獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 猫の好酸球性肉芽腫症候群のこと 〜アレルギーとの関連性〜 [皮膚]

皮膚

猫の好酸球性肉芽腫症候群のこと 〜アレルギーとの関連性〜 [皮膚]

猫ちゃんの背中、内股、足の裏の肉球、唇などにブツブツとした出来物が繰り返し出現して、動物病院で「アレルギーですね」もしくは「好酸球性肉芽腫症候群です」などと言われたことはありませんか?好酸球性肉芽腫とアレルギーの関連についてお話します。


★好酸球ってなに?★ 
 
動物の血液中にあって、体を様々な外敵から守っている戦士を「白血球」と呼びます。この白血球の中で、主に細菌やウィルスなどから体を守っているのが「好中球」と「リンパ球」と呼ばれ、主に寄生虫などから体を守っているのが「好酸球」と呼ばれます。この「好酸球」は寄生虫を退治する以外に、アレルギー反応の起きている場所へ急行するという任務も担っています。


★肉芽腫ってなに?★ 
 
転んで怪我をしたとき、数日経つとその傷口が中の方から埋まってくるのを見たことはありませんか? 

これは、傷ついてえぐられてしまった組織を埋めるために、皮膚組織の素となる線維細胞やコラーゲンや毛細血管などが増殖してきているのです。

色はきれいなピンク色でぷにぷにと柔らかい、この新しい組織が「肉芽組織」です。そしてこの肉芽組織がなんらかの刺激によって無秩序に多発しているものを「肉芽腫」と呼びます。


★つまり好酸球性肉芽腫って…★ 
 
皮膚の表面に対する何らかの刺激(寄生虫、花粉の接触など)

    ↓

接触したものに対する過剰な反応(=アレルギー)

    ↓

好酸球が現場へ急行 & 刺激に反応して肉芽組織がたくさん形成

    ↓

「好酸球性肉芽腫ですね」もしくは「アレルギーですね」



★いくつかの種類があります。★
 
見た目だけで大きく3つに分類されています。

無痛性潰瘍:
口唇に発生。

好酸球性プラーク(好酸球性局面):
首、腹部の皮膚に見られる、平坦に盛り上がったもの。

線状肉芽腫:
線状に盛り上がったもの。


★原因はなんですか?★ 
 
この病気の全体像はまだまだ謎とされていますが、多くの専門家から支持されているのは、アレルギーがこの病気の根源にある、という考え方です。

何かに対するアレルギーによって好酸球が頑張り過ぎてしまい、その好酸球が産生する武器(本来は寄生虫などに対して使う)が自分の体を傷つけてしまっている状態だと考えられます。


★診断方法は何ですか?★ 
 
猫ちゃんの体にブツブツが出来たら、そのブツブツを針で刺して中身を吸って顕微鏡で観察します。そうして好酸球がたくさん発見されたら、好酸球性肉芽腫だと診断することが出来ます。

ただし、これは病名が判明しただけであって、根本の原因はこれだけでは分かりません。根本の原因すなわちアレルギーの素となるアレルゲンを特定するには、詳しい血液検査などが必要になってきます。


★考えられるアレルギー物質は?★ 
 
猫ちゃんでよくみられるのがノミアレルギーです。ノミに噛まれた際に体内に入り込むノミの唾液に対するアレルギーやノミの糞に対するアレルギーもあります。ノミの駆除と予防を徹底しただけでブツブツや痒みなどの症状が出なくなる子もいますので、まずはノミ対策をきちんとしましょう。

次に食物アレルギーです。この場合は、今までに食べたことのない蛋白源(ラム、カンガルー、なまずなど)を主成分とするフードへ変更し、最低2ヶ月間皮膚の様子を観察します。これによって症状の改善が見られれば、その子は食物アレルギーがあったのだ、という可能性が極めて高いことになります。そしてそれ以降はそのアレルギー症状を示さないフードをずっと食べていきます。

その他に考えられるのがアトピーです。アトピーとは、花粉やハウスダストなどの環境のアレルゲンが皮膚に接触したり、吸い込むことでアレルギー症状が出てしまうものです。アトピー性皮膚炎が考えられる場合には、アレルゲンと考えられる物質との接触を避けることが最も効果的な治療法となります。


★治療はなんですか?★ 
 
原因が何であれ、この病気を発症した猫ちゃんは強い痒みを示します。そして体を掻き壊したり、舐め壊したりしてしまいます。ですので原因の究明と並行してこの痒みを軽減するために注射や飲み薬で痒みを軽減していきます。


★家庭で出来るケア★
 
アレルギー自体を家庭で治すことは不可能ですが、この病気によって弱ってしまった皮膚の状態を悪化しないようにすることがとても重要になってきます。炎症の起きた皮膚は免疫力が低下しているために、色々な細菌による感染が起きやすくなっています。

ですので、皮膚の表面を清潔に保つために1週間に数回シャンプーを実施します。シャンプーが出来ない子の場合は、お湯をスプレーして濡れタオルで拭く、という方法でも良いでしょう。また、皮膚の代謝を促進するようなサプリメントを経口的に摂取させるのも効果があるといわれています。

この病気を発症している猫ちゃんは体が痒かったり痛かったりして、辛い思いをしていることでしょう。猫ちゃんにアレルギーと思われる症状が見られたときは、知れないと思ったら、動物病院できちんとした検査を受けて、原因を特定した上で治療を進めていく必要があるでしょう。

キーワード

できもの アレルギー 好酸球性肉芽腫 発疹 猫 ぼつぼつ