イルカと一緒に泳いだり、遊んだり、触れたりすることによって、自閉症やうつ病に対して心理治療的効果があると期待されています。イルカのパワーは科学的に証明することは難しく、明確な証拠は見つかっていませんが、ある仮説によるとイルカは超音波を使って、人間の脈拍、血圧を認知し、健常者と障害者を区別し、かばうことができると言います。

例えばたくさんの人が同じプールで泳いでいても1人だけ自閉症児がいればその子の側に、障害者がいれば必ずその患者の側に回りこむというのです。そんなイルカのパワーによって障害者やうつ病患者は「自分はイルカに特別扱いされた」と失いかけていた自分の存在価値を再認識させてくれるのでしょう。


人と動物が時間を共有することで、人は動物達の暖かい温もりに心癒され続けています。それは、互いの生活に潤いを与えてくれるだけではなく、ストレスを緩和してくれる関係が構築されるようになりました。


いかがでしたか? いつも癒してくれる「愛犬」「愛猫」と飼い主さんの間に、幸せになる「オキシトシン」という鍵があったことは嬉しい発見では無かったでしょうか。

キーワード

ホルモン 出産 乳 仔犬 仔猫 オキシトシン