獣医師や看護師が贈るペットコラム
獣医師や看護師が贈る
ペットコラム

いつでも元気にいて欲しいからここからコラムをお届けします

ペットクリニックHOME » 病気と予防 » 一覧 » 食餌性アレルギーと上手に付き合う法 [皮膚]

皮膚

食餌性アレルギーと上手に付き合う法 [皮膚]

犬のアレルギー性皮膚炎の1つに食物がアレルゲン(アレルギーの原因)となる「食物アレルギー」があります。 人間の乳幼児の卵アレルギーと比較しながら犬及び猫の食物アレルギーを分かりやすく説明していきましょう。


★食物アレルギーとアトピー性皮膚炎の関係★

食物アレルギーとは「食物が原因となってアレルギー症状を起こす病気」です。人間では乳児の約10人に1人が食物アレルギーを持つと推測されており、また食物アレルギーを持つ乳児のほとんどはアトピー性皮膚炎を合併していると言われています。動物の場合でも、最近の報告で食物アレルギーの犬と猫の20〜30%は、アトピー性皮膚炎やノミアレルギー性皮膚炎を併発していると報告されました。


★食物アレルギーのアレルゲンとは?★
 
乳幼児の食物アレルギーの主な原因は(アレルゲン)は、卵・牛乳・大豆の3つですが、最近の厚生省の報告によれば、卵、牛乳、小麦、そば、えび、ピーナッツ、大豆、チ−ズの順に増えていることが報告されています。

一方、犬における最も一般的なアレルゲンは牛肉、乳製品、鶏肉、小麦、鶏卵、とうもろこし、および醤油です。ペットフードは昔から牛肉、鶏肉、とうもろこし、および小麦で作られてきましたが、最も一般的なアレルゲンは実はドッグフードの一般的な成分だったのです。


★食物アレルギーのメカニズムに迫る!★
 
食物アレルギーの原因となる物質は、母乳以外のものを初めて体内に取り入れる時期、つまり離乳時に食べたものの中に含まれています。有名な乳幼児の卵アレルギーについても、離乳食の早い時期に与えることが問題であると指摘されており、出生後8ヶ月になるまでは、卵と卵を含む一切の食品を完全に禁止すると、食物アレルギーの発症は1/2から1/3に減少するというデータもあります。

乳幼児の食物アレルギーと動物の食物アレルギーは厳密には異なりますが、乳幼期に食べたものがアレルギーの原因となる点は同じです。生まれてからずっと○○を食べているから○○に対するアレルギーはないと思いこんではいけません。乳幼期に食べたからこそそれがアレルゲンとなる可能性は高いのです。

それでは何故、幼獣期に摂取した食物に対してアレルギー反応が起こるのでしょうか? それは消化機能がまだ未熟な幼獣期では、消化の不十分な物も吸収してしまったり、腸粘膜を守っている免疫が少なく、腸を通過してアレルギーを起こす可能性のある物質が体内に侵入しやすいからです。

例えばチキンアレルギーの動物がチキンを食べると、小腸からチキンのタンパク質が吸収され、血管を通って全身に運ばれます。もし体がそのタンパク質を異物と認識すれば、それを撃墜しようと攻撃を開始します。それがかゆみや赤みなどの皮膚症状や下痢などの消化器症状となって現れるのです。


★食事アレルギーの一般的なサインとは?★ 
 
まず第一に皮膚のかゆみが挙げられます。また外耳炎が繰り返されるのも特徴です。その他、抜け毛が多かったり皮膚を過剰に引っかくなどの症状が見られます。食事アレルギーのサインは他のアレルギー疾患と似ており、症状のみで断定はできませんが、主な症状には次のようなものがあります。

@ 繰り返す外耳炎
※「この子は昔から耳が弱いから」という犬は食物アレルギーも疑ってみる必要があります。
Aとても若い時期(1歳未満)から中等度から重度の皮膚炎がある。
B1年中症状が続く(非季節性)、もしくは冬に症状が始まる。
かゆみがとても強いが抗ヒスタミン剤やステロイド剤に反応しない。



★食物アレルギーの診断とは?★ 
 
食物アレルギーの検査には様々な検査がありますが、その中でも最も信頼でき、信憑性の高い唯一の診断方法は「食物除去・食誘発試験」です。

具体的に説明すると、まず疑わしい食物を与えないようにするため低アレルギー食を4〜8週間与えて様子をみます(食物除去試験)。低アレルギー食とは獣医師のみが扱える処方食で、人でいう低アレルゲン乳、低アレルゲン米に相当します。理論上アレルギー反応が起こらないよう配慮されているフードです。食物除去試験の期間中は特別食と水だけを与えます。途中で盗食したり、ルール違反をした場合は始めからやり直しです。

食事アレルギーが関与していた場合、食物除去試験で症状の改善が認められるの場合、消化器症状であれば2〜3日、外耳炎などの皮膚症状であれば4週間でかなり症状がおさまります。4週間続けても何も症状に変化がなければ食物アレルギーは否定しても問題ありません。低アレルギー食で症状の改善が見られたとしたら、日頃の食事の中にアレルゲンがあったと考えられます。

その場合は、疑わしいとされる食物(これまで与えていたビーフジャーキーやフード)を再び少量ずつ与えて症状が再発するか観察します (食物誘発試験)。もし症状が悪化したら食物アレルギーの可能性が高くなり、もう一度低アレルギー食を与えて症状が改善されればさらに信憑性が高くなります。


★食物アレルギーの治療とは?★ 
 
「小さい頃からずっと食べている」タンパク源がベースのフードではなく、逆にこれまでに食べたことがないタンパク源(ナマズやカンガルーなど)を原材料としたフードが治療の中心となります。

しかし市販されているペットフードのタンパク源はチキンや牛肉が多く、全く食べたことがないタンパク源がベースとなるものはほとんどないため、獣医師専用の低アレルギー食(カンガルーやナマズといった新奇タンパクを使用)を利用した方が合理的です。もちろんインターネット上で鹿や馬をベースとしたフードも購入できるので「食物アレルギー」、「犬」、「低アレルゲン」などのキーワードで検索してみるとよいかもしれません。

大切なことは「これまでに食べたことのない“目新しい”タンパクベースのフードを与える」というセオリーを忘れないことです。


★自宅でできる予防策とは?★
 
以上のことを踏まえると、幼獣期にフードを与える際に気をつけなければならないことが分かってきます。少なくとも3年間は単一のタンパクしか与えないことが重要です。

A社のフードの食べが悪いからB社へ変更することは問題ありませんが、タンパクは1種類以上与えない(ジャーキーのタンパク源も統一する)ということを念頭においておくと将来食物アレルギーになった場合にスムーズに治療に入ることが出来ます。


今回は食物アレルギーに絞り、症状、診断、治療について解説しました。人間の赤ちゃん同様ペットの食物アレルギーも増加傾向にあります。ただポイントさえ抑えていれば例え病気になったとしてもコントロールが可能です。このコラムが将来「かゆみ」で悩むペット達のために少しでもお役に立つことを願っております。

キーワード

アレルギー ご飯 えさ 栄養 食物アレルギー 猫 犬